コストデータをGoogleAnalyticsにインポートする理由と方法(+テンプレート)

コストデータをGoogleAnalyticsにインポートする理由と方法(+テンプレート)

This post is exclusively published on seobytech.com

何度か、クライアントにGoogleAnalyticsでGoogle以外のチャネルのコスト情報を確認する方法を尋ねてきました。 彼らは、データを確認するために各有料メディアチャネルにアクセスすることを望んでいません。 また、すべてのデータをコンパイルするGoogle Data Studioダッシュボードを作成したとしても、特定のクライアントはGoogleAnalyticsに慣れているだけです。 だから私は何をしますか?

スプレッドシートを介してコストデータをGoogleAnalyticsにインポートします。 プロセスはかなり手動ですが(手動の方法が私がそれを行う方法を知っている唯一の方法であることを認めます)、それはかなり簡単で、長くはかかりません。

Google Analyticsのすべての有料チャネルのROASレポートをはるかに簡単にできるように、詳しく見ていきましょう。

なぜコストデータをGoogleAnalyticsにインポートするのですか?

このレポート戦略により、各チャネルにアクセスして広告の掲載結果を個別にレポートする必要がなくなります。 すべてを1か所にまとめることで、時間を節約し、PPC全体のパフォーマンスの全体像を把握できます。

次のようなコストデータを表示できます。

次のようなチャネルから:

  • フェイスブック
  • LinkedIn
  • ツイッター
  • Pinterest
  • Bing
  • Reddit

パフォーマンスをベンチマークと比較したい場合は、次のリソースが役立つ可能性があります。

Google Analyticsにアップロードできる情報は何ですか?

これはばかげた質問のように思えますが、私は各チャネルからのコスト情報以上のものについて話しているのです。 これは、スプレッドシートをアップロードするときに、そのコストをデータポイントに関連付ける必要があるためです。

残念ながら、他のチャネルから必要なものをGoogleAnalyticsにアップロードすることはできません。 特定の数のデータセットしかありません。 それらを分解しましょう。

必要な情報

情報をアップロードするときに含める必要のある情報は3つあります。 それらは次のとおりです。

1つ含める必要があります

明らかな選択はコストですが、それでも次のいずれかを含める必要があります。

追加情報

以下のデータは、情報をアップロードするときに含まれる場合がありますが、必須ではありません。 リストするオプションは他にもありますが、Google Analyticsで利用できるオプションの中には、Google広告アカウントにのみ適用されるものがあります。 他の有料メディアチャネル情報を実装する場合に含めることができるオプションのデータセットの一部を次に示します。

  • 紹介パス
  • 広告コンテンツ
  • 運動
  • 最終URL
  • キーワード
  • 検索クエリー

コストデータインポート用のCSVを作成する方法

スプレッドシートを作成するとき(このシートを例として参照できます)、前のセクションで説明した各データポイントは、それぞれの列に含まれている必要があります。

私が提供するこの例は、2021年6月のクライアントの1つ(キャンペーン名が変更された)のLinkedIn情報を取得しています。

コストデータをグーグルアナリティクスにインポートする方法—csvテンプレート

列ヘッダー形式

また、列ヘッダーを作成するときに、「キャンペーン」や「中」という単語を追加することはできません。 ヘッダーが適切にフォーマットされていることを確認する必要があります。 これを行わないと、アップロードは拒否されます。

したがって、列ヘッダーとしてDateを使用する代わりに、次のようにフォーマットする必要があります。 ga:date。 列ヘッダーとしてMediumの代わりに、次のようにフォーマットする必要があります ga:medium

日付形式

次の主要なフォーマットルールは日付用です。 日付をYYYYMMDDとしてフォーマットする必要があります。 その他の日付の変更は受け付けられず、アップロードは不承認になります。 また、形式はYYYYMMDDであるため、プルする日付情報はすべて日レベルである必要があります。

ファイル名

最後に、キャンペーン名をインポートする場合は、ファイルアップロード内の名前が、URLで手動でタグ付けする可能性のあるキャンペーン名と一致することを確認することをお勧めします。 これを行わないと、重複するキャンペーンがGoogle Analyticsに表示され、データが異なる名前の同じキャンペーン間で分割される可能性があります。

Google Analyticsで列を選択すると、下の画像に示すようにスキーマIDが表示されます。

コストデータをグーグルアナリティクスにインポートする方法—スキーマIDタブ

これが整ったので、GoogleAnalyticsに移動してデータをアップロードしましょう。

コストデータをGoogleAnalyticsにインポートする方法

プロパティ列からデータインポートを選択します

Google Analyticsを使用している場合は、[管理]セクションに移動します。 次に、[プロパティ]列の一番下にある[データのインポート]リンクをクリックします。

コストデータをグーグルアナリティクスにインポートする方法—データインポートタブ

新しいデータインポートを作成する

赤い「作成」ボタンをクリックします。 次に、原価データを選択します

コストデータをGoogleアナリティクスにインポートする方法—データセットタイプ

データセットに名前を付ける

[続行]をクリックした後、データセットに名前を付け、データセットを適用するGoogleアナリティクスビューを選択する必要があります。 次に、スプ​​レッドシートの例でレイアウトしたデータセットスキーマオプションを選択します。 IDが列ヘッダーとどのように一致するかに注目してください

コストデータをグーグルアナリティクスにインポートする方法—スキーマオプション

CSVファイルをアップロードする

データセットを保存するときは、メインのデータインポートページに戻る必要があります。 次に、「アップロードの管理」をクリックします。

コストデータをGoogleアナリティクスにインポートする方法—アップロードを管理する

次に、CSVファイルをアップロードします。 個人的には、CSV MS-DOSファイルタイプを使用しているのは、問題が発生したことがないためです。

ファイルをアップロードすると、ファイルが承認されたか(完了)、承認されなかったか(失敗)のステータス通知が表示されます。 表示される可能性のあるものを表示するために、誤ったデータを含むファイルを意図的に数回アップロードしました。

コストデータをGoogleアナリティクスにインポートする方法-ステータスのインポート

間違いを訂正する

アップロードステータスが「失敗」と表示された場合は、「失敗」リンクをクリックして、修正が必要な正確な情報を取得できます。 間違った列ヘッダーを使用した場合の1つの例を次に示します。

コストデータをGoogleアナリティクスにインポートする方法—インポートに失敗した理由

エラーを見つけて修正するのがいかに簡単かがわかります。

必要に応じて更新

アップロードが完了すると、すべての設定が完了します。 たとえば、より大きな日付範囲をアップロードしたためにデータセットを更新する必要がある場合。 いつでも「アップロードの管理」に戻って、古いファイルを削除したり、新しいファイルをアップロードしたりできます。

コストデータがGoogleAnalyticsに表示されるようになりました

Google Analyticsで費用データを表示するには、[集客]>[キャンペーン]>[費用分析]に移動します。

グーグルアナリティクスのコストデータを表示するコスト分析タブ

データがGoogleアナリティクスに表示されるようになるまでに数時間かかる場合があります。 ただし、カスタムレポートを作成して、Googleアナリティクスで他の有料メディアチャネルからの費用データの表示を開始できるようになりました。

コスト分析レポートをカスタマイズする方法

上記の例では、ソース/メディアで並べ替えており、コスト、CTR、およびCPCデータを確認できます。 ただし、キャンペーン、広告コンテンツ、キーワードごとに表示するセカンダリディメンションを追加することもできます。 また、ROAS、トランザクション、収益、RPC(クリックあたりの収益)などの指標を追加できます。

これを行うには、レポートの右上隅にある[編集]をクリックします。 ここで、指標を追加し、ディメンションのドリルダウンを調整できます。

グーグルアナリティクスでカスタマイズされたコスト分析レポートの作成

コストデータのインポートプロセスを自動化することは可能ですか?

はい。 毎日広告費用データをインポートするプロセスを自動化できる市場には、いくつかの人気のあるツールがあります。

このようなツールのおかげで、各広告アカウントにアクセスして、選択した期間の広告費用データを手動でエクスポートしてから、GoogleAnalyticsへのインポートに必要な形式のCSVファイルを準備する必要はありません。

Google Analyticsアカウントに接続し、使用する広告プラットフォームを選択するだけで、システムは広告費用データを毎日自動的にインポートします。

そのようなツールの例(私たちを含む):

また、前述したように、DataStudioで同じ情報を使用してダッシュボードを作成することもできます。

Googleアナリティクスで複数のネットワークにわたる広告の掲載結果を表示する

ご覧のとおり、この情報をGoogle Analyticsに取り込むにはいくつかの手順を実行する必要がありますが、これらのタスクは完了するのにそれほど時間はかかりません。

グーグルアナリティクスに表示されるコストデータ

データをインポートすると(コストデータだけでなく、はるかに多くのデータを入力できます)、すべての有料メディアチャネルからのさまざまな情報を1か所で簡単に確認できます。

指標の改善については、次の追加の投稿をご覧ください。



This post is exclusively published on seobytech.com