ユーザーの意図によるコンテンツの分離に関するGoogle

ユーザーの意図によるコンテンツの分離に関するGoogle

This post is exclusively published on seobytech.com

Googleは、情報ベースのコンテンツ用の場所とトランザクションベースのコンテンツ用の場所など、ユーザーの意図によってコンテンツを分離することを提案する場合の意味を説明しています。

ユーザーの意図によってコンテンツを分離することで、Googleは適切なページを適切なユーザーに適切なタイミングで提供できます。

そうしないと、Googleは何も購入したくない人に製品ページを提供してしまう可能性があります。

しかし、それはあなたがトランザクションベースのコンテンツと同じウェブサイト上に情報ベースのコンテンツを持つことができないことを意味しますか?

これは、サイト所有者のクリスチャン・クンツが10月8日に記録されたSEOの営業時間のハングアウト中にGoogleのジョンミューラーに尋ねたものです。

Kunzはeコマースサイトを運営しており、製品ページに情報ベースのコンテンツを追加しすぎることを懸念しています。

広告

以下を読み続けてください

彼は、非トランザクションコンテンツを独自のセクションにサイロ化する必要があるかどうかを尋ねます。

または、おそらく、それはサイトにまったく存在すべきではありませんか?

これがミューラーのアドバイスです。

コンテンツの分離に関するGoogleのJohnMueller

コンテンツの分離について明確にするよう求められたとき、そしてそれをページレベルで行うべきかウェブサイトレベルで行うべきかを尋ねられたとき、ミューラーは次のように述べています。

「それが文書化または定義されているとは思いません。 しかし、私の理解では、これはページレベルのものです。

なぜなら、それは、つまり、純粋に、それをどのように実装するかなどの実用的な方法であり、Webサイト全体を見るということです。

多くのウェブサイトには、さまざまな種類のコンテンツが混在しています。 次に、これらのページのどれが検索者の意図に一致するかを把握し、それらを適切にランク付けしようとします。

ですから、これはウェブサイトレベルではなくページレベルにあるようなものだと私は感じています。」

広告

以下を読み続けてください

同じウェブサイトで異なるユーザーの意図に合わせたコンテンツを組み合わせるのは問題ありません。

ただし、ページレベルで分離してください。

Muellerは、ニュース速報に焦点を当てているが、歴史上の注目すべきイベントに特化した特別なセクションがあるWebサイトの例を示しています。

履歴コンテンツは独自のセクションに分割されているため、Googleは、人々が最近のニュース記事を探しているときにそれらのページを提供しないことを知っています。

「ニュースWebサイトでは、最近のイベントが頻繁に発生しますが、発生した古いイベントのセクションもあります。アーカイブセクションは分離されています。 そして、それらは非常に異なる意図です。

本当に今起こっていることをしたい場合や、ある種の情報調査をしたい場合のように、常緑樹タイプのコンテンツ。 また、ページごとに確認する必要があります。ここには調査コンテンツがあるため、これは調査Webサイトです。」

同じ考えがeコマースウェブサイトにも当てはまります。

1つのセクションを製品の販売専用にし、別のセクションをそれらの製品に関する情報専用にすることができます。

そうすれば、Googleは、人々が製品の1つを購入しようとしているときに、アセンブリ情報のようなものを探しているのではなく、適切なページを提供できます。

製品ページの情報コンテンツは少しでも問題ありません。

しかし、パンフレット全体に相当する情報を含めると、Googleがそれを製品ページとして認識するのが混乱する可能性があります。

以下のビデオでミューラーの反応を聞いてください:


注目の画像:Andrii Yalanskyi / Shutterstock

広告

以下を読み続けてください

if( typeof sopp !== "undefined" && sopp === 'yes' ){ fbq('dataProcessingOptions', ['LDU'], 1, 1000); }else{ fbq('dataProcessingOptions', []); }

fbq('init', '1321385257908563');

fbq('track', 'PageView');

fbq('trackSingle', '1321385257908563', 'ViewContent', { content_name: 'google-on-separating-content-by-user-intent', content_category: 'news seo ' });

This post is exclusively published on seobytech.com