スマートストア日記8 _私逃した露出増やす単純な無料の方法(脳ピショル注意) – 1人創業衣類ショッピングモール


誰かにあまりにも単純で当たり前の方法ですが、私はかなり長い間逃した方法である。 さらに無料サービスドゥルイラアンハル理由がないのに分からなくなかった方法二つを紹介しようとする。 懸念されている事項は、他の内容よりも、脳ピショルが強く、あなたオオオオ無ハチャンア見える場合があることが、少し前に出て似たような悩みはする方を見ては残す自分告白文だと思えば心が少し楽になるかな..?


1. Today訪問者数公開

どのスマートストアでも最も下部にみると、下の写真のようにとが表示される。

出典:ソパルスマートストア

(私は本当に食べたい小パルソホルモンは身に着けてもないのに、時間も早いために、今日の訪問者数がノプネ….)

筆者は、初期スマートストア運営時、この部分については考慮せずにデフォルト設定(すべて公開)のとおり使用した。 しかし高くない訪問者数であり、「顧客が見ると信頼性が落ちないか?」。 「競合他社に示すがちょっと…悪いかに…?」 などの理由では、プライベートに切り替えたままだけを公開した。

出典:個人スマートストアキャプチャー本
出典:個人スマートストアキャプチャー本

ストア訪問状況を公開/プライベートを切り替えることができるページのパススマートストア管理領域>ストア展示管理(左メニュー)>スマートストア(PC)>ストアの現状の中で、Today訪問者/ Total訪問者チェックの設定(右の赤いボックス) ある。

ところでいつからかショッピング検索順位でも押し出さ感じ、露出も離れた感じがすること。

だからあちこちでうわさをたよりし、検索した結果、かなり多くの人が、上記の方法を公開に影響を与える要因に挙げた。 確認とすぐにすぐにクールなを公開した。

この処置は、正確な理由なのかは分からないがショッピング検索では、確かに二個の商品程度上昇した。 いいが、お金ないんだけど一応チェンギョヤか。


2.ショッピングモール事業情報の登録(ネイバー/次/グーグルなど)

サイトごとに登録された事業者の検索が優先反映されるという。 (やはり私の脳ピショル+多数の脳ピショル)

下投稿したサイトでのコストは、すべて無料! ネイバー/次/グーグル程度の登録であればまあまあ国内のユーザーをカバーすることができないだろうか?

1)ネイバースマートプレイス https://smartplace.naver.com/

img - スマートストア日記8 _私逃した露出増やす単純な無料の方法(脳ピショル注意) -  1人創業衣類ショッピングモール

上記の添付アドレスに入り新規登録(赤いボックス)をクリックして! 順番に適用すればよい。


2)次の検索登録https://register.search.daum.net/index.daum

img - スマートストア日記8 _私逃した露出増やす単純な無料の方法(脳ピショル注意) -  1人創業衣類ショッピングモール

上記のアドレスを介して接続するか、次のページの一番下

img - スマートストア日記8 _私逃した露出増やす単純な無料の方法(脳ピショル注意) -  1人創業衣類ショッピングモール

検索登録(赤いボックス)をクリックして! して入ると、

img - スマートストア日記8 _私逃した露出増やす単純な無料の方法(脳ピショル注意) -  1人創業衣類ショッピングモール

やはり情報を登録することができる。 赤いボックス領域に基本的な情報を入れて「OK」ボタンを押すと、すぐに新規登録ウィンドウ浮かぶ。 これも順番に適用すると、難なく登録が可能である。 (通常は登録をするという。


3)Googleのマイビジネスhttps://www.google.com/business/

img - スマートストア日記8 _私逃した露出増やす単純な無料の方法(脳ピショル注意) -  1人創業衣類ショッピングモール

検索より上添付されたアドレスにドゥルオガギル推薦する。 (検索リンクは、お客様センターなど数周戻る戻る探すされる。)

やっぱり赤いボックス部分である今管理することによって順番に登録を行うことができる。


ネイバー、ダウム、グーグルのすべての申請後、すぐに検索結果に取れるものではなく、審査を経て、反映される。 (ネイバー基準営業5日以内)要求事項のすべてを空欄なく入念に埋めるほど、その時間はより速くなるという埋めることができる部分はすべて満たすことがクイック登録の近道である。 それぞれの方法は、案内順番通りに進行すると問題なく登録することができ、詰まった部分はさらに親切なポスティングを参照したほうがよいようだ。


上記2つの方法は、基本的であると同時に、実際にフォー多くのスマートストア運営者が大幅に考えていない部分でもある。 100人の訪問者が1件の注文を持ってくることも、5人の訪問者が1件の注文を持ってくることも現実を勘案すれば露出に役立つのに! それも無料だというのに! 少しの時間を投資してボムジクである。

関連コンテンツ(クリック)

スマートストア日記7_マージン率の現場ピショルと価格の考察(ft 1人の服ショッピングモール創業)

スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

スマートストア日記5_衣類ショッピングモールのヒント – 卸売取引先編

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!

スマートストア日記3_現実業務(アップロード、マーケティング、サービス編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

記録「カテゴリの他の記事

スマートストア日記7_マージン率の現場ピショルと価格の考察(ft 1人の服ショッピングモール創業)


ショッピングモールを含むすべての事業において純利益(マージン)は欠かせない、多分最も重要な要素の一つである。 (すぐに私からも)

 

特に1人のスマートストア代表者事業の拡大についてくる悩み要素(人件費など)への負担が少ないほど、初期価格激選定ピクトと、後日販売しても売っても「私は今、何のために商売か?」という頭病気の状況に直面することになる可能性がありので、初期価格と最後率について必ず探ってみる必要がある。


 

価格を定めるときは、いくつかの要素を考慮しますか?

 

1)手数料 (スマートストアをはじめとするオープンマーケットやPG社など)、 2)税金 (必要に応じて付加価値税、所得税)が基本考慮事項であれば、個人的には 3)ストレスのコスト まで考えヘブワヤジたい。

 

ここで、ストレスのコストとは、財貨の提供が完了した時点までフォローしているすべてのサービス費用である。 簡単に言って、顧客が購入確定ボタンを押す(または交換/払い戻し可能期間の14日が経つ)時点である。 「返品/交換」の事例を通じて理解する易い。

 

 

上の図は、一般的な状況を表現するために直接製作しました。 場合によっては、他に解釈されることがあります。

 

バイヤーの立場になってようやく心変わりによる「返品/交換」は、当然の考慮事項であるが、発生問題に応じて、ほぼすべての場所に費用が発生する販売者の立場では、なるべく間違いない望む事件の一つである。 筆者が運営する衣料品店での交換が発生するとしましょう。 在庫を置かず供給先とはバイ件仕入れ取引するショッピングモールの場合、商品交換のための物流費が追加で発生し、包装用品も追加で消耗(=ストレスコスト発生)される。 お客様の心変わりに課される宅配費はそんなに顧客の手を離れて再び受信中のコストであるため、上記のコストを考慮しない。 返品が発生する時も、コストはやはり基づいています。 顧客が返品のための送料を支払うことにしても戻ってきた商品は在庫に残り、これも在庫コストになる。 何気が小さくて、このような部分までも考えものか、返品入ると完売しまうれなどの意見もあることができる。 正しい言葉だ。 ただし、この部分を悩んみ移ると全く考えてみなく渡すこと異なる。

 


コストの心配は最小限に抑えながらも、お客様に魅力的な価格で近付くために必ず考慮すべき マージン率

筆者も衣類スマートストアを準備しながら、マージン率について多くのビデオ、書籍、オフライン講義、ヒョンオプインなどの話を参考にした。

 

本人が参考にした 動画の場合、通常20〜30%を、本は多くの場合、オープンされておらず、オフライン講義は〜50%程度(衣類ショッピングモール)、図/小売ヒョンオプイン(衣類限定)も〜50%を最も多く話しした。 個人的な脳ピショルだ通常の委託販売マージン率が仕入れ販売マージン率よりも低い傾向があった。 そのため、多くの衣料品店も仕入れ販売から製作販売の割合を増やしたい。

もちろんこれは、産業、戦略、場合によっては異なる場合があります。 薄利多売戦略をはじめ、一つのショッピングモールで主力商品 – ルアー商品などで商品群を分類、マージン率を異にするいく戦略などで10%マージン率から100%マージン率までの事例を見ると、上記の%指標は運営のための一般的な参考指標程度を考えるとなりそうだ。

 


 

純利益は、最終的にはブランド価値(商品の性質)とコストの戦いです。 ブランド価値は高めのコストは下げている。

これを調整する要素は、本当にあまりにも多様である。 売り手がコントロールすることができない事項(手数料、税金、送料など)に加えて、販売戦略、ブランディングなど、絶えず試みて試みて、現実に生き残るしか…!

 

 

 

 

 

関連コンテンツ(クリック)

 

スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

スマートストア日記5_衣類ショッピングモールのヒント – 卸売取引先編

 

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!

 

スマートストア日記3_現実業務(アップロード、マーケティング、サービス編) – 1人創業衣類ショッピングモール

 

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール

 

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)


*以下の内容を使用して現況板製作に助けが必要か、またはサンプルファイルが必要な方は、コメントを残す!

 

 

 

本人が使用している現状版は購入する顧客情報をはじめ、スマートストア精算金額/手数料、全体の売上高、取引先別売上などをしたところで確認し、管理することができるように整理されている。

 

購入する顧客の基本情報を経由して出荷の準備とマーケティングの方向を保持出、売上情報を活用して期間/用途別戦略の策定を支援される。 この他にもショッピングモール運営においてさまざまな洞察を引き出すことができるツールとして 現況板の役割は、ショッピングモール運営に不可欠である。

 

スマートストアの場合は、自主的にサポートしているフォームがあり、ワンクリックで簡単に書き込むことができますが、本人は一回の入力で様々な情報を連動して取り出すためのエクセル関数などを理由に、独自の現況板を製作して使用する。

 

 

 

基本シートの分類

 

すべての分類は、個人的に活用する分析方法と重要視するデータ別に整理された。

 

 

実績の刈点となる売上高となりの分類基準に基づいて整理した。

衣類ショッピングモールだから商品を中心とし分類基準は、下/上に、顧客中心の分類基準は、購入者(水色)/払い戻し取り消し者活用する。

 

エクセル関数を活用すれば、院長(水色下/上シート)に加工されていない基本的な情報を一度だけ書き込み、各シートに合わせて自動的に計算されるように製作することができる。

 

 

(1)売上高シート – 1)全体、2)品目別、3)取引先別

 

1)全体の売上高:

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

売上高は大幅に下/上に分類し、月に別確認することができる。

 

数量、糸の売上高(スマートストアの手数料を制限値)、付加価値税を最初のシートに一度にまとめことで、全体的な観点からビジネスを考える機会を持つようにする。

 

宅配便ご利用料金は、毎月の一括決済するため、一度に確認しやすいように任意整理した。

 

 

2)項目別売上:

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

ボトムスと上シートを別々に分けて同じ形式でアイテム別に管理する。

この現況板は下シートなのに

管理者が実際に記入する部分は、商品調達以降品目名/コスト/取引先だけであり、院長に一度だけ情報を移しておけば、自動的に整理される。

 

各項目は、以下のような基準で整理される。

 

– 数量:月の別の販売数量

– 精算予定額:ネイバーを通じて入金予定されて金額(顧客が支払った送料を含む)

– 糸の売上高:(精算予定額) – (送料)

– 付加価値税:(精算予定額)* 10%

 

– 純利益:(実売上高) – (コスト)

– 個あたりの純利益:(純利益)/(数量)

 

 

*送料はお客様のポケットから出てくるが、実際の売上高に影響を与えないという特徴がある。 これは精算予定額と糸の売上高の間に隙間を作り、正確な計算のために分離して整理した。

 

 

3)取引先別売上:

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

取引先ごとに、毎月の購入数量と売上高を整理する。

 

活用法は税金計算書一括決済時の基準値、取引先関係管理(サンプルリクエストなど)、販売戦略(よく出る商品を通じた当社の顧客特性分析)などがある。

 

 

 

 

このように売上を一目で確認できるように分類することは基本的な情報が盛り込まれた「院長」のおかげだ院長はバイヤー個別情報を中心に整理する。

 

 

(2)購入者情報 – 1)糸バイヤー、2)キャンセル/払い戻し者

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

やはり上/下に分離して管理する。

 

お客様の基本情報と配送情報、個別の売上高、流入経路などの情報が含まれている。

具体的に構成された内容を見ると、次の3つのと同じである。

 

 

1-1)基本商品/配送情報

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

商品名/取引先を介して商品の基本的な情報をまとめて、

バイヤー名/ ID /リピーターかどうか などをまとめて再購入情報を確認する。

 

ご注文日/発送処理日に/配送完了日/購入確定を介して基本配送情報とハムキェキャッシュフローを管理する。

やむを得ず発送が遅れる場合に備えて 保留設定日 項目を別に置いてひょっと一定見落としで発生する可能性のあるペナルティを管理する。

 

 

 

1-2)の売上情報

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

黄色いカーンは、実際に私のポケットに入って来ていくコストが、オレンジカーンは、実際の顧客のポケットから出てくるコストが、黄緑カーンは、スマートストアの手数料に関連するコストがまとめられる。

 

項目が意味するところは以下の通りである。

 

 

– (実売上高)=(精算予定額) – (実所要送料)

– (実無駄送料)=宅配に精算する個別件宅配費用

– (精算予定額)=(顧客支払額) – (手数料合計)

 

– (顧客支払額)=(商品価格)+(送料)

– (商品価格)=実際の顧客が支払った商品の価格

– (送料)=実際の顧客が支払った送料

 

– (手数料合計)=(決済手数料)+(売上連動手数料)+(送料手数料)

 

 

 

*送料は、売り手の売上高はありませんが、お客様のお支払い履歴では、実際のお客様は、送料まで商品価格に考えている場合が多い。 このような理由から、価格算定の参考するために分離記載する。

 

 

 

 

1-3)顧客の基本情報

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)
img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

配送に必要な基本的な情報が含まれている。

 

流入経路を一緒にまとめて、マーケティングのポイント、商品準備ページの特徴などをキャッチするときに活用する。 リピーターのお客様の場合は、検索を介して入ってきた場合、手数料が発生するため、接続できるパスを案内したりする。

 

 

 

2)キャンセル/払い戻し者

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

 

すぐ上の品目別院長に年頭/青部分(払い戻し請求日/払い戻し日/返金送料/送料回収方式/事由)を追加し整理する。

 

別に加工されていない基本的な情報なので、以下のように組織化されたシートを別に作って管理する。

 

 

img - スマートストア日記6_実際現況板公開(ft 1人創業衣類ショッピングモール)

月に別発生キャンセル/払い戻し量とコストを整理する。

 

 


 

修正と錯誤を経て誕生した現況板、今後もさらに洞察フルして作動する簡単な方法があれば、常に変貌する予定である。

 

 

ショッピングモールは、多くの人が出入りして売り上げが発生するところで、基本的な情報管理と活用が重要である。

 

特に1人の創業者は、与えられた時間内にすべてのことを自分でこなし必要があるため、効率が強調されるが、内部管理や今後の戦略などが一緒に溶けている情報を管理するために現状版管理の重要性は、いくら強調してもしすぎることはない。

 

無料で提供されているツールも利用率が高いが、

それぞれ本人が必要なデータを中心に並べ替えてみると思ったことのない戦略と勝負が見えるんじゃないか疑問に思う。

 

 

 

関連コンテンツ(クリック)

 

スマートストア日記5_衣類ショッピングモールのヒント – 卸売取引先編

 

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!

 

スマートストア日記3_現実業務(アップロード、マーケティング、サービス編) – 1人創業衣類ショッピングモール

 

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール

 

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

スマートストア日記5_衣類ショッピングモールのヒント – 卸売取引先編


衣類ショッピングモールの多くは、「東大門」の卸売先と取引する。

一番平和、ディオアップデート、ヌジョン、チョンピョンファ等数百、数千の取引先が商品を掲げているが

卸売市場という性質上、いや多分それよりも強い特性、長い間に形成されている慣行を理由に

ショッピングモール創業を念頭しているか始めたばかりの人であれば、一般的な小売取引と比較して、心みるがいくつかある。


1)返品/返金不可、交換は同一商品同士やウォン購入価格のX倍等

すでに仕入れを知ったり、経験した人は分かるが、東大門卸売取引は返品と返金は不可とする。 商品の欠陥がある場合は、同一商品で対等交換する。 一般交換は、同じ商品のサイズやカラーのみ行われ、それさえも元の購入価格に2〜5倍の量を追加購入するとき、可能な場合もある。 つまり一般的な小売ショッピングのように、単純な変心やサイズエラーを理由とする仕入れ失敗は衣類ショッピングモールの在庫直結という意味である。 ショッピングモールの仕入れ担当者の目の肥えた、準備の重要性が強調されている部分だ。 仕入れに自分がない場合購入したいアイテムの明確な基準をまとめてみなければならない。

+ かなり不合理続い見えるこの方式は理解しようとはならない。 数え切れない取引先の基本取引方法で、数十年の間に固まっていると覚えなければならない。

2)あなたの? 突然品切れですよ?

仕入れや一連の準備過程を経て初めて注文が入った。 取引先に商品を注文しようとして戻ってくる答えが不合理である。 品切れだそうだ。 「突然?」、「私は今、最初の注文なのに?」

東大門小売市場の利点であり、大変な点の一つ、時代のトレンドを素早く反映して、消費者に紹介する独自のシステムを備えたものである。 それだけ様々なデザインの服や雑貨が毎週、毎月発売されて同時に先週、先月売れなかった商品は、在庫がされる。 販売されていない商品は、当然のことながら制作を中断する私たちの問題は、ここで発生する。 中断予定の商品とは取引先の言質またはセイルガで少し安価に購入した場合、それさえも幸いだが、第お金だくれ野心的な買っサンプル商品の品切れニュースは不合理極まりない。 販売商品としての役割をできないだけでなく、購入した顧客との信頼性にも問題が生じる。

ショッピングモール購買担当者は、取引時に「この服はいつ出ますか? “、”いつまで製作ですか? “、”個人ですか?」 などの質問を必ずする。 取引先でもこの質問が何を意味するか、すでに十分に知っているので、製作日程などを案内する。 戦略的に在庫切れの商品を購入する場合もあるだろうが新商品を準備すれば、一定の留意して準備しなければならない。

紆余曲折の初期仕入れ

3)語? どこに行ったの? 取引先?、取引先蒸発

明らかに先月にあった取引先がなくなった?

長い間東大門商店街を回ってみるといくつかのお店が古い所なのか、新たに生じた所なのか、目に入ってくる。 しかし、仕入れたばかりか、久しぶりに立ち寄った場合ドゥナドゥルムがあるお店を知っているジャックは容易ではない。 特に最近では、景気が悪い空店も多くなる傾向と雰囲気を計ることも難しい。 常連やよく出入りして挨拶するショッピングモールには、ニュースが配信されることができるが、最初に取引されたショッピングモールや月に一度取引かどうかのショッピングモールまで切ないニュースが配信される場合は多くない。 久しぶりに取引先の商品の注文が入ってきて仕入れをしに行った取引先がない?! 商品購入、撮影、詳細ページの作成を含む、一連のすべての活動が無駄になってしまう。

ショッピングモールを開始する代表または購買担当者は、周期を決めて取引先を振り返る必要がある。

+)取引先の甘いささやき(ケース・バイ・ケース)

「あら、久しぶりに非の打ちどころの、嬉しい姉から安くささげたい」

「あら…..ㅜㅠㅠㅠㅜ “

私の考えてくれる人が家族ず、またなんて..こんなに感動的な瞬間があるだろうか…..たドレトダ。

しかし、この商品が販売用に持っていく対象であれば、もう一度考えてみるところだ。

もし仕入れた日に高速撮影して準備して当日2枚が売れた? – >追加注文する – >「姉その商品が最後だった」と言えば? すぐに2回のケース直結あるわけだ。 販売バルセンドゥェも売ることができません。バイヤーの信頼性の低下。

最初からセール商品に掲げられている項目は、それさえも品切れを期待することができますが、このような場合はお手上げだ。 経験したところによると、取引先社長のほとんどは、販売固守だから主観なく行ったり認定先頭に立たば後悔の瞬間が発生することもある。 私着る服やセール品に備えるために購入することは十分にわかりましたが、長期的な観点で、私を取る商品として仕入れすることは? 考え見なければなら問題である


衣類ショッピングモールの実務経験せずにぶつかっヒダみる戸惑い状況がたまに発生する。 一つの個人的な経験だけで残っていればわからないが、このような状況の両方がショッピングモールの売上高と直結されており購入する顧客の信頼性に影響を与える。 衣類ショッピングモール創業を考えたり、今まさに開始した場合場合に「私だったら?」 の答えを考えてみるのも助けになるようだ。

東大門の人は知らなくても、東大門のシステムは、親切ではない。

関連コンテンツ(クリック)

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!

スマートストア日記3_現実業務(アップロード、マーケティング、サービス編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

記録「カテゴリの他の記事

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!


私の場合に照らしてみると、選択もない音である。

もちろんショッピングモール、正確に言えば、スマートストアオープンのために不可欠で必要な事項に伴う費用はない。

(事業者登録、通信販売業、スマートストアイプジョムビ)

しかし、現実的にスマートストアオープンにどこそれだけ必要か?

1人の創業で、自宅で小さく始めるといっても同様である。 代表個人の人件費を除くといっても販売前仕入れコスト(委託販売を除く)、詳細ページの設定に必要な費用が発生することも、広報のために広告費用を投入する必要があります。 ありがたいことに販売してあればダイソーで1,000ウォン透明ビニール袋と宅配袋ずつであっても買わなければならない。

本人の衣類ショッピングモール例を挙げてみよう。

最初に起動は家の中の部屋の片隅であった。 おかげでオフィス賃貸では、別にしなかった。

– オフィス預金および使用料= 0ウォン

序盤には超超超著者本テスト市場を見るためだったから、必要な設備は最小限のものだけ備えている。 一度モールとしての写真撮るのスペースは必須という考えに部屋全体の壁を白くペイントで自己施工し、床にはラグを敷いた。 カメラは、DSLRがあり活用することにした。 一人で写真も撮ってモデルもしなければならいたので、三脚とBluetoothリモコンは購入した。 写真によく出てくるには、照明が必要であるとのだったが、仕事があまりにも大きくなるような感じと、他の人の結果を見ると、あえて付けなければならのか? たいと思うの照明は、保留した。

– ペイントとペイントツール:30,000ウォン

– ラグ(イケア):49,900ウォン

– 三脚(望夫石 – 個人的に照らさ):36,710ウォン

– Bluetoothのリモコン:9,900ウォン

大方の形を備え君不足のものが見られた。 服を掛けておけるハンガー、写真にポシャシに出るハンガー、服の汚れを払い落とす付箋などであった。

– ハンガー(イケア):9,900ウォン

– ハンガー(イケア):2,900ウォン

– 付箋(イケア):3,900ウォン

必要スペースをある程度セッティングし、本格撮影に入った。 撮影に必要な商品を仕入れた。

– 商品:仕入れコスト

問題が発生した。 カメラが私の勝手ならない。 普及型DSLRで扱いやすい方だが、家の中の照明には、使えそうな一枚の写真すくい容易でした。 撮っても問題だった。 リサイズ、彩度、補正など比較的容量の大きな画像をコンピュータプログラムで一つ一つだ触れるには、実際には時間がすごくかかりました。 一人ですべてのことをすべて処理する必要がある1人の創業者として、各が出ない状況だった。 そんな中、仕事の効率のために携帯電話のカメラでも十分販売用の写真を活用することができているという事実を確認することになって悩んだ末、最終的にiPhoneのXSを中古で購入した。

– カメラ(携帯電話、中古):850,000ウォン

ここまでがぴったり 993,210ウォン(仕入れコストを除く)ある。 携帯電話を購入費用を除けば、 143,210ウォンある。

さらに倹約に始めた方もいらっしゃるないが、日(事業)が戻りするために使用したコストとしては非常に低いと考えている。

このようにあのように撮ってみたTシャツ:p
このようにあのように撮ってみたTシャツ:p

もちろん委託販売や知識コンテンツを扱う場合などは、モデルの特殊性に応じて、セッティング費用に差があることができる。 しかし、それはやはり、初期起動時に必要な事項(詳細ページの作成、タイプに応じた広報と広告費など)を計算し、現実的な計画を有すること。

一般的に、スマートストアでタイプの財貨を仕入れ、直接販売しようとする方法は、無資本創業が難しい。

psこのように整理すると当然のことだらけだが、直接みないと考えられない部分でもある。 周辺または創業を検討しているいくつかの分の質問のみが含まれてもそうだ。

関連コンテンツ(クリック)

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記3_現実業務(アップロード、マーケティング、サービス編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

記録「カテゴリの他の記事

スマートストア日記3_現実業務(アップロード、マーケティング、サービス編)-1である創業衣類ショッピングモール


過去モール現実の業務一発目の話の企画、仕入れ、撮影編(ショートカット、クリック)に続いて 今日は商品のアップロード、マーケティング、サービス業務を整理しようとする。 技術的な説明は、視聴覚資料と一緒にはるかに良いページが多いので 現場で実戦的に感じた内容を込めて見る予定である。

 

特にサービスの一部は、実務情報を中心に現実的な疑問の解消に重点を置いた。

 

 

 

 

4.アップロード

詳細ページという言葉この段階で出てくる。 事前企画を具体的にした場合、この過程でのマクマクハムが減る。 販売予定の商品の実際の情報、特/利点などの把握が終わった可能性が大きいので、お客様にどのように説明するか仕組みを持って解いていくことができる。 (だから本人は企画段階を大切に考えている。 – 1章参照)

仕組みは多様である。 商品情報の単純一覧や顧客の視線から確認! グラブ販売商品が顧客の関心をどのように解いてくれる提案する方法など、 “あなたがこの商品を購入する理由です!」を説明するとされる。 詳細ページの作成に困難を感じとか、変化が必要であると思われる場合は、のシナリオをチェックしてみる必要がある。

 

アップロードプロセスを経験してみると、1人の創業スマートストア代表者に「時間」は、限りなく不足している対象であり、「仕事とは終わりがないことをもう一度感じている。 アップロードの場合は、撮影パターンを触れる糸力とシナリオを企画し、処理する必要がある企画力の両方を板トィドゥト要求したら、より精神ない。 結局、効率的に処理するためには、時間は確保して事は減らさなければならいた。

本人はその答えを「連動的思考」で探した。 言葉連動的思考であって、簡単に言って、一度にあれこれ考えているのだ。 「企画は企画!、仕入れは仕入れ!、撮影は撮影! ではなく、計画時仕入れ、撮影、マーケティング、サービスの必要な場合がある点を一緒に考えているのだ。 言葉途方もなく、例えば、このようなものである。

 

「この服はカラーが真きれい購入するつもりです。撮影時に最大限リアルに込めみよ、お客様に紹介するときは、色味を強調しなければならない。」 (仕入れ時の撮影計画、マーケティングのポイントを一緒に考慮する)

 

シンプルだが毎段階のステップたまる時間がセーブされ、顧客にアピールすることができるシナリオが作成されたり、マーケティングチャンスに直面することもできる。 発見していない部分にくらっ状況を防いで仕事を減らしたりもする。

 

 

 

 

5.マーケティング

直/間接的に私たちの商品を広く知らせる段階である。 インスタグラム、ブログなどを含むSNSは必須であり、比較的低コストで広告も運営することができる。 特にスマートストアと多く言及される1つである「検索の最適化は、常にしようとの試みを重ねなければならない。 これは、ほとんどの技術的な部分であるか、資本の影響を受ける。

1人のスマートストア運営者の資本的限界と実行力の欠如を理由に、特にマーケティングの難しさを吐露している場合は、

私はこのようなものを商品として見ているのか、コンテンツへ見ている」をチェックのもよいでしょ推薦する。

 

「人々はなぜ安くて快適な半袖Tシャツがあるにもパタゴニア半袖Tシャツを買おうとするか?」

「簡単に入手できる小型のバッグではなく、早朝から並んで待っているスターバックスレディバックを買うのだろうか?」

「同じ野菜をなぜあえてハンサルリムで購入するか?」

 

各項目ごとに3箇所ずつ、その理由を考えてみよう。 シンプルで表面的な理由もよい。 考えつかない場合、検索も可能である。 この活動の端商品が持つストーリーがある。 話が話にならないか、お客様が建てたとしても構わない。 ポイントは、多くの人々の口に上下するという点だ。 ある人はブランドが持つ価値に共感して、ある人は季節的に必要な商品で、ある人は社会的現象と連動して購入することができる。 これらの売り手の共通点は、モノだけ考えたのではなく、物が必要な「お客様の心」ものぞいたものである。

 

単に商品を販売したい場合商品が付いている特徴1、2、3を説明しギョルジェチャンを作成される。 しかし、競合他社と差別を置いてアイデンティティを持ち、これをもとに価格的優位性を高めようとするなら、単なる商品ではなく、コンテンツを提供することが正しい。

特に1人のスマートストア運営者は、構造と業務の考慮効率と有効性を高める集中しなければならない。 単に商品をアップロードし、購入を待つ方法では、効率を期待するのは難しい。 検索の最適化、広告、広報などに流入したお客様にも まともなコンテンツがなければ 誘惑することができる。(顧客はインターネットショッピングマンレブある。)多数の商品をアップロードして、いわゆる飛び出るかを待っていることも、「コンテンツとして、私たちの商品をどのように表現すべきか?、マーケティングの方向を持って行こうか?」 必ず考えなければならない。

 

 

 

 

6.サービス – 特に実務話が多い。

お問い合わせご相談、包装、出荷作業、イベントの企画や運営など、直接お客様と触れるすべての活動をサービスに分類する。 再購買率に与える影響が大きいと判断するところ、他の段階よりも入念に取りまとめる方だ。 (再購買率編ショートカット、クリック

衣類ショッピングモールの場合、ご注文が入ってくる夜明けに取引先にご連絡、在庫確保した後、一定に合わせて出荷される。 このとき、ショッピングモールで直接ピックアップまたは代理人材を要求している場合がありますが、代理者の場合、「仕入れ叔父」または「当日宅配便」を利用する。

「仕入れ叔父」は当日注文に基づいて、次の日の午前中配送してくださる方である。 費用は地域と取引する場所によって異なり、本人の場合件当たり2,500ウォンを利用した経験があり、少なくとも2件以上の場合、依頼が可能だった。 「当日宅配便」は、一定の時間まで取引先にお願いをする。 当日宅配便かどうかは、取引先によって異なり費用は1件当たり3,000ウォン生え際する。

 

パッケージは、インターネット上で購入した透明のビニール袋と宅配袋をサイズに合わせて適切に使用する。 東大門でも購入可能ですが、コスト削減の観点から、インターネットで購入する。 高価なだけ袋の質はよりいいから希望感じに応じて使用すれば良い。

 

スマートストア序盤は、宅配便の契約が難しい時期に通常コンビニ宅配から始まる。 初期には (安全) 3時までCUコンビニ(CJ宅配便)を介して出荷した。 以後宅配契約に関心が生じ地域内に少量で契約可能であるところのほとんどに連絡を試みたが、少なくとも月に100件の基本条件であった。 月に100件、またはその下でも一定に物量が出てくる場合は、地域の宅配便の記事様と接触しておてみるのも良い方法である。 本人の場合は、宅配便のおじさんがコンビニ物回収する時間を把握し、直接契約の条件をお聞きた。 契約時に事業者登録証のコピーが必要だった契約後は、専用のシステムを介して、宅配便の予約を行う。 支払いは一般的に一ヶ月利用分を 請求型税金計算書で確認して、一度に入金する。

 


 

 

初期この記事は、スマートストア/ショッピングモールの業務を段階的にまとめて開始する方が必要内容を参照できるように残して者の計画された。 しかし、常にそうであるように、物語は物語の尾を尋ね

 

個人的には最初に起動したとき、誰か話してくれたら良いだろう」した内容と運営してみると「あ、これは知って開始したらよかったのに」したい内容に中心に流れて仕上げた。 超中盤からはまったく1人創業の資本的、実行力の限界を知らせ現実的にアクセスできる内容を入れるつもりだった。

 

なにとぞ産業を問わず、スマートストアやショッピングモール創業開始頃に一回程度疑問に思って、既存本人の考えと比較してみる隙間を持ってほしい。

 

 

 

 

関連コンテンツ(クリック)

 

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール

 

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!

 

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

 

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール


一人ですべてのことをする必要があり、1人の創業特性上、
様々な形の業務が混在した衣類ショッピングモールの特性上

仕事は本当に多い。

つまり、自らが業務の正確な理解がなければ中区暖房、ごちゃごちゃ日々やすいという意味である。

(精神なしに忙しい、仕事続けやっつける状態だが、一日が終了したら「私は何ですか?」という状態..?)

さらに、すべてのものが費用である。

食事の費用、交通費だけでなく、インターネット、電気、(ちょっとながら)休止も費用である。 このうち第一は「時間」からである。

すべての仕事を処理する1人創業者の時間は、最も恐ろしい費用である。 個人的には1人創業を開始する重要な理由の一つは、人件費削減(または収益率向上)と思うのですが、人件費と収益率の最終的な目標に近付くまでの過程の両方が、コストと接続されるという事実が、再び胸痛くならない。 「息だけ休んでもお金がかかる。」という言葉を理解することになった。

従って1人のスマートストア創業者には、より効率的な動きが必要であり、そのために必要な業務を定めてシステムを定めることは非常に重要である。 (aka業務分掌)私必要があることは何であり、仕事の属性を理解した後、仕事をすることは明らか収益率と関連しているチェムンに。

もちろんこのままだされません…が、…….
一種の「地図」だと考えて、

ことが多く、優先順位をできなかっ定めるとき、精神がなく何をすべき道を釘キャッチ時、手に取れることだけ片づけているときなど、失われた状況で、参考なら結構助けになる。

全6〜7つの程度に整理する予定だが、今日は3つの、残りは次の投稿にミルォヤう。 (3つのまとめた今の時間。実話お前…?時間管理の失敗…笑ふふふ)


私運営している女性服通販(スマートストア)の業務は6 + 1段階に分かれている。

Tシャツ一枚を売るなら6つのステップを経ることを意味だが、順番に(1-2-3 …)または並行して(1,2-4,5 …) または後部番号から(2-1-5 …)進行されることもある。 実際には、いくつかの商品を一緒に準備するにそれぞれの段階が混在した場合がほとんどである。

1.企画

2.仕入れ

3.撮影

4.アップロード

5.マーケティング

6.サービス

+1。 運営管理

1.企画

販売する商品のコンセプトをとる。 ショッピングモールのアイデンティティに合った商品を選択して構成する。 本人の場合は、このとき4アップロード5.マーケティングのステップも一緒に考えて、お客様に商品についてどのように導入するか悩み試みる方だ。

コンセプトノートは必ず手で書く。 通常は、必要な部分を詳細に少なく、マーケティングまで接続させようと努力する。

市場調査する時だったクラブのワンピースのみ売るショッピングモールがあった。 私着るならかろうじて試合ところだけ覆う涼しさと歩くこともできないような長さに輝くが基本的なワンピースのみじゅんかかっていた。 詳細ページは「姉〜これを見て馬場〜」式のフレンドリーでセン姉(?)感じがぷんぷんした。 「これ買う人がいますか?」という疑問は、「うわ…販売件数を見て」としぼんた。

「クラブのワンピース」という明確なコンセプトのもと、それに合った商品を選択して設定、それに合った伝達方式を選択されたものである。

「企画」としても力くれと思ったというより

販売する商品やショッピングモールのコンセプトを明確に持って、それに合わせて運営方式を悩んみ段階程度考えることが必要である。

+ ps

「誰かになる!」は商品も売れる商品であることを 様々な媒体(ユーチューブ/ SNS /雑誌/検索など)を介して 検索でもしてみるのも、この段階で必ず含まれるべき基本である。

2.仕入れ

販売するものを買う。 ポイントは、「基準」である。 競合他社の商品と比較して、私はこの商品を販売したい理由がなければならない。 競合他社と同じ商品を買っても構わない。 自分の理由があればオッケーだ。 これは4アップロードするための 詳細ページの作成または購入戦略を立てる際アピールポイントがされているなどで有用である。 「基準」が何が重要なつもり?」 考えるなら仕方ないが、大したないように見える「基準」さえなければ、最終的には価格競争の中で戦わなければならする確率が高く、その先端はチキンゲームになる可能性が大きい。

特に衣類ショッピングモールを運営する代表が「基準」なしに仕入れをしに行く? 数百取引先、数十枚の服に轢か押さ降伏することになる。 精神まっすぐ引き締め行っ甘い仕入れ先の営業に計画のない消費が点滅オン入ってき、私たちのショッピングモールで販売する服ではなく、社粒子好み服だけ束サオ場合もたくさんある。

販売を予定している商品のスタイル、雰囲気(色、パターンなど)、サイズ範囲程度の基準は持って調整し購入したほうが現実的ある。

仕入れ時確認すること実務問題であれば、「物を安定的に供給できる仕入れ先「認知チェックするものである。 知っている方は、集まってきた注文に口が耳にかかって仕入れ先に発注連絡をしたが、一方的な供給中断通知を受けた。 知ってみると野心を持って売ってみよう仕入れた商品は、「叩き」製品だったのだ。 衣類も同様である。 仕入れたい商品がいつまで製作するか、新商品であるかなどのかどうかを必ず確認して以降のご注文量に対応しなければならない。

+取引先管理のための基本情報(位置、連絡先、口座番号など)が含まれたリスト作成しておく便利に活用される。

安定的に供給される仕入れ先の商品は、カーンを分けて別々に管理する。
安定的に供給される仕入れ先の商品は、カーンを分けて別々に管理する。

3.撮影

販売する商品を撮影する。 通常1企画段階で構想したコンセプトに基づいて、必要な内容を撮影する。

撮影のための障壁が低くなり、専門家に依頼する方法だけでなく、スタジオを(さらに無料で)レンタルして直接撮影するなど、心だけ食べるなら、さまざまな方法で試みることができる。 ここで考えてみ事案は 私たちは、写真で作品活動をするものではない点、 そして すべての活動は、「コスト」が伴うという点ある。

私たちは、基本的に目が高い。 高クオリティ画像に慣れてクールなデザインは一般的な日常である。 高レベルの目の肥えたは、私たちの事業にもそのまま適用される。
撮影には、高解像度のDSLRと照明が必須となって、Photoshopを使用したカラーバランスなどの後加工/処理から心配する。 結局「商品紹介」という究極の目標に到達する前に、撮影した後、処理などのイルドミに埋もれメンタルがワザングチァング崩れる経験をになるかもしれない。 もちろん良質の結果を顧客に見せることが重要である。 しかし、主客が転倒はならないことだ。

特に、すべての仕事を一人で処理する必要がある1人の創業者であれば、「時間」のすべての部分で念頭し、管理すべき対象である。 その要素に精通して処理能力が十分であれば、直接処理することが確かだが、能力が不足しているとか、優先順位が高いことがあるなどの合理的な理由がある場合、一定の部分は放棄することが選択と集中の面で、また本来の目標ある売上のためによりよい。 ビジネスマンとして、私必要がある、ことができる線をとることが重要である。

次に、することができる線はどのようにキャッチ? 撮影予算が立っていたなら、一度! 速い! まず! 実践のもよいでしょ推薦する。

例えばスタジオをレンタルして撮影計画に予算を立てたならば?

時間ごとに支払うコスト、利用時間、月に2回のレンタルを基準に(誇張少しボテソ)すぐスペース予約をしてみようということだ。

撮影衣類や商品を一度撮ってみる。 この時、ほとんどの1人創業者たちは、「義務はありませんな」を再び感じている。 実空間利用時間は考えをはるかに超えることもあり、準備して行っ衣類は半分撮っを地図知らず、残ったのは、クオリティの保証ばかり数百枚の写真と奸臣が家に帰る体力こともできる。 このすべての経験は、 起業家の能力とコストをすぐに連動させてピョジョリン現実感を示す。 良いニュースは、現実的な予算と運営を行うことができるようになったということで、悲しいニュースは、撮影以外、様々なところで考えと現実の乖離を体験することになるということだ。 ビジネスマンとして必要がある線、できる線を握るされる。

今は一層アップグレードされたスペース、残ったのは売上高である。
今は一層アップグレードされたスペース、残ったのは売上高である。

1人の衣類ショッピングモール創業を予定している人であれば、 撮影の問題で1) 場所、 2) 雨水(装置、モデルなど)、 3)後加工/処理 について必ず回答することができなければならない。 一定の(費用)の撮影環境はどのように構築するのか、モデルは誰するのか、本人が直接モデルをすればポーズと感じはどのように取るのか、写真の質はどこまで許せるかどうかなど、それなりの基準と方向を提示することができなければならない。


書いてみると、各項目の内容と連携して、さまざまな内容が混合される。 産業や個人の業務処理のスタイルに応じて差はあるだろうが、スマートストアや特に衣類ショッピングモール創業を検討している方が明らかになら本人の考えと一度比較してみるのも悪くないようだ。

関連コンテンツ(クリック)

スマートストア日記3_現実業務(アップロード、マーケティング、サービス編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

記録「カテゴリの他の記事

スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの


*産業と事業の方向に応じて適用されるべきであり、オペレータによって評価があります。

しばらく前に、スマートストアを運営する知人と話中、お互いの再購買率の話が出た。

本人が運営するスマートストアの再購買率は約82%(上半期基準)である。

実際に使用されている現況板

知人は驚い以内 その裏技ちょっと教えてダルランダ。

業種、規模をはじめとする様々な違いを考慮しても、低指数はないとして。

知人との会話の後帰り道、

そういえば、あえて指標を出さなくても梱包業務の中で「あれ? この方が再注文くださっ」するリアクションがよく出てくるのを見ると明らかに探しても見つけてくださる方々が少ないモールではないようだった。

戻ってきては、コンピュータの前に座って、2020年上半期基準リピーター顧客の売上貢献度を数字で確認してみるなぜ彼を驚かせたのか、この前に見た本や講義でリピーターのお客様の重要性を強調したのか、再び全身で感じることができました。


中間ジュジョリ:リピーターのお客様が重要な理由

ショッピングモールの成長、すなわち売上規模の拡大は、実質、顧客の数が重要なのに、スマートストアをはじめとするショッピングモールを運営した人であれば、顧客の確保がどれほど難しいか知っている。 確保もない。 私たちの店でのラウンドかけておくようにする別名流入さえ決して容易ではない。 一度足を踏み入れおかなければならサドゥンやガーデンいきますので、このような理由から、ほとんどのショッピングモールは、ネイバーとインスタを含む各種SNSの広告、ブロガー広報などの費用が伴う様々なマーケティング活動を行う。

リピーターのお客様は、これらのマーケティング活動のメンタル力、資本力です。

彼らは私たちの商品に満足度が高い人々である。 商品調達、マーケティングなどの売り手の能力を最も直接的に認めすること、今後のショッピングモールが進む足取りに力を加えてくれる。 リピーターが「信頼」をベースに行われる活動であるという点で返品率、マーケティング費用の負担を下げることもある。 毎朝精算される現金は、新規顧客の獲得のための予算に直接役立つこともある。 「したいことよりお試し下さい!見守るよ!」と時々小遣いを握ら与える、精神/金銭サポーターのリピーター顧客を管理することは、販売開始された後に、基本中の基本となる。


だから本人が選んだ戦略は、2つだけである。

(他称)再購買率の高いショッピングモールの戦略

1)お客様と私の生品胸を見る? =お客様より入念に(頭裂けるように)悩んで分けよう!

ネイバースマートストアを運営してみるとという方法で顧客とコミュニケーションする場合がたまにある。

img - スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

主な顧客層が20〜40代の女性である衣料品店。

顧客はすでにショッピングマンレブのチョゴスであり、インターネットショッピングモール、ショッピングなどの経験で非対面ショッピングの最強者である。

これらどう接するか

本人が選択した顧客を説得させる(=商品を販売する)方法は、顧客が心配しているところが何なのか、現実的に考えて、まず提示、一緒に悩むこと」である。

単に、例えば、

インターネットの衣類のショッピングに悩むところだろうか。 – >私が直接着てみない点 – >着てみなくて確認していないのは何だろうか? – > …

などの考えの分岐点で商品別次第のシナリオを考えている。

経験上、一般的なシナリオよりも現実的なアプローチがはるかに効果がいい。

このように出てきたシナリオは、顧客と一緒に直接的または間接的に確認する。

私の商品の弱点を事前に敷くことをする必要はありませんが買い手誰心配みることができる合理的な悩み点を販売側から先に提示することは違って考えることができる。 この場合、かなり多くの顧客は、自ら「鋭い商品評価者」のタイトルを捨てて「身近な隣人」としてのポジションをとる。 場合によっては、お客様のマイナスの効果まである程度予想して対処することができ、操作の変数も減る。 一緒に悩む過程は、顧客と売り手の考えの違いを減らし、最終的に販売に達する確率を高めることもある。

上の写真の相談がその結果である。

助けを受けたと思わでも顧客はどのような形式であれ報いるする。 (信じる。)

img - スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

そうしたらある時、顧客の質問より回答が一口

img - スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

素直な気持ちの表現に笑いをかもし出すこともある。

これらの関係がきちんとたまる、似たような商品が必要なときに気兼ねなく検索したり 誰かに私たちを 紹介する。

私たちのバック節よりも、顧客の一言の力が強力であることは、売り手であり、消費者であり、ひらひら耳を所持した本人が共感、認める。

ただし、この方法は、 商品企画から顧客向けに、比較的多くの時間を必要とするという点で悩みが起こることがあります。

しかし、それぞれが件ごとに、毎日多くの時間を必要とするわけではなく、産業の特徴に応じて、または商品/モールのアイデンティティの確立が必要なオペレーティング初期に選択して取ったり、リテンションの観点から悩んでアクセスする場合は、一度頃疑問に思って良さだけの価値があると思う。

結局、人との間の信頼関係を扱うことなのでだ。

2)最終的には、商品である。

img - スマートストア日記1_私たちの再購買率が高いって? 私勝手戦略の2つの

最初の販売を開始し、不思議でキャプチャしておいたレビューである。

私の心を知ってくれて共感してくれる促すどんなに感謝していたか。

一度商品が良くなければならない。

いい基準は本当に多様である。 いいことは、価格であることも、デザインであることも、機能であることもできる。

つまり、売り手がそれなりの基準を持っている」私たちの商品は良い商品ですよ」と大きな声を打つことができる理由がなければならない。

本人の場合、現在の運営するショッピングモールの商品軍人「衣類」こそ、デザイン、ディテール、価格まで多様性の範囲がバラエティてピクトとピグドクなりがちという気がした。 私の目にきれいだきれいみるのもではなく、私は感じるの安いともよく売れるわけでもないからである。 また、一度売ってしまう問題ではない。 リピート顧客の視点から再びまともな価値を提供しなければならない。

だから自分で下した結論は、「この商品は、この価格であればいいのに?」 ある商品を準備することであった。

私なりには購入時点ごとに変えることができるデザインや感性的な主観的な要素を排除して(私の体がいじりプすることができますが、)努力の如何に応じて勝負見ることができる、変わらない項目であった。

購入経験がある顧客の認識を超えて、満足をもたらすことができる素材、仕上げなどの要素を、顧客の立場から見ても、検索しようとしていて、その結果、最近では「価格に比べ、このような素材なかっ求めます。」という賞賛を逃さない。


私のプロバイヤーだけに、私のクライアントもいやそれ以上にプププププロバイヤーである。

一度売ってしまう単発商品や販売戦略には分からないが、顧客との着実な関係を持ってコミュニケーションしていくうとする運営方針のスマートストア、ショッピングモールなら良い商品について深く考えて、顧客と交わすことができる準備は必要に応じようだ。

関連コンテンツ(クリック)

スマートストア日記4_現実創業費用(金額含む) – 1人ショッピングモール創業無資本? 不可能!

スマートストア日記2_現実業務(企画、仕入れ、撮影編) – 1人創業衣類ショッピングモール

スマートストア日記3_現実の仕事(アップロード、マーケティング、サービス編) – 1人創業衣類ショッピングモール

記録「カテゴリの他の記事

スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド


スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド

参考資料

今すぐお金を稼ぐ技術

– 創業多亜マルチ(キム・ジョンファン)さん –

スマートストアを最初に作成するときに申師任堂様YouTubeの講義を続け視聴しました。

そして第2は、申師任堂様のダマゴチ(キム・ジョンファン)さん内申本「今すぐお金を稼ぐ技術」の本も参考しました。

第三は、クラス101の申師任堂さんの有料コンテンツが最も多く助けた。

スマートストアネイバーで提供する検索エンジン最適化ガイドは基本中の基本です。

スマートストアをハシリョヌン方は、少なくとも基本は知っている。

今日提供するスマートストア検索エンジン最適化ガイドは、創業ダマゴチ様の本を参考しました。

読んで多くのことがドゥェルゴプニダ。


1.ネイバー知識ショッピング提供情報

ネイバー知識ショッピングで提供する商品情報の最適化ガイド

商品情報

商品名

▶規格商品名に準拠して公式商品情報を使用して、50文字以内で作成

▶重複単語、特殊記号、関連のないキーワードを除く

イベントフィールド

▶商品に関連するイベント、販売条件、割引価格、クーポン、獲得など販売情報は、商品名を記入せずにイベントは、フィールドを使用して

商品画像

▶商品を正確に表現することができる鮮明な高解像度の画像を提供してい

付加情報

カテゴリー

▶商品に関する正確で詳細なカテゴリを選択するとカテゴリの名前に関連するキーワードで検索可能

ブランド/メーカー

▶公式ブランド/済州使命を該当するフィールドに入力すると、そのキーワード検索時に関連性が高いと分析されてランキングに有利でフィルタリング機能を提供

属性

▶カテゴリー別商品に適した属性を選択すると、プロパティのキーワード検索時に関連性が高いと分析されてランキングに有利でフィルタリング機能を提供

価格比較

▶公式商品コードと商品名を使用して、価格比較商品にマッチングする価格競争力がある場合、親の露出が可能

人気

グメピョン

▶EPガイドに準拠してグメピョン情報を提供してい

▶満足度が高いグメピョン提供時ランキングにガラス

▶レビューが多い順などの並べ替えオプションを提供

購入データ

▶販売地小/ CPA(Cost Oer Action)などの購入データを提供時の商品のランキング人気で反映されてランキングに非常に有利に作用し

信用情報

▶ネイバーページ加盟店の場合は、クレジット情報(配送、決済、事後処理)が悪い場合にペナルティ付与

SPAM / ABUSE

▶商品と関連性のない情報を商品情報に含まれていた場合の処理​​ルールに基づいてランキングに不利益付与

スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド
スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド


2.ネイバーショッピングで検索がうまくなるための良い商品情報

ネイバーショッピングで検索が良い商品DBを作成することは難しくない。 ランキング要素を状況に合わせて設定すると、検索ユーザーにとって良い結果を提供し、入店モールにショッピング検索でよく露出することができる利点を与える。

ネイバーショッピング検索提供情報ショッピングモールの商品情報
商品情報付加情報人気商品情報満足度
商品名+3カテゴリー+3グメピョン+2タグのメタ情報+1決済+1
イベントフィールド+1ブランド/メーカー+3購入データ+3購入オプション+1配送+1
商品画像+3属性+2信用情報-3モバイル対応+2顧客対応+1
価格比較+2SPAM ABUSE -3商品情報の構成+1

ランキング要素は、すべての良い検索結果を提供するために必要である。 右上に記載さ数字が大きいほど重要ですが、様々な要素をまんべんなく満足させなければ、検索結果の上位にさらされる機会を増やすことができる。

重要度がマイナスに表示貯まっ要素を違反した場合、他の要素と関係なくランキングに不利益を得る。

詳しい商品DBの事例および遵守事項については、「ネイバーショッピング商品情報提供ガイド」と「ネイバーショッピングEP(Engine Page)ガイド」を直接参照してほしい。

スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド
スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド


3.ショッピングモールの商品情報

個別のショッピングモールの商品ページに含まれる情報の最適化ガイド

商品情報

タグ/メタ情報

▶商品ページ内の検索が可能なタグやメタキーワードを入力

購入オプション

▶一つの商品ページには、対象商品だけを販売

▶カラー/サイズなどの簡潔な購入オプションを提供してい

モバイル対応

▶モバイルに最適化され、画面と情報の設定

▶1秒以内の高速なページの読み込み速度

商品情報の構成

▶画像とテキストで構成された商品説明

▶一つのイメージで作成された商品説明は避ける

満足度

決済

▶ネイバーページのような簡単な決済サービスを提供

配送

▶正確かつ迅速に出荷とサウス処理

顧客対応

▶お問い合わせや問題発生時の公正な対応

スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド
スマートストア検索エンジン最適化(SEO)ガイド


一緒に見れば良い文

スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの

https://zipsori.tistory.com/22

スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの

スマートストア販売に役立つサイトコレクション4つの1ネイバーデータラップhttps://datalab.naver.com/ネイバーデータラップネイバーの検索トレンドと急上昇検索語履歴、ショッピングカテゴリー別検索トレンドを提供datal

zipsori.tistory.com

スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの


スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの

1.ネイバーデータラップ

https://datalab.naver.com/

ネイバーデータラップ

ネイバーの検索トレンドと急上昇検索語履歴、ショッピングカテゴリー別検索トレンドを提供

datalab.naver.com

スマートストアで販売するものを決める前に、ネイバーのデータラボで当該物件のデータを知っている必要があります。

売れるものなのかを把握するのは非常に重要です。

データラボでは、最近の分野別人気キーワードから急上昇検索語検索トレンドなど様々なデータを一目で見つけることができて、スマートストアを事業をしようとする方に必要なサイトです。

ネイバーデータラップ


2.ブラックキウイ

https://blackkiwi.net/index

ブラックキウイ – キーワード統計、分析サイト

特定のキーワードがどのよう検索されるかを調べる。

blackkiwi.net

ブラックキウイは、ブログやカフェマーケティングするときに非常に役立ちます。

スマートストアの販売をするとき、マーケティング戦略にブログも多くのことができます。

関連キーワード、類似のキーワードの月間検索ボリューム比のブログ総発行量を一目で調べることができます。

以下はアオリリンゴを検索したときに、関連するキーワードです。

img - スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの

検索するキーワードの月間検索ボリュームの月間コンテンツ発行量予想検索量とキーワードの飽和指数まで知ることができます。

img - スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの

img - スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの
img - スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの


3.ウェオルイズポスト

http://whereispost.com/

ウェアイズポスト – ブログ検索露出不足を確認

ブログ検索の露出不足チェック

whereispost.com

ブログマーケティングポスティングが不足していることを確認することができ、キーワードマスター、セラーマスターを使用して、キーワードの競争力を知っている見ている光サービスです。

以下は私のブログの投稿不足確認をしてみました。

img - スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの


4.シェルパ

https://sellper.kr/

シェルパ

インターネット小売業有効キーワード探索、検索を支援するサイトです。

sellper.kr

ショッピングモール販売のためだけに作られたサイトです。

以前に紹介差し上げたアイテムスカウト(http://itemscout.io)の一部カテゴリー別検索キーワードで検索部分だけのための非常に軽いサイトです。

img - スマートストア販売に役立つサイトコレクションの4つの

上記スマートストア販売に役立つ4つのサイトを紹介しました。

直感的に商品を販売している時代は過ぎました。

すべてはデータを可能性を見て時間を惜しん投資する必要がより一層効率的に迅速に成果を見ることができます。

今日キープゴーイング一日お祈り心から祈ります。

ありがとうございます。


一緒に見れば良い文

スマートストア売上高の高さの商品のキーワード分析サイトアイテムスカウト

https://zipsori.tistory.com/18

スマートストア売上高の高さの商品のキーワード分析サイトアイテムスカウト

スマートストア売上高の高さのキーワードの分析サイトアイテムスカウト販売商品選定する際には必ず必要なキーワードの分析サイトです。 私は現在使用しているサイトです。 アイテムスカウトhttps://

zipsori.tistory.com

スマート詳細ページ作成時に必要なサイトの6つのコレクション

https://zipsori.tistory.com/16

スマートストア詳細ページ作成時に必要なサイトの6つのコレクション

スマートストア詳細ページ作成時に必要なサイトの6つのコレクションの詳細ページ作成時には本当に多くの支援を受けたサイトです。 この記事をご覧になるすべての方がスマートストアで収益が生じた場合であり

zipsori.tistory.com