Almutlaq家具のストーリー:プログレッシブウェブアプリ

This post is exclusively published on seobytech.com


成功したPWAの例-AlmutlaqFurniture

Almutlaq家具:オンライン小売で成功したPWAの例

Almutlaq家具:オンライン小売で成功したPWAの例

ced-pdf-title-image

時間が足りませんか? メールでブログのPDFを入手してください。

シェアポスト

今すぐプレイ


player line - Almutlaq家具のストーリー:プログレッシブウェブアプリ

Almutlaq家具サウジアラビアを拠点とするは、家具小売市場で広く尊敬されているリーダーです。 2015年にオンライン小売業に参入しました。同社は、サウジアラビアでのさらなる拡大のために技術ツールを活用してきました。 PWAテクノロジーの最新の追加により、PWAの成功例にもなりました。

同社はウェブeコマースストアを Magento 2 2015年にオープンして以来、オンライン小売事業に積極的に取り組んでいます。 現在、2021年に、Almutlaqはテクノロジーをアップグレードし、モバイルインターフェースで安全に店舗を拡張する必要がありました。

このMagentoPWAの例の詳細については、一緒にお読みください。

Almutlaqが技術的な飛躍を遂げることを決めた理由

Almutlaq家具のeコマース部門を率いるHamdi氏は、オンライン販売体験を向上させるための最新テクノロジーについて研究してきました。 彼は、柔軟でスケーラブルな機能を使用して、店舗をよりシンプルでクリーンに見せることに熱心でした。 また、ウェブストアと同じような外観のモバイルストアを立ち上げる必要もありました。

さらに、Almutlaqの目標は、完全に機能し、応答性の高い機能でビジネス数を増やすことでした。 ソリューションに進む前に、アップグレードが必要な主要な領域を見てみましょう。

成功したPWAの例がどのように作成されたか-主要な要件

  1. ウェブストアと同様のエクスペリエンスを備えたレスポンシブモバイルストア
  2. モバイルユーザーとWebユーザーの両方のブラウジングエクスペリエンスの向上
  3. 応答性が高く、高性能なソリューション
  4. 簡単なアップグレードとバックエンド管理
  5. セキュリティが強化された最新のお支払い方法

AlmutlaqFurnitureがPWAの成功例となった理由は何ですか?

解決PWAのCeniaProテーマ

オンライン小売用のCeniaProテーマ

このテーマは、ビジネスオーナーがWebおよびモバイル向けのeコマーステクノロジーをアップグレードするための事前に構築されたソリューションです。 これは、Magento PWA Studio、ReactJS、およびGraphQLの最高のパフォーマンス機能をすぐに使用できるアプリケーションテーマに組み合わせたものです。 インテリジェントなオンライン小売ソリューションで一歩先を行き、Magento PWAのもう1つの例になりましょう!

Ceniaテーマの最も人気のある製品のいくつかは次のとおりです。

1.モバイルとWebの簡単で効率的な展開

2.迅速な読み込みと応答によるより高速なパフォーマンス

3.より高いコンバージョンのために顧客のためにUI / UXを利用する

PWAのCeniaProテーマ

最適な機能:Almutlaqによって定められた要件に関して、以下の機能はそれらのニーズとよく一致していました。

1.1。 ヘッドレステクノロジー、チームが提供内容を更新しやすくします

2.レスポンシブモバイルアプリ、これは重要な重点分野の1つでした

3.オフラインモードが機能し、顧客により多くの価値を追加します

4.翻訳用のアラビア語の右から左(RTL)スクリプト

5.アップグレード お支払い方法 スムーズな取引のために

納期:36〜48時間

サポート:3か月のサポート

長寿:PWAは管理が簡単で、成長を促進するための完璧なソリューションでもあります。 長期的な事業戦略に取り組んでいる企業の場合、 PWAも信頼できるテクノロジーです。 それらは、その柔軟性と応答性のために大衆の間で人気を集めています。 したがって、PWAは、中規模および長期的には最適です。 エンタープライズビジネス

成功するPWAの例になるのは、すばやく簡単です。

プログレッシブWebアプリケーション(PWA)を理解する

プログレッシブウェブアプリケーションは、顧客のオンライン小売体験を再定義しています。 によると エリクソンの研究、モバイルトラフィックは2026年に4.5倍に増加すると予想されます。したがって、ますます多くの企業がネイティブアプリの代わりにMagentoPWAを選択しています。 この変化は、より応答性の高い、 カスタマーエクスペリエンス-焦点を当てたeコマース。

Magento2のPWA

PWAが最も好ましいテクノロジーである理由は何ですか?

プログレッシブウェブアプリ(PWA) レスポンシブ機能と簡単なハイエンドのカスタマイズで話題になっています。 したがって、オンラインビジネスの場合、以下の理由により、これらは徐々に好ましい選択肢になりつつあります。

  • テーマはすぐに展開できます
  • ランキングを向上させるSEOフレンドリーなメカニズム
  • テクノロジー実装のコスト削減
  • ネイティブモバイルアプリよりも簡単
  • ウェブストアと比較して迅速な対応
  • ポップアップ通知をサポートする
  • 購入のすべての段階で非常に敏感
  • オフラインモードでも動作します
  • ネイティブアプリケーションによく似ています
  • 更新を必要としない動的なアプリ
  • アプリストアのいずれにもオンボーディングする必要はありません
  • オンラインとオフラインの両方の顧客に対するより高い顧客エンゲージメント
  • 変更が容易なアプローチにより収益を拡大
  • 上に構築 ヘッドレステクノロジー バックエンドとフロントエンドの管理を容易にします

Almutlaq家具の新しい外観!

ちょうど間に合うように 連休シーズン、同社はeコマースストアのルックアンドフィールを刷新しました。 オンライン小売で成功したPWAの例の特徴を見てみましょう。

新鮮なホームページ

新しい外観により、ユーザーエクスペリエンスが即座にレベルアップします。 これは、既存の顧客とのエンゲージメントをレベルアップするための魅力的な方法でもあります。 今シーズンのオファーのまったく新しい雰囲気の新鮮なホームページ。 カテゴリごとのナビゲーションとハイライトを個別に設定すると、UI / UXがさらに強化されます。

さて、トレンドのホリデーシーズンに向けて、 PWAが売り上げを伸ばすのにどのように役立つかを読んでください。

セクションを追加

複数の製品を販売するWebサイトをナビゲートするためのクリーンでシンプルな方法は、購入者の旅に付加価値をもたらします。 実装されたテーマを使用すると、顧客は目的の製品を簡単に見つけることができます。

カテゴリごとのナビゲーションに加えて、他の機能も提供物を簡単にナビゲートできるようにしました。 これらには、カテゴリーで最高、最新の製品、ベストセラー、コレクションなどが含まれます。

Almutlaq-カテゴリー

支払い

新しい店舗では、UAEの顧客に広く好まれている支払い方法が必要でした。 地域でのサービスで人気があり、 HyperPay とタマラは彼らの店のために追加されました。

HyperPay VisaやMasterクレジットカード、Apple Payなど、複数の支払い方法を受け入れることができます。ブラウザやデバイスに関係なく、シームレスな支払い処理が可能になります。 タマラ 顧客が後で支払うことを可能にし、支払いを3回に分割するオプションも提供します。 これらのオプションには追加料金がかからないため、企業は柔軟な支払い方法を提供できます。

魅力的なバナー

オンライン小売を考えると、バナーは顧客の情報源です。 また、進行中のオファーを顧客に通知し、買い物を促進します。 新しいストアでは、Almutlaqがより魅力的な方法で製品を紹介できるようになりました。 ヘッドレスで構築されているため、 バナーの変更は、技術サポートなしで管理者が簡単に管理することもできます。

RTL言語

RTLは、言語の方向をローカル言語の方向に変換します。 英語、ドイツ語などは左から右の向きですが、アラビア語は右から左の読み方に従います。 この言語のローカリゼーションは、サウジアラビア全体での会社の拡大のために長い間行われていました。

Almutlaq- RTL

新しいストアは、ウェブ、モバイル、その他すべてのビューでアラビア語と英語の両方で利用できるようになりました。

CedCommerceによる別のMagentoPWAの例はEthnicSmartです。 詳細については、以下のビデオをご覧ください。

PWAの例を成功させるためのチーム:開発者のデスクから

私たちの開発チームはコアメンバーで構成されています。 彼らはこれらすべての年にわたって成功した実装を可能にし、最高のMagentoPWAを作成しました 。 これは、適切な技術サポートを通じて企業が成長するのに役立ちました。 開発者のデスクから、彼らは言います:

「このプロジェクトの最も優れた点は、Almutlaq家具のカウンターパートであるHamdi氏が示した信頼でした。 彼は私たちの能力と働き方を信じていました。 この自信と信念は、私たちが迅速な配達のためにさらに一歩を踏み出すことをさらに促しました。 さらに、彼はユースケースに基づいて提供されたすべての技術的な説明をよく理解していました。

議論のほとんどは時々オンラインで行われました。 これらのセッションは、お互いの視点を理解するのに役立ちました。 さらに、それは私たちの開発プロセスを容易にし、eコマースで成功するPWAの例を作成するためのアジャイルプラットフォームにつながりました。」

新しい外観のAlmutlaq家具

「小売業の観点からユーザーフレンドリーなプラットフォームが必要でした。 したがって、顧客は自分が選んだ製品を簡単に見つけて処理できるはずです。 セニアのテーマはそれを容易にし、売り上げへの良い転換をもたらしました。」

ハムディ氏をさらに引用すると、「このテーマはカスタマイズが簡単で、超高速で、すべての新機能と互換性があることがわかりました。 チームのサポートは素晴らしいと思います。これらすべてのメンバーと一緒に仕事ができてとてもうれしいです。

全体のプロセスを主導してくれたPriyaからプロジェクトに関する完全な情報を受け取りました。 彼女は私の旅の間ずっととても協力的でした。 セニアのテーマも気に入りました。市場でこれまでで最高のテーマの1つであることがわかりました。 ですから、製品をライブにするための迅速なサポートと機能のために、CedCommerceを強くお勧めします!」

さらに、「これはCedCommerceチームとの最初の経験ですが、間違いなく最後ではありません」と付け加えています。

正直なところ、チームは現在、ビジネスをさらに拡大するためにデジタルマーケティングサービスをアクティブ化しています。 すでに成功したPWAの例のために別の羽を追加しています。 以下はチームからのビデオです:

CedCommerceについて

CedCommerce アジャイルでペースの速いeコマースソリューションの開発を信じています。 そうすることで、CedCommerceのチームは、その回復力のあるサポートとカスタマイズされたソリューションで高く評価されています。 プログレッシブウェブアプリケーション は、優れたWebおよびモバイルコマースでビジネスを可能にする最新のテクノロジーです。

MagentoPWAのその他の例はこちらで確認してください。

私たちの専門家チームは、eコマースビジネスに最適なソリューションを組み立てるために、個々のビジネス要件についても話し合うことができます。 したがって、あなたのオンラインビジネスのための適切な支援を受けることを躊躇しないでください、私たちのチームはただ電話するだけです!

CedCommerceExpertに相談する

This post is exclusively published on seobytech.com

このホリデーシーズンを際立たせる5つの強力なショッピングフィードの最適化

This post is exclusively published on seobytech.com


ショッピングフィード最適化バナー

パートI–ショッピングフィードの最適化:2021年のホリデーシーズンに向けた5つの強力なヒント!

パートI–ショッピングフィードの最適化:2021年のホリデーシーズンに向けた5つの強力なヒント!

ced-pdf-title-image

時間が足りませんか? メールでブログのPDFを入手してください。

シェアポスト

今すぐプレイ


player line - このホリデーシーズンを際立たせる5つの強力なショッピングフィードの最適化

BigCommerceのGoogleショッピングフィードは、今年の最も忙しい小売業者の四半期に向けて準備ができていますか? 番号? 次に、今があなたの戦略を洗練する時です。 ハロウィーンの不気味さ-不気味さはすでに空中にあります。 そして、ブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスの最も重要なお祝いの月が近づいています。 SERPでの商品の認知度を高め、クリック数とコンバージョン数を増やす効果的なショッピングフィード最適化戦略を導入する必要があります。

最も重要な小売シーズンに向けてショッピングフィードをどのように準備しますか?

十分に最適化されたショッピングフィードは、特にお祝いのラッシュ時にGoogleで販売する際の成功の基盤です。 したがって、商品フィードの詳細を最適化するときは、常にすべての重要な情報を含めるようにしてください。 そのためには、検索クエリをすばやく調べてインスピレーションを得て、昨年のホリデーシーズンに売り上げを伸ばした用語と現在売り上げを伸ばしている用語を調べます。

BigCommerceの販売者は、CedCommerceを使用してストアをGoogleプラットフォームに接続しました Googleショッピングと広告 アプリ自体からショッピングフィードを最適化できます。 また、CedCommerceのGoogleエキスパートが常に常駐しており、最新の変更がリアルタイムで更新されます。

ショッピングフィードの最適化手法に戻ると、商品フィードの品質を向上させる方法はたくさんあります。 この記事では、商品フィードの基本情報を刷新して、お祭りに対応できるようにする方法を学びます。

ショッピングフィードの最適化–5つのベストプラクティス

それぞれのポイントをひとつひとつ見ていきましょう!

製品タイトルをうまく構成する

タイトルに適切で関連性のある情報があると、説明の詳細を読むよりもはるかに速く、視聴者が閲覧しているものを一目で鮮明かつ明確に把握できます。

さらに、Googleは商品タイトルを使用して、ユーザーの検索意図に合わせて商品を照合します。 そのため、商品のタイトルを顧客にとって可能な限り詳細にすることが重要です。

ショッピングフィードの最適化1

基本的なタイトル構造は– {Brand} + {Product} + {Attribute} / {Variants}
(注–属性は、サイズ、色などのカテゴリによって異なる場合があります。)

商品タイトルのGoogleショッピングフィード仕様リストに最大150文字の制限が指定されているため、指定された制限内にできるだけ多くの情報を含めるようにしてください。 制限を超えると、タイトルが切り捨てられ、プロフェッショナルではないように見えます。

詳細については Googleショッピングフィードの仕様 そしてそれらの重要性。

タイトルで、視聴者に基本的な情報を伝えます (何) 最もシンプルで革新的な方法であなたの製品の。

何を含めるか-

  • ブランド名:キーワードリストでブランド固有の製品を他の製品と区別するためのブランド名と製品タイトル。
  • ジェネリック商品のバリエーション:ブランド価値の高いジェネリック商品の場合、ブランド名を追加しても役に立たない場合があります。 その代わり。 色、サイズなどの商品のGoogleショッピングフィードのバリエーションを使用します。 例えば- フリーサイズのレインコートなど、特定のサイズを探しているオーディエンスをターゲットにしたアイテムを販売する場合は、タイトルのサイズタイプの列に必ず入力してください。
  • 数量を追加します(必要な場合):買い物客が購入している商品の量を理解できるように、商品の数量などの重要な情報を含めます。 例えば ​​- 「グリーティングカード」の商品フィードに10ドルの金額を追加しました。 さて、それはどんなグリーティングカードにも費用がかかりすぎる。 買い物客の混乱を解消するには、数量を追加するだけで、タイトルは「10枚のグリーティングカード」のように表示され、金額は$ 10になります。

避けるべきこと–

  • すべて大文字:すべて大文字のタイトルで注目を集める衝動に抵抗する
  • プロモーションを避ける:BOGOや限定オファーなどのプロモーションを追加しないでください。このようなプロモーション活動には別のセクションがあります。
  • 価格:タイトルに商品価格を含めないでください。すでに専用の価格属性があります。
  • 特殊文字は避けてください:絵文字を作成する記号や句読点は、タイトルがスパムのように見えるため、含めないでください。

製品の説明を最適化する

商品フィードの説明を最適化するために、マーチャントは同様の原則を実装する必要があります。 ただし、関連するキーワードにも焦点を当てる必要があります。 聴衆がそれを使用して自分自身を視覚化するのに役立つ詳細な製品説明を書いてください。 指定された文字数制限内に、できるだけ多くの関連キーワードと製品固有の詳細を含めるようにしてください。 商品説明のGoogleショッピングフィードの仕様は500文字です。

プロのヒント –ブランド製品の場合、視聴者が製品の要点を一目で理解しやすいように、箇条書きでできるだけ多くの重要な機能を強調してみてください。

にとって ホリデーフィードの最適化 商品の説明の中で、ホリデー関連のキーワードや主な機能を含めることを検討し、「Gifts for Her」などの季節やギフトの用語を取り入れて、商品を他の商品から際立たせます。

高品質の画像を使用することが重要です。

「絵は千の言葉に値する」

商品画像は、ブランドのプロ意識のレベルを伝えるため、基本的に販売者の代理として機能します。 質の悪い画像は不注意のメッセージを伝えますが、高品質の画像はプロの売り手の画像を表します。 したがって、常に製品をより適切に表示する高解像度のライフスタイル写真写真を選択するようにしてください。

ショッピングフィードの最適化2

また、BigCommerceストアの商品をGoogleで披露する際は、次の画像最適化戦略を検討してください。

  • HD品質の画像:特に製品が衣料品やギフト商品のカテゴリに該当する場合は、お祝いをテーマにした見事な品質の写真を利用してください。
  • 動的ビュー:さまざまな角度からの製品のより詳細でインタラクティブなビューを使用します。 お祝いの雰囲気やテーマで商品の画像をデモンストレーションして、このお祝いの季節に商品を購入するのに理想的な理由を視聴者に明確に示します。 プロのヒント –衣類の場合は、ズーム機能または360度回転機能を選択します。
    製品バリエーションの画像を使用します(必要な場合)。これにより、複数のオプションから選択できます。
  • テキストなし、ロゴなし:商品の画像にテキストやロゴを追加しないでください。

製品リンクを正しく取得する

リンクの最適化について話すときは、すべてのGoogleショッピングフィードのバリエーションに特定のランディングページがあることを確認してください。 そうでない場合は、同じバリアント製品を相互リンクすることを確認します。 それはあなたの潜在的な顧客の失望を避け、異なる属性を持つ製品バリエーションの検索に役立ちます。

例えば –緑のナイキTシャツのような製品は、赤のナイキTシャツでランディングページにリンクできます。 そして、あなたは赤いナイキのTシャツにも同じことをすることができます。

製品セグメンテーションで細かくする

ホリデーシーズンのトップセラーやベストセラーの季節商品などの履歴データを考慮し、それに応じてすべての商品を分類します。 ブランドごと、特定のカテゴリごと、地理的に最も売れている在庫を分離します。

ショッピングフィードの最適化3

あなたが焦点を当てている休日の種類、あなたがターゲットにしている聴衆と地域、そしてその理由を理解してください。 最初にこれらすべての質問に自己回答し、次にそれに応じて在庫を分離します。 商品タイプを関連する商品カテゴリに合わせて、ショッピングフィードを管理しやすくします。

まとめ

Googleショッピングの小売りの旅はマラソンであり、スプリントではないことを忘れないでください。 そしてその過程で、要件、機会、そしてもちろん障害に応じて戦略を刷新し続ける必要があります。

これらのホリデーフィード最適化手法を選択すると、あなたの製品はこのお祭りシーズンで最も明るく輝くはずです。 2021年第4四半期のホリデーシーズンは、BigCommerceストアの売り上げを伸ばす大きなチャンスですが、専門家の指導を受ければ、面倒な作業は確実になくなります。

また、ショッピングフィードの最適化と自動化を簡単に行うために、CedCommerceのGoogleエキスパートがすぐに電話をかけます。

This post is exclusively published on seobytech.com

このホリデーシーズンにウォルマートで記録的な売上を上げるにはどうすればよいですか?

This post is exclusively published on seobytech.com


ウォルマートで記録的な売上を上げるために、このお祭りシーズン(2021)を覚えておくべき9つのこと

2021年のこのお祭りシーズンにウォルマートで記録的な売上を達成するために覚えておくべき9つのこと

2021年のこのお祭りシーズンにウォルマートで記録的な売上を達成するために覚えておくべき9つのこと

ced-pdf-title-image

時間が足りませんか? メールでブログのPDFを入手してください。

シェアポスト

今すぐプレイ


player line - このホリデーシーズンにウォルマートで記録的な売上を上げるにはどうすればよいですか?

ウォルマートは米国のトップマーケットプレイスの1つであり、ホリデーシーズン中の顧客訪問が大幅に増加しています。 2020年の祝祭シーズンの統計によると、ウォルマートは毎週200万のビデオゲーム、毎週6500万のアパレルアイテム、毎日126Kの電子機器を販売しました。 これらの数字は、ウォルマートの売り手にとっての祝祭の重要性を明らかにしています。 そのため、2021年のこのお祭りシーズンにウォルマートで記録的な売上を達成するには、準備を整え、今後のフェスティバルに向けてストアを最適化することが、今ややることリストに含まれている必要があります。

統計によると、ホリデーシーズン中は、商品の全体的な売り上げとeコマースウェブサイトへのアクセスも増加します。これにより、売り上げが伸び、拡大を検討する際に極めて重要になる可能性があります。 今すぐ計画を立て、顧客にホットディールを提供して、顧客にあなたからの購入を促します。

祭りの期間中も購入パターンにばらつきが見られ、売り上げの大部分は直前の購入者からのものです。 したがって、フェスティバルが始まる前に物事をスムーズに処理する場合は、最初から考えられるすべてのシナリオに備えることが役立ちます。 10月から12月までの期間は ウォルマートの売り上げを伸ばす ハロウィーン、感謝祭、ブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスなど、多くのフェスティバルで構成されています。ウォルマートの2020年のお祝いシーズンの統計

このお祭りシーズン2021年にウォルマートの売り上げを伸ばす方法は?

このホリデーシーズンを成長の機会にし、作る準備ができるように、いくつかのことを事前に計画する必要があります 記録的な売上高 ウォルマートで。

以下は、取得するのと同じくらい重要なポインターのリストです。

  1. ウェブサイトの読み込み時間を改善する
  2. ウェブサイトのモバイル最適化
  3. 配送の強化
  4. RoundO’Clockカスタマーサポート
  5. ソーシャルコマースを活用する
  6. 放棄されたカートを回復する
  7. 割引メールを送信
  8. 実行時間制限のあるオファー
  9. 十分な在庫を維持する

それぞれを探検しましょう!2021年のこのお祭りシーズンにウォルマートの売り上げを伸ばす方法

1.ウェブサイトの読み込み時間を改善する

ウェブサイトの読み込み時間は、コンバージョンを獲得する上で重要な役割を果たします。 顧客が商品を望んでいるが、サイトの読み込みが遅いか、時間がかかりすぎているとします。 その場合、お客様のショッピング体験に悪影響を及ぼします。 理想的なページの読み込み時間と見なされているため、サイトが1秒以内に開くことを確認してください。 調査によると、サイトの読み込みに3秒以上かかる場合、買い物客の40%がウェブサイトを放棄します。 だからあなたのウェブサイトのパフォーマンスに取り組んでください。

2.ウェブサイトのモバイル最適化

あなたがモバイルのためにあなたのウェブページを最適化することを確認してください。 現在、買い物の大部分は携帯電話を介して行われています。 ウェブサイトによると、スマートフォンユーザーの79%が過去6か月間に携帯電話からオンラインで購入しました。 したがって、あなたのウェブサイトがモバイルの可視性のために十分に最適化されており、モバイル上で迅速かつ完璧に開くことがあなたにとって必須になります。

3.出荷の強化

配送はオンラインショッピングで重要な役割を果たしているため、優れたサービスを提供するために何をする必要があるかを考慮する必要があります 配送サービス あなたの見込み客に。 購入ボックスの目立ちを改善し、製品をより早く出荷するために、無料の2日配送または3日配送を提供します。 また、ウォルマートのカスタム配送テンプレートを利用して、パフォーマンスを向上させることもできます。 単一の運送業者に依存している場合は、ホリデーシーズン中の交通量の多さに対処するために他の人との関係を構築する時が来ました。 それは時間通りに顧客に製品を届けるのを助けます。

4. RoundO’Clockカスタマーサポート

ホリデーシーズン中に顧客数がピークに達すると、24時間年中無休のカスタマーサポートを提供して、クエリが最も早く処理され、すぐに解決されるようにすることが重要になります。

5.ソーシャルコマースを活用する

ソーシャルコマースは日々増加しています。 顧客はまた、さまざまなソーシャルコマースプラットフォームからオンラインで買い物をするので、そこで存在感を示す必要があります。 ユーザーの約44%が、ブランドを検索するためにソーシャルメディアプラットフォームを利用しています。 そのため、このホリデーシーズンにはソーシャルメディアチャネルに積極的に取り組んでください。

6.放棄されたカートを回収する

調査によると、買い物客の99%は、オンラインマーケットプレイスに初めてアクセスしたときに購入しないため、カートを放棄します。 ホリデーシーズンは、カートに残した商品の魅力的な取引を提供することで、購入者を呼び戻すのに最適な時期です。 カートにある商品について時々思い出させ、放棄された商品の割引を提供します。

7.割引メールを送信する

今があなたの見込み客に電子メールを送り始める適切な時期です。 ターゲットにしたい潜在的な顧客のリストを作成し、このホリデーシーズンのホットディールを思い出させてください。 あげて 割引コード 彼らはあなたのウェブサイトから買い物をするときに適用することができます。 このようにして、Eメールマーケティングを通じて戻ってきた人と、その年の他の時期にターゲットにできる人のリストを作成できます。

8.期限付きオファーの実行

期限付きのオファーは、潜在的な顧客に切迫感を生み出します。 それらを実行します。 期限付きのオファーで製品をプッシュします。 タイマーを組み込んで、オファーの有効期限の残り時間を表示して、購入を誘導できます。 このようにして、限られた時間でより多くの売上を上げ、2021年のこのお祭りシーズンにウォルマートで記録的な売上を上げることができます。

9.十分な在庫を維持する

ホリデーシーズン中に注文を満たし、履行するのに十分な在庫を維持することは、見逃せない側面です。 現在の売上分析と昨年の売上高の分析を調べて、常にそこに必要な在庫の量を理解します。 CedCommerceが提供するもののように、しきい値制限を設定し、時間どおりに在庫を更新するのに役立つ在庫自動化を使用します。

CedCommerceで2021年のフェスティブシーズンにウォルマートで記録的な売上を達成

前回の買い物客に対応し、ホリデーシーズン中にウォルマートでの販売注文の増加を管理するために、CedCommerceは、ニーズに合わせて設計されたカスタマイズされたソリューションでお客様を支援します。 拡張機能によって提供されるさまざまな自動化を活用して、ホリデーシーズン中の高い需要をスムーズに管理できます。 これらのCedCommerceの重要な指針と解決策について学びましょう 統合 ウォルマートで記録的な売上を上げるためのオファー。

1.広範な休日の在庫をアップロードする

ホリデーシーズンは、オンラインストアに大規模な顧客の流入をもたらします。 したがって、マーケットプレイスの売り手として、大量の在庫を常に維持する必要があり、それらをアップロードするのは確かに面倒です。 では、膨大なカタログのすべての詳細を更新するにはどうすればよいでしょうか。 良い! CedCommerce統合ソリューションのユーティリティが登場します。これらのソリューションは、次のタスクを簡素化することで支援されます。

プロファイルベースの製品アップロード

製品のプロファイルを作成し、これらのプロファイルに製品を割り当てて、プロファイル内のすべての製品に統一された設定を割り当てます。

製品の一括アップロード

多くの製品を選択し、ワンクリックですべてをウォルマートにアップロードします。 このようにして、より多くの製品をより短い時間でアップロードします。

2.フェスティブラッシュ中の大量の注文の管理と処理

これでインベントリがアップロードされました。 今の問題は、ホリデーシーズン中にウォルマートからの膨大な注文をどのように管理および処理するかです。 毎回注文を受け入れるのは難しいため、注文の確認とキャンセルを手動で行うことはできません。 これらのタスクを自動化する必要があります。 次の機能を簡素化するCedCommerceの統合により、これらの利点を活用できます。

在庫同期

ストアとウォルマートの間で在庫を完璧に同期します。 拡張機能は、管理を容易にするために、プラットフォーム間で均一なインベントリを維持するのに役立ちます。 在庫が減少すると、アプリを使用するすべてのプラットフォームに反映されます。

注文管理/注文処理

管理し、 注文を処理する アプリとシームレスに。 ウォルマートで受け取った注文もストアで作成されるため、一元化された場所から時間どおりに注文を簡単に管理および実行できます。

運送

配送は顧客満足に重要な役割を果たします。 あなたはできるだけ早く製品を届ける必要があります。 統合には、出荷管理を簡素化する出荷ソリューションが組み込まれています。

3.日常の店舗運営の管理

年末年始は、日常業務をシームレスに管理するのが少し面倒です。 統合ソリューションは、次のように日常のタスクを簡素化します。

通知

受け取った注文、キャンセルされた注文、エラーなどに関するリアルタイムの通知を受け取ることで、ウォルマートマーケットプレイスとストア全体のすべての注文を常に最新の状態に保つことができます。

在庫同期

ストアとウォルマートの間で在庫を完璧に同期します。 拡張機能は、効率的な販売管理のためにプラットフォーム間で均一な在庫を維持するのに役立ちます。 在庫が減ると、アプリのすべてのプラットフォームに反映されます。

飼料管理

受け取ったすべての注文について、アプリは、受信した注文を理解し、任意の時点で発生する可能性のあるエラーを克服するのに役立つフィードを作成します。

4.お祭りラッシュ中の視認性を高める

あなたの可視性を高めることはあなたの最優先事項である必要があります。 関連するキーワードで商品がすばやく表示されるほど、売り上げは増加します。 したがって、このタスクを可能な限り簡単にする方法。 良い! CedCommerce統合拡張機能は、次のように可視性の側面も簡素化します。

カテゴリと属性のマッピング

統合には、ストアの製品の属性とカテゴリをウォルマートのものとマッピングする機能が付属しています。 したがって、すべての製品属性をウォルマートのデフォルト属性にマッピングすることについて心配する必要はもうありません。 CedCommeceの統合ソリューションを使用してWalmartを使用すると、色やサイズなどのすべての製品属性を簡単にマッピングできます。

SEOサービス

CedCommerceはまた提供します SEOサービス 選択した統合ソリューションを使用します。 CedCommerceは、更新されたWalmartガイドラインに従って最適化された製品リストを実行するのを支援し、Walmartの売上をより良くランク付けして改善するのに役立ちます。

5.専門家のサポート

統合には、CedCommerceの24時間年中無休のサポートサービスが付属しています。 だから、手間のかからない販売、そして問題が発生した場合は、 専門家とつながる CedCommerceから。 喜んでお手伝いさせていただきます。

総括する

上記のプラクティスは、あなたがあなたを後押しするのを助けることができます ウォルマートの販売 これからのホリデーシーズン中。 フェスティバル期間中はオンライントラフィックが大幅に増加するため、次のことを行う必要があります。 オンラインストアを準備する 今では、ホリデーシーズンを最大限に活用し、このホリデーシーズン2021年にウォルマートで記録的な売上を獲得するための土壇場の煩わしさを回避します。

さらにサポートが必要な場合は、CedCommerceの専門家に連絡することもできます。 ウォルマートの公式チャネル統合パートナーであるため、CedCommerceから24時間体制の専門家によるサポートを受けることができます。 専門家は、ウォルマートでのオンラインの認知度を高め、米国のトップマーケットプレイスの1つであるウォルマートで効率的に販売するためのSEOに適した方法に従う方法を案内します。

「素晴らしいお祭りシーズンを!」

This post is exclusively published on seobytech.com

High Barriers to Entry, a smart way to win this festive season

This post is exclusively published on seobytech.com


High barriers to entry Blog banner

Creating ‘High Barriers To Entry’ – A game-changing strategy to adopt this Halloween and BFCM.

Creating ‘High Barriers To Entry’ – A game-changing strategy to adopt this Halloween and BFCM.

ced-pdf-title-image

Running short of time? Get PDF of the blog in your mail.

sharepost

Play Now


player line - High Barriers to Entry, a smart way to win this festive season

Have you heard of the Blue Ocean strategy? Or have you ever thought of creating a monopoly in your market arena? If not, this festive season and the coming ones will only give you a hard-selling experience with bare-minimum profits and marketing struggles throughout. What can be done then? Well, the answer is here, ‘CREATING HIGH BARRIERS TO ENTRY’ in your business area. To be recognizable in the vast eCommerce platform, you will have to reduce your number of competitors by creating entry barriers that are difficult to break.

Halloween, Black Friday, Cyber Monday, Thanksgiving, Christmas are all here, and like you, your competitors are also looking forward to the best strategies. But trust the fact, no strategies can help you take the market lion’s share with an ordinary approach. Undoubtedly, it is only by creating unbreakable and exclusive barriers to entry that can actually help you build your business empire, one of its kind.

What are Barriers to Entry in eCommerce?

Barriers to entry in eCommerce refer to those factors that do not allow new entrants or weak contestants to enter or stay in the market. Big eCommerce giants bring some of the unbelievable factors that are difficult to overcome. For instance, they are often Brand equity, distribution network, light asset strategy, low-cost production, and distribution or license or copyrights.

Creating such high standards or barriers raises the bar for new start-ups or businesses to think of competing with them. Furthermore, creating such common and high barriers to entry has perpetual benefits.

Why is it important to set High Barriers to Entry for bringing down your competitors?

Benefits of High entry Barriers

Creates Monopoly

Firstly, entry barriers enable the strongest businesses to build a monopoly in the market. What it means is that no other startup can enter into the competition. In other words, that market area is ruled by a few conglomerates that are in a strategic partnership to fence market prospects from newcomers.

Prevents and Restricts competition

Secondly, entry barriers actually keep out the newcomers from eating into the market share. These barriers are of a different intent. Either an unprecedented cost, price, or customer experience is brought into the picture or a completely new market is created or an uncontested market is targeted. It needs a lot of R&D and constant market evaluation.

Provides Large Market Share

Thirdly, the monopoly market aims at devouring the largest market share by raising the bars so high that nobody else except an equally powerful competitor can think of entering into the competition. Some of the tactics like ‘Economies of scale’ or ‘heavy capital investment’ or ‘proprietary technology’ are unbeatable and costly barriers to cross-over even by established brands.

Retained Customer Base

Fourthly, strong entry barriers target some specific target audience. In other words, their target audience is well defined. They know why, where, and whom to target. With fewer options to choose from, the customer sticks to just one service provider. Customer retention in this case is an outcome of a lack of options to explore than service quality.

Emerging as market leaders

In addition, centralized control over the market share makes some brands the leaders of their area. The eCommerce industry too has many such examples of food outlets that have emerged as market leaders catering to its customer base without much competition to tackle with. However, the key point is to know your consumer trend.

Makes the existing market irrelevant

Last but not the least, entry barriers sometimes prove to be a game-changer for the existing market. They are trendsetters that have never been thought of. A new technology or new product with exclusive rights shifts the entire consumer base to one brand and makes the existing ones irrelevant or less suitable for consumers.

Prominent Types of Barriers to Entry prevalent in the eCommerce Industry

There are 3 significant Entry barriers that are generally invested in for reducing the existing competition threat.

  • Legal/Government Barriers
  • Natural/ Financial Barriers
  • Marketing/self-made Barriers
  • Brand Loyalty

Different types of Common barriers to entry

Legal Barriers

Legal barriers are those which have permission and protection under the acts and regulations of a state. Intellectual property rights are legally approved and are shielded against any fraud or infringement act by competitors.

Natural/Financial Barriers

Many business industries have already gained control over good resources, distribution partners, high-end technology, and machinery at their end. The total production cost, sales, and marketing costs have already been mastered by the existing leaders, this makes them invincible.

Marketing/self-made Barriers

These are the marketing strategies like advertising, social media campaigns, polls, paid ads, brand awareness, etc that create a great barrier for upcoming competitors. Internet is all over the place and omnichannel experience takes a good share of consumer attention and thereafter converting them into loyal ones.

Brand Loyalty

Brand Loyalty is beyond logic. It is all about creating trust and credibility in the minds of potential consumers. A great brand loyalty strategy once built, is irreplaceable. Brand Loyalty overlaps even other factors. Once people invest their trust in your brand and product, you might lose a battle but have won the war.

Now the question here is how can you gravitate with these entry barriers and secure your position in the festive season. Below are some best ‘Entry barriers’ that you too can create and get an edge over your competitors.

Top strategies for Barriers to Entry to beat the competition this Holiday Rush

Creating a game-changing market barrier is not a child’s play is obviously not when every competitor is equally potent and capable to lead the market. Selling on marketplaces like Amazon, eBay, Etsy, Walmart, and many more, is a monopolistic competition, and to make it a monopoly is a hard nut to crack. However, with a prolonged and deep analysis, you can for sure come up with that one factor that will give wings to your business to fly ahead of others.

Here is the list of some of them:

Top Barriers to entry this festive season

Intellectual Property Protection

Intellectual property right is necessary to make you a recognized and dependable brand with consumer-friendly products. Copyright, Patent, or Trademarks are your exclusive property that no one else can sell or create without your permission. It is your innovation, your idea, and the hard work that you own exclusively.

To sum up, this can be one way to set your standards high amongst your competitors. Any product which you think has your innovation attached to it must be legally protected against any future fraud copyright infringement. Not just this, such recognitions add value to what you sell, giving your target audience an extra reason to choose you over others.

Selling Licenses

License is the legal permission to sell, trade, or import/export anything. Cross-border selling is in trend but for online sellers what is important here to know is that you have to follow CBT regulations and legal criteria to enter into the marketplace of other countries. Obtaining a license is a battle in itself but once take, you are all set to go ahead of your competitors who might still take time to get a license or government approvals.

Chiefly, having a selling or Trade license shouts your credibility and reliability factor. eCommerce platform, where everything is virtual and less secure, this can be added advantage.

Fast and Efficient Distribution Network

Distribution network plays an important role in positioning your brand and product in the market. It directly impacts your demand and supply chain. A fast and efficient distribution network ensures easy accessibility, affordability, and availability of products in the market.

During peak festive season, you need to be on good terms with your Logistics and distribution partner for fast and safe delivery to your customers wherever they want. Current consumer trends have shifted to a fast, free, and one-day delivery craze amongst customers. To cater to these demands distribution networks can act as a great entry barrier for year fellow competitors.

Make a note here, there are eCommerce solution providers that have the best shipping solutions and logistic providers for your hassle-free distribution network.

Exclusive Rights

This entry barrier is unique and interesting to explore. Allies and partnerships can be of a great strategic move. As sellers, you can grab some exclusive rights to sell a particular type and quality of product from your partners who can be a manufacturer.

Exclusive rights give you an edge over others to sell a unique product that nobody else has to offer. Your product pages and Landing pages can be a great source for you to boast about your achievements and exclusive rights that only you can cater to your buyers.

Economies of Scale

This market barrier takes time to bring on the ground. Economies of scale in simple terms means ‘ A significant point where production of a company increases without an increase in the production cost. High production with a low per-unit cost is Economies of scale.

To put in other words, established online sellers can create a high entry barrier by producing and manufacturing products in large quantities with low production costs and selling the products at the lowest price possible. Thus, throwing a highly competitive price for your competitors to break. It is needless to say that consumers are attracted towards good products and lowest deals.

Proprietary Technology and Tools

If you are a seller who sells technology or software or other scientific items either on marketplaces ( should not be prohibited) or on your own e-store, this one is for YOU!

A tool, software, or system can be safeguarded under proprietary papers so that only you and limited people have the access to its secret codes. If you are a potential businessman selling any such smart technology, you must shield it before a copy of it competes with you and take away your market share.

The other idea is selling with Integration solutions. Not directly but indirectly it acts as your secret proprietary tool. You get the best-automated features and tailored solutions just suitable for your business. Be it any marketplace or framework, these integrations help you pave an easy, hassle-free, sure-shot way to hit your goals, especially during the festive season.

Great Customer Service

Customer experience is the KING! This includes both pre and post-sales services. Personalized content, omnichannel shopping experience, best checkout ad delivery services, customer-centric return policies, and delighting them with offers and discounts generate Recall Value to your brand.

Some great customer delight and engagement practices can add up to your Brand Loyalty and Recall Value. If achieved, increased customer retention can be a challenging barrier to overcome for your competitors.

To help you fasten up your customer service in a short period of time, CedCommerce provides the best check-out solutions, shipping solutions, AI features, marketing, and digital solutions that gravitate your customers towards a great customer experience in your e-store.

Building Brand Equity

This is not just a commendable entry barrier but an achievement in itself. Brand equity surpasses the name of the product or service with the Brand name itself.

To begin with, you can aim at branding your product and positioning it in a way that your consumers identify the product with your name. Let your craft, tools, recipes, merchandise, etc, be names after your brand. Sounds difficult to achieve? With a great team, focused approach, and constant evaluation things are possible.

CedCommerce can help you build brand equity in a short period of time. Right from setting -up an e-store for you to digitally marketing it to boost your brand awareness amongst your target audience, CedCommerce is handholding your dreams throughout, during festive peak season and beyond.

Establishing Brand Loyalty

A loyal customer is what you have actually earned for life. Profits and popularity come and go but your loyal customers will not choose anybody else but just YOU! Numerous brands and start-ups fail because people are not willing to give up their trust in their old brands. This is where another prominent entry barrier comes into play.

By hooking your customers through emotional and psychological pain points you can succeed to address their issues and win their hearts.

High Capital Investment

The focus point here is ‘Investment’. Money is power if channelized in the right direction at right time. The high capital investment shows the best result when invested in modern technologies, advanced software, and the latest trend.

High Capital investment generates a capital barrier because; with the advanced and latest technology, the production increases at low costs. As a result, the rivals are pushed down from eating up the market share.

How CedCommerce can help you build great technical barriers to leave behind your competitors?

CedCommerce can help you build a great technical barrier for your competitors. CedCommerce provides integrations for multiple frameworks and marketplaces. Automating your product listing, order, and data syncing, shipping, and delivery details are all made easy. With other services like Checkout extensions; Shipping extensions, Marketing automation; and digital marketing services you can get an edge over your competitors in the technical part of your eCommerce selling.

In addition, with all automated and AI features, your manual effort becomes almost zero. As a result, it allows you to shift your focus to marketing and strategy building more intensively. A budget-friendly solution tailored as per your business needs enables smooth selling in the eCommerce arena.

To know more about CedCommerce and the right solution for your business, you can contact the experts anytime anywhere. The customer support team is available 24*7 to help and guide you at every step of your eCommerce selling journey.

We wish you a very smooth and profitable selling journey!

This post is exclusively published on seobytech.com

12 Things to Sell on Shopify (Other than Physical Products)

This post is exclusively published on seobytech.com

When you think of selling online, what initially comes to mind? Probably physical products like printed t-shirts, handmade jewellery, or pet supplies, right? Creating or curating tangible goods to sell online is a common business model, after all—one that defines many who use Shopify today.

But when we say “product,” we’re talking about more than just thingsyou can touch and feel. Many founders are using Shopify in creative ways to sell pretty much anything and everything else. Experiences, online courses, rentals, and digital products are just a few business ideas off the well-trampled path of selling physical goods.

The global pandemic hurt many service- and experience-based businesses, but the ones who survived were those who pivoted to virtual alternatives. Consumer trends tell us that online experiences are here to stay, making it easier to start a low-budget business from home—without having to manage inventory. What will you sell on Shopify? 

What to sell on Shopify: 12 ideas (other than physical products)

Unsplash

If you’re embarking on a new entrepreneurial journey, or you’re looking for a change, expand your brainstorming beyond tangible goods. Here, we’ll explore what you can sell on Shopify, including real store examples, app suggestions, and advice to get started.

  1. Service appointments
  2. Memberships
  3. Consultations
  4. Digital products
  5. Experiences
  6. Classes and workshops
  7. Rentals
  8. Quotes, estimates, and assessments
  9. Donations
  10. Event tickets
  11. Digital gift cards
  12. Live streams


1. Service appointments

Close up of hands using scissors and a comp to cut hair
Burst

In-person and virtual businesses alike can make appointments more seamless for customers (and staff) by offering self-serve online bookings. Salons, contractors, and music schools can sell virtual consultation time slots and in-person services through an online store.

Stores that typically sell physical products can also benefit from adding services (free or paid) to their websites. Toufie, an online footwear brand that sells handcrafted custom shoes, uses appointments to help nail the fit. “Appointment bookings are one of the integral components to a risk-free customer shopping experience,” says co-founder Meliza Salim. “And thanks to an app, booking a 30-minute fitting appointment is hassle free for us and our customers.”

💡 How to make it work: Appointment booking apps offer a dynamic calendar, letting customers book preferred time slots with real-time availability. An app like Appointly syncs with Google Calendar and automatically sends confirmation emails to you and the customer.

2. Memberships

A person examines a large painting in a gallery
Unsplash

Many non-profit organizations rely on paid memberships as a way to secure ongoing financial support. Memberships can also be used by creators to sell access to exclusive content for their most avid fans. Golf courses, fan clubs, galleries, and educational content producers are more great candidates for selling memberships online, securing long-term commitment from customers rather than selling one-off services. 

The Buffalo Botanical Gardens sells single visit tickets but encourages visitors to buy memberships that allow year-round access and member-only perks.

All of these business types can sell memberships on Shopify using a simple app. Memberships work much like subscription businesses, relying on recurring payment functionality and customer account management tools.

💡 How to make it work: An app like Bold Memberships allows merchants to sell one-time or recurring memberships online, and can be used for physical businesses (say, a yoga studio) or to manage member-only access to content on a website.

3. Consultations

A person shows another person something on a laptop screen
Burst

Why not sell your expertise online? Everyone from interior designers to fitness trainers can use an online store to book and sell online or in-person consultations. 

Brands that sell physical products can also benefit from adding consultations to the mix—especially if you’re an expert in the field. Healthy Habits Living sells nutritional supplements via its online store, and owner Carly Neubert offers personalized nutritional assessments also for purchase on the site. 

Brands that specialize in customization or made-to-order products may sell consultations to help customers create the perfect product. Kaikini founder Taryn Rodighiero runs her custom bikini business with the help of online consultations to guide customers through the measuring and ordering process.

💡 How to make it work: An app like BookedUp lets customers book consultations with you on your website, syncing with Calendly to avoid double-booking. Also, try Shopify’s invoice generator tool for billing custom services that you sell through consultation. 

4. Digital products

Closeup of an iPad showcasing a portfolio of graphics
Unsplash

Digital products can refer to anything you sell that you deliver in a virtual format—course content, music files, fonts, or other design elements are a few examples. (Note: Later in this article we’ll dive deeper into selling courses, specifically.)

While Thread Theory founders Matt and Morgan Meredith sell physical products like scissors and paper patterns, they also offer a lower-cost option: PDF sewing patterns delivered virtually. Other businesses selling printed materials like magazines or journals may opt to offer digital versions that customers can print at home.

💡 How to make it work: Apps like Sky Pilot and Easy Digital Products can instantly deliver files to customers after a purchase, or send a link to where the files can be downloaded.

5. Experiences

Scenic photo of a landscape with trees and mountains, a few motorcyclists stop for a break
Burst

Experience-based businesses can range from travel and adventure providers to winery tastings to kids’ camps. These businesses can improve the customer experience by offering advance ticket purchases and scheduling options online. 

Aspen Expeditions Worldwide sells rock climbing adventures, international guided trips, and camping expeditions through its ecommerce store. Since the product pages for each adventure do a lot of heavy lifting to inform, educate, and persuade potential customers to make big-ticket purchases, Aspen Expeditions organizes the information by adding tabs to the product description. The company also leverages video content to draw customers into the experience before they buy.

💡 How to make it work: Travel- or experience-based businesses may need to collect additional customer information, like medical concerns and emergency contacts. Use Powr’s Form Builder to create robust and customizable forms. And use video to your advantage: Shopify’s free online video maker can help you create marketing videos using footage from real experiences.

6. Classes and workshops

Two hands hold fitness weights on a green yoga mat
Burst

Independent fitness businesses took a big hit during the pandemic as many were forced to close physical studios and shut down programming. But courses proved to be easily portable to a virtual format. Yoga studios and boxing gyms alike moved to an online model, letting participants buy class passes and attend online.

If I Made creates original creative course content with industry professionals and delivers programming digitally to students—but it didn’t start that way. “Wedding Styling 101 was an in-person workshop curriculum,” says founder Emily Newman. “We then took that content and brought it all online to make it more portable and accessible. Our courses are a combination of worksheets, PDFs, and video.”

Across the world, in Italy, Nonna Nerinamade the same move, responding to the dip in tourism in 2020 by converting her pasta-making classes into an online format delivered globally through her Nonna Live website. Other businesses can sell passes to in-person or virtual classes through a Shopify store, too—think art, music, coding, languages, and more.

💡 How to make it work: An app like Courses can turn your Shopify store into a course platform, allowing you to create lessons to sell online. Create course content using Shopify’s free online video maker and sell it over and over. Bold Memberships is a great option for gyms and fitness studios who want to grant access to a suite of courses.

7. Rentals

Image of a beach with kayaks lining the shore
Burst

Rental businesses are services that make physical products available to customers for a predetermined amount of time. Customers pay for the advantage of using an item for a brief period without the associated long-term costs like storage and maintenance.

Mannequin Madness sells retail props to other shops through its online store, but also rents them temporarily. “I saw a mannequin on Craigslist and was going to buy it for an art project,” says owner and accidental entrepreneur Judi Henderson-Townsen. “When I discovered that the seller operated the only mannequin rental company in town and was leaving the state, I bought his entire inventory.” While its rental catalog is available online, Mannequin Madness uses a contact form to assess customer needs before processing the rental.

Dress rental business The Fitzroy, however, takes a diffself-serve approach by asking customers to select a rental period using a date selector variant available on its product page to “check out” the item. It relies on a simple app and a clear FAQ page to make the rental and return processes smooth for customers and relatively hands-off for its staff.

💡 How to make it work: IzyRent: Rentals & Bookings is an app designed specifically for stores offering rentals. It allows for one-click rentals on your website. Rentals may require extra information to be collected from customers, and an app like Powr’s Form Builder will help you do just that. You can also use a tool like Shopify’s free QR code generator to create QR codes that customers present at pickup.


8. Quotes, estimates, and assessments

Two people build a house frame on a construction site
Unsplash

GoGreenSolar.com sells and installs solar energy solutions for homeowners. Due to the custom nature of the product and the additional work involved in installation, customers can request quotes and expert advice through the contact forms available on the company’s site. Self-serve quote requests save time and staff resources for businesses that provide highly technical services and products. In most cases, quotes are free and used as a sales tool.

Estimates or assessments that are more involved or require an in-person visit may be provided to potential customers at a cost. This is a great marketing tool for the business’ other services. For example, a business that provides home energy upgrades may sell energy audits through a website. The final report would then inform customers how they can recoup the audit cost through energy savings—by buying the business’ upgrades.

💡 How to make it work: An app like Globo Request a Quote can help you gather customer quote requests from your store and convert that quote into a real order.


9. Donations

Volunteers unload donations from a truck
Unsplash

Many charities use Shopify as the merchandise arm of their organization, selling branded goods with profits supporting the cause. But charities and non-profits can also use an online store to “sell” one-time and recurring donations.

An Act of Dog is a registered charity that sells pet paintings, with proceeds supporting various animal rescue organizations. The company also lets customers donate directly to causes through the same website.

💡 How to make it work: Collect custom donations directly from your Shopify store using an app like DonateMate or Shop for Good Donation App

10. Event tickets

Photo of a concert and a crowd holding mobile phones in the air
Burst

Event tickets can be sold easily online using apps designed for this purpose. Online ticketing can be employed by a number of businesses from event spaces to independent theatres to pop-up haunted houses. 

Ticketing site Undertow works with select artists to sell tickets online for music events throughout the US. It uses a paperless delivery method, sending downloadable tickets to customers. 

Run Across America uses ticketing in a different way, selling access to virtual run challenges that participants complete on their own schedule. Purchases include access to a tracking app and a sweatshirt. 

💡 How to make it work: Design, sell, and scan event tickets with the Event Ticketing app that syncs with your Shopify store. Also, you may find Shopify’s free QR code generator helpful to create unique QR codes that customers can present at live events.


11. Digital gift cards

A child redeems a digital gift card online in front of the Christmas tree
Burst

The simplest of non-tangible goods to add to any website is gift cards. From Shopify, you can enable gift cards for most stores. They’re perfect for any business, allowing recipients to redeem codes online for products or services sold through your website.

Home decor brand Apt2B sells branded gift cards in multiple denominations, redeemable for furniture and decor goods through its online store.

💡 How to make it work: Customize your gift card design using Shopify’s free template

12. Live streams

Photo of a camera set up to shoot a live event for streaming
Unsplash

While there are a number of ways to monetize online content through ads and tips directly on social platforms, creators can protect their independence by owning the process end to end. 

Streaming site Fans Live sells tickets to livestream events that customers can access by logging into the site’s portal. The benefit of selling and hosting livestreams through your site is that the content and customer information is owned by you—not a third party.

💡 How to make it work: Integrate an app like Single with your Shopify store to monetize video content and streams, and get access to robust reporting.

Sell (almost) anything on Shopify

What’s interesting about services and other intangible products is that while they may be the heart of your online business, they can also serve as a valuable add-on to a physical products business. Both categories can be sold side by side on the same Shopify store, as many of the examples above show.

If you’re looking for a business idea and aren’t sure what to sell on Shopify, the answer is: almost anything. And for business owners already selling physical products, you’re now set to add services and other virtual products to increase order value and offer convenient options for your customers’ evolving needs.

Frequently asked questions about things to sell on Shopify

What can I sell on Shopify?

You can sell both products (digital and physical) and services (virtual and in-person) on Shopify. Intangible things to sell on Shopify include memberships, consultations, font, installations, event tickets, and digital gift cards. But don’t stop there! Keep looking for your niche—the possibilities are infinite.

What do you need to start selling on Shopify?

Can you sell your own items on Shopify?

Yes, you can make and sell crafts and other handmade items on Shopify. If you’re a maker, you can set up a store to sell your goods directly to your fans. Also consider selling across multiple sales channels, like online craft marketplaces, to extend your reach. You can also sell vintage finds, secondhand items, digital creations, and more.

Is Shopify good for beginners?

Shopify is an excellent platform for beginners. With affordable pricing plans for all budgets and an easy-to-use back end, you can build and customize your store in minutes. Plus, Shopify has an entire ecosystem of business tools that grow with you.

This post is exclusively published on seobytech.com

売上を伸ばすための最も効果的な顧客維持戦略を望みます。

This post is exclusively published on seobytech.com


顧客維持戦略を希望する

1回限りのホリデーショッパーを忠実な顧客に変えるための9つのベストウィッシュ顧客維持戦略

1回限りのホリデーショッパーを忠実な顧客に変えるための9つのベストウィッシュ顧客維持戦略

ced-pdf-title-image

時間が足りませんか? メールでブログのPDFを入手してください。

シェアポスト

今すぐプレイ


player line - 売上を伸ばすための最も効果的な顧客維持戦略を望みます。

忠実な顧客が1回限りのホリデーショッパーの3倍を費やす可能性が高いことをご存知ですか? ウィッシュの顧客維持戦略は、初めての買い物客が忠実な顧客になり、ブランドへの忠誠心を育むことを保証します。

これは、最高のショッピングエクスペリエンスを提供し、コストを削減し、収益を増やし、一定期間にわたって顧客の忠誠心を高めることを計画している戦略です。
忠実な顧客は、より多く購入し、友人にあなたの店について話す可能性が高いため、あなたの売り上げに大きく影響します。 目標は、休暇中だけでなく、季節的な流行が過ぎた後も、顧客があなたの会社と連絡を取り合うようにすることです。
今日の変化する時代では、顧客が王様です。 組織が成功するためには、顧客体験が最も重要な要素になっています。 顧客があなたのブランドを楽しんでいるなら、彼らはそれに固執し、それについて肯定的なレビューを共有します。 その結果、このブランドは人気を博します。
さらに、問題点を特定し、それを修正してより良いサービスを提供することができます。 詳細を調べて、 顧客維持戦略を希望する あなたが大成功を収めるのを助けることができます。

ホリデーシーズンの買い物客と交流する

ハイパーコネクティビティのこの時代では、あなたはあなたと通信するための複数の方法をあなたの顧客に提供しなければなりません。 ソーシャルメディア、電子メール、Whatsapp、またはその他の通信ソースです。

  • ソーシャルメディア は、お客様の信頼を勝ち取り、お客様との関係を築くための最も効果的な媒体の1つです。
  • あなたの買い物客が何を望んでいるかを知り、彼らの問題にできるだけ早く対処してください。

したがって、彼らが他の選択肢を探している場合でも、あなたは彼らの懸念に対処していることを確認しました。 したがって、彼らは他のブランドを考慮しません。

CedCommerceの統合
CedCommerceのWishへの統合 製品に関するコメントやクエリをほぼリアルタイムで簡単に管理して応答するのに役立ちます。 Wishアプリを行ったり来たりする必要はありません。 むしろ、CedCommerceの統合アプリダッシュボードですべてのコメントを取得して検索し、すぐに返信することができます。
このような迅速で効果的な対応は、買い物客に価値を感じさせ、お祝いのラッシュが終わった後でも彼らはあなたに戻ってきます。 ウィッシュの顧客維持戦略でよく計画された「ソーシャルメディアエンゲージメントアプローチ」を持つことは、非常に実り多いものになる可能性があります。

パッケージを工夫する

創造性は、顧客に永続的な印象を残すのに役立ちます。 買い物客を引き付け、あなたのビジネスとのつながりを感じさせるユニークな方法を考え出します。 心地よい色、デザイン、そしてちょっとしたカスタマイズの使用は、顧客を感動させる確実なアプローチです。
調査によると、買い物客の40%がソーシャルメディアでパッケージの写真を共有する可能性が高くなっています。
大多数のブランドはパッケージにほとんど注意を払っていませんが、それはこのホリデーシーズン中のあなたの会社にとって重要な側面であり、群衆から目立つのに役立ちます。 ブランドがパーソナライズされたパッケージを採用している場合、消費者の注目が30%増加する可能性があります。
また、ミレニアル世代を魅了し、あなたから購入する可能性が高いため、持続可能な包装オプションを検討してください。

買い物客にインセンティブを与える

人がどんなに若くても年をとっても。 報酬が嫌いな人は誰ですか? 人々は彼らの購入に対して報われることを楽しんでいます。

「顧客の54%は、忠誠心の報酬と引き換えに会社からさらに購入することを検討します」。

ウィッシュストアへの最初の訪問時に、特別オファーまたは割引で顧客を驚かせたとします。 eコマースビジネスとして、2つの重要な目標を達成する可能性があります

  • まず、最初の製品購入のハードルを取り除きます。
  • 第二に、あなたは最初から忠誠心を築くことを目指しています。

また、買い物客にさまざまな「報酬ポイントを希望する」 買い物客が再び買い物をするときに利用できる「ウィッシュプロモーションコード」。 それだけでなく、小包と一緒に「クーポンコード」を送信することで、顧客を驚かせることができます。 目的は、何が彼らを惹きつけているのかを理解し、その情報を使用して彼らをあなたのサイトに戻すことです。 CedCommerceの統合 アプリは、ビジネスで新しいオファーやエアウィッシュのプロモーションコード戦略を開始するときに、消費者の行動を特定するのに役立ちます。 ブランドのエンゲージメントが向上したかどうかを監視および評価できます。 時間の経過とともに顧客の行動を評価するだけで、肯定的な反応が見られれば、その戦略に取り組み続けることができます。

カスタマーロイヤルティプログラムとは何ですか?

顧客ロイヤルティプログラムは、定期的に会社を購入したり、会社とやり取りしたりする顧客に報酬を与える戦略です。 顧客は、さらに購入するとポイントまたはインセンティブが付与される可能性があり、その結果、買い物客はより高い忠誠度に進む可能性があります。 これらのインセンティブと特典は、買い物客がより忠実な顧客になるか、最良のシナリオではブランドプロモーターになることがよくあります。 無料のもの、賞、クーポン、ウィッシュプロモーションコード、または新製品への早期アクセスなどのインサイダー特典はすべて、考えられる利点です。

顧客ロイヤルティプログラム

買い物客がソーシャルメディアにレビューを投稿するときに、買い物客にインセンティブを与えることもできます。 それは主にあなたとあなたのブランドに利益をもたらします。

全体的な顧客体験を向上させる

上司 カスタマーエクスペリエンス 顧客に利益をもたらし、競合他社との差別化を図ります。 その結果、顧客は忠実になります。 良好な顧客体験は、顧客がブランドとの長い関係を持つことを保証します。
価格以外にも、多くの変数が顧客の離職に寄与しています。 顧客の離職は、顧客サービスの低下が原因であり、その逆ではありません。
「買い物客の86%は、より良い顧客体験のためにより多くを費やすことをいとわない。」

約束しすぎたり、売りすぎたりしたくないでしょう。 データ同期の欠如による達成不可能な目標の狂乱を回避するため。 また、eコマースのピークシーズン中に販売中に冗長なタスクを実行するための時間の浪費は、専門家の助けを借りてください。 あなたがあなたの事業運営を容易にし、時間を節約するのを助けるために特に厳密に働いている人。 Shopifyストアとシームレスに統合することでShopifyストアを自動化します ウィッシュマーケットプレイス Cedcommerceの統合に同期を残します。

Old is Gold-Eメール通信

あなたの会社について顧客に思い出させるための最も効果的な戦略の1つは電子メールです。 あなたは彼らと定期的に連絡を取り合い、特別オファー、プロモーション、そして新着を提供することができます。
自己紹介、ブランドの説明、長期的な関係の構築に使用してください。 あなたの希望の顧客維持戦略に電子メールを含めて、あなたの人気が急上昇するのを目撃してください。
消費者があなたと買い物をするときの行動を追跡し、フォローアップメールで連絡を取り合うのが最善です。
彼らが製品を見るのをやめたが、それらを購入しなかった場合、あなたは彼らが興味を持っていると思うそれらの製品をカバーし、彼らが発売されたときに彼らに知らせることができます。
また、割引クーポンやウィッシュプロモーションコードを送信することもできます。 目的は、何が彼らを惹きつけているのかを理解し、その情報を使用して彼らをあなたのサイトに戻すことです。

カスタマーサポートはあなたのゲームチェンジャーです

カスタマーサービスは常に重要ですが、休暇中はそれだけではありません。 非常に多くの顧客が最初の購入を行うため、優れたカスタマーサービスを提供することで、通常よりも前向きな第一印象を確立する機会が増えます。 あなたの初めてのクライアントは、将来あなたの店に戻るかどうかを決定します。

「カスタマーサービスの改善に取り組んでいる組織の84%が、収益の増加を報告しています。」

成功への最も明確な道は、顧客維持によるものです。 クライアントの満足度を維持することは、より一貫した収益とより正確な予測につながります。 顧客の獲得と維持をマスターすると、組織全体の企業基盤が確立されます。

顧客の大多数は、会社にとどまる動機として優れた顧客サービスを挙げています。 今日の状況では、クライアントの満足度は製品の満足度や価値よりも優れています。

ブランド認知度を作成する

消費者の声に耳を傾け、彼らの意見を聞き、それに基づいて行動し、オンラインストアの品質と顧客体験を向上させます。 これは、コンバージョンを増やす素晴らしい機会です。
問題を解決し、すべての悩みに対処するコンテンツなど、役立つ情報をお客様に提供します。 あなたが定期的に高品質の資料やガ​​イドを投稿すれば、顧客はあなたのサイトを訪れ、あなたのブランドと関わります。

  • 在庫があるもの、その利点、買い物客がそれらを購入する理由を紹介する、CTAで強化された一連のガイドとブログをリリースします。
  • 視聴者のセグメントを疎外しないように、全員に何かをリリースします。

CedCommerceのコンテンツ開発およびマーケティングサービスは、一年で最も忙しい季節に利用でき、迅速なプロモーションの作成やコンテンツの保存を支援し、キャンペーンを管理して最大のパフォーマンスと拡張性を実現します。

カスタマーレビューが重要なのはなぜですか?

あなたの消費者が不平を言わなければ、あなたはすべてがうまくて良いと思うかもしれません。 しかし、彼らは不平を言うほど重要であるとは考えていないかもしれない小さな懸念に対処しているかもしれません。
どこで改善できるかを判断するために、顧客からの意見を求めることができます。
消費者からの問い合わせには迅速に対応してください。 クライアントとの出会いのあらゆる側面は、クライアントが重要であり、彼らのインプットが評価されていることを示す必要があります。
また、ユーザーが生成した情報を活用することもできます。これは、優れた社会的証明であり、信頼を築くのに役立ちます。 買い物客に注文の写真をソーシャルメディアまたはWebサイトの特定のセクションに投稿するように要求します。 また、ストアの商品に固有のハッシュタグを作成し、オンラインストアの商品を共有するときはいつでもそれを使用するよう顧客に勧めることもお勧めします。 写真付きの顧客レビューは客観的な意見として認識され、売上と忠誠心を高めることができます。

重要なポイント

一度限りの購入者を引き付けるのに十分な注意力と賢さがない場合、彼らはすぐに競合他社に流されてしまいます。
あなたはあなたの顧客についてできるだけ多くの情報を収集し、彼らの苦痛の領域を理解し、そして彼らの生活をより簡単にするための解決策を提供しなければなりません。
彼らは忠実な消費者であり続け、あなたがこれらのことをすることができれば、何人かはブランド支持者になるでしょう。
顧客維持戦略がホリデーシーズンの買い物客を長期的に維持し、ブランド認知度の向上とともに売り上げを伸ばすのに役立つことを願っています。 そして、すべてをスムーズに同期させるために Shopifyとウィッシュ、CedCommerceのWish向け統合ソリューションは極めて重要であることがわかります。 それだけでなく、管理の不備や過剰販売に悩まされることもありません。 したがって、売り手に日常のすべての問題に対するオールインワンソリューションを提供します。 彼らがコアコンピタンスに集中できるように。

This post is exclusively published on seobytech.com

Facebook Business Managerの使用方法:開始から終了までのガイド

This post is exclusively published on seobytech.com


Facebookビジネスマネージャー

Facebook Business Managerのすべてがここにあります:Facebookでビジネスを管理するための中心的な目的地

Facebook Business Managerのすべてがここにあります:Facebookでビジネスを管理するための中心的な目的地

ced-pdf-title-image

時間が足りませんか? メールでブログのPDFを入手してください。

シェアポスト

今すぐプレイ


player line - Facebook Business Managerの使用方法:開始から終了までのガイド

FacebookやInstagramのようなソーシャルメディアプラットフォームは徐々にソーシャルコマースに変わりつつあり、企業の成長と顧客へのリーチが容易になっています。 FacebookのニュースフィードからFacebookのメッセンジャーまで、聴衆はビジネス、製品、サービスについて話している。

Facebook Commerce全体でブランドを広めることを考えている場合は、Facebook BusinessManagerについて知っておく必要があります。 これは、すべてのビジネス資産を一元化、安全、および同じ場所に整理するための重要なツールです。 そうは言っても、ビジネスマネジャーとFacebookコマース全体での販売の側面についてすべて知るためにもっと読んでください。

Facebookビジネスマネージャーとは何ですか?

Facebook Business Managerは、ビジネス資産を管理できるワンストップショップの目的地として機能します。 複数のFacebookページ、広告アカウント、Instagramアカウント、および製品カタログをすべて1か所で管理できます。 その上、それはあなたにリストされた機能を提供します:

ビジネスマネジャーの機能

  • コントロール: Facebook Business Managerは、すべてのアクティビティを管理できる一元化された場所を提供します。
  • 安全: リスクを特定し、セキュリティを向上させるために実行できる推奨アクションを確認します。
  • 効率: バッチアクションで複数のアセットを管理します。 複数のページと広告アカウントのパフォーマンスを追跡できます。

Facebook Business ManagerはFacebookの個人アカウントと同じですか?

Facebook Business Managerについて話していると、FacebookアカウントとBusinessManagerアカウントが同じかどうか疑問に思うかもしれません。

Facebook BusinessManagerアカウントが個人アカウントに接続されていません。 ビジネスマネージャーにアクセスするために、個人のFacebookアカウントは必要ありません。 その上、それはあなたがあなたのビジネスに関連する広告とページを監視し、作成し、公開するのを助けます。 一方、Facebookの個人アカウントには、ビジネス、製品、自分などに関する個人情報が保持されます。

Facebookビジネスマネージャーの利点

ビジネスマネージャーを介してFacebookの表面全体にブランドを表示すると、次のような利点が得られます。

Facebookビジネスマネージャーのアドバタンジ

  • 適切なオーディエンスターゲティング: 潜在的な顧客をターゲットにする Facebookの広告を通じて簡単に。 また、さまざまなキャンペーンのカスタムオーディエンスを作成することもできます。
  • 別の広告アカウントを作成します。 提供するクライアントまたはビジネスごとに個別の広告アカウントを作成し、レポートの目的ごとに整理します。
  • 追跡が簡単: 1つの場所からすべてのビジネス活動を管理できるため。 そのため、Facebook Business Managerを使用すると、すべての企業が注文、詳細、およびその他のアクティビティを簡単に追跡できます。
  • ビジネスの洞察: さまざまな広告アカウントでの広告のパフォーマンスを確認し、アセットのレポートを取得して、顧客オーディエンスをより効果的にターゲティングします。
  • 適切なデータを提供します: Facebook Business Managerを使用すると、貴重なデータや製品カタログにアクセスできます。 Facebookの製品セットは、ビジネスマネージャーを使用してはるかに迅速に構築できます。 また、確立された製品カタログを通じて、オーディエンスはより効率的にあなたのビジネスに到達することができます。

Facebook Business Managerアカウントを作成するにはどうすればよいですか?

今まで、あなたはFacebook BusinessManagerの利点についての考えを持っていたに違いありません。 それでは、ビジネスマネージャーアカウントを簡単に作成する方法を見てみましょう。 手順を1つずつ見ていきましょう。

Facebookビジネスアカウントを設定する

ビジネスマネージャーを設定するための最初のステップは、アカウントを作成することです。 すでにFacebookページを持っていることを前提としています。 そうでない場合は、後のフェーズで作成できます。 そうは言っても、Facebook Business Managerアカウントを作成するには、次のことを行う必要があります。

  • に移動します Facebookビジネスマネージャー ページをクリックしてクリックします “アカウントを作成する。”
  • 次のようなビジネスに関する基本的な詳細を入力します。
    • 商号。
    • あなたの名前。
    • ビジネス用メールアドレス。
    • 次に、をクリックします “次。”

Facebookビジネスマネージャーを作成する

  • この後、実際の会社の住所、電話番号、およびWebサイトを入力します。 完了したら、をクリックします “送信。”
  • 完了すると、登録したメールで確認が届きます。 メッセージ内で、をクリックします 今すぐ確認してください。

Facebookのビジネスページを追加します。

すでにお持ちの場合 確立されたFacebookページ、 あなたはそれをあなたのビジネスマネジャーアカウントとリンクすることができます。 または、新しいFacebookページを作成することもできます。
Facebookページをビジネスマネージャーアカウントに追加するには:

  • Business Managerダッシュボードに移動し、[ページの追加]をクリックします。 ここから、すべてのFacebookページとInstagramページをビジネスアカウントにリンクできます。

セットアップビジネスマネージャー

  • 既存のページをリンクするには、をクリックします 「ページを追加」 ページ名またはURLを入力します。

Facebookページを追加する

  • または、新しいページを作成するには、次のオプションをクリックします。 “ページを作成” 次に、それをビジネスマネージャーアカウントにリンクします。

ページをリンクすると、すべての投稿とそれぞれのパフォーマンス指標を1か所で追跡できます。

Facebookの広告アカウントを追加します。

Business Managerを使用して広告を掲載するには、広告アカウントもリンクする必要があります。 に Facebook広告アカウントを接続します。

  • クリック 「広告アカウントの追加」 既存の広告アカウントをリンクしてから アカウントIDを入力します。

Facebookの広告アカウントを追加する

  • 新しいFacebook広告アカウントを作成する場合。 Business Managerダッシュボードに移動し、をクリックします 広告アカウントを追加し、 次に、アカウントを作成します。

Facebookの広告アカウント

  • アカウントの詳細を入力し、をクリックします 次。

完了したら、ビジネスマネージャーアカウントにユーザーを追加することもできます。 これを行うには、Facebook BusinessManagerにアクセスします。 設定に移動。 下 “人、” クリック “追加” あなたのビジネスアカウントに人を追加します。

Instagramアカウントを追加します。

InstagramアカウントをBusinessManagerアカウントに接続することもできます。 これを行うには、ビジネスマネージャーダッシュボードにアクセスし、をクリックします ビジネス設定。 左側の列で、をクリックします Instagramアカウント。 クリック 追加。 ポップアップボックスに、Instagramのログイン情報を入力して、 ログインする。

Instagramアカウント

Facebookカタログを作成する

Facebook Commerce全体でビジネスを立ち上げた後、次のことを行う必要があります。 Facebookカタログをショップに追加します。 これを行うには、ビジネスマネージャーを介してカタログをすばやく連続して作成できます。

  • に移動 経営者 選択します カタログ
  • クリック 「カタログを追加」 に続く 新しいカタログを作成する
  • カタログに名前を付けて、インベントリタイプを選択します。
  • 選択する カタログを作成します。

完了したら、に行く必要があります コマースマネージャー カタログに製品を追加および管理します。

Facebookのビジネスパートナーには別の方法があります。

あなたがeコマースビジネスを持っているなら、あなたはとつながることができます Facebookのビジネスパートナー 手間のかからない販売のため。 Shopify統合ソリューション FacebookとInstagramのショッピング の機能が装備されています Facebook Business Extension(FBE)。 Facebook Business Extensionと統合することにより、複数の業種にわたる顧客向けのFacebookビジネスツールの幅広いスイートのロックを解除できます。 Facebookショップページショップ、 FacebookマーケットプレイスInstagramショッピング、 Facebook広告、 とはるかに。 その上、アプリはあなたの販売の旅全体を垣間見ることができます。 アプリのダッシュボードには、商品、注文、収益、最近のすべてのアクティビティに関する情報が表示されます。 したがって、販売体験をシームレスにします。

まとめる

Facebook Business Managerは、すべてを1つの中央の場所に配置することで、ユーザーのアクセスとアクセス許可に関する多くの懸念を解決します。 Facebookは活動の追跡を容易にし、店舗を横切ってビジネスをしている場合はプロセスを合理化しました。 Shopify また WooCommerce、 あなたはと接続することができます Facebookのビジネスパートナー Facebookコマース全体でショップの準備をすぐに完了できます。 さらに、ビジネスマネージャーを使用すると、あなたのようなブランドは、一度に複数の広告アカウントにわたって複数のレポートを実行できます。 では、なぜ待つのですか? Facebookに参加して、それに応じてビジネスを拡大してください。

This post is exclusively published on seobytech.com

Finding Sweet Success with Sugar Free Beverages

This post is exclusively published on seobytech.com

One fateful dinner party led Cristina Ros Blankfein and Jennifer Ross to ideate the zero sugar beverage products behind Swoon. The ladies got to chat about Jennifer’s type one diabetes diagnosis, and the two of them wanted to create sweet beverages without the health impacts of sugar. In this episode of Shopify Masters, Cristina shares with us their approach to finding and working with flavor scientists, manufacturers, and trade shows.

For the full transcript of this episode, click here.

Don’t miss an episode! Subscribe to Shopify Masters.


Get it on iTunes Badge US 1114 - Finding Sweet Success with Sugar Free Beverages spotify listen badge - Finding Sweet Success with Sugar Free Beverages

How one dinner party led to a multi-product beverage business

Felix: Tell us about the evolution of the business. Where did it all begin? 

Cristina: We came up with this because my partner Jen is type one diabetic. We’re very mission driven in wanting to decrease sugar consumption, but also realistic in knowing that we have to create a product that still gives you that taste and feel–that super celebratory happiness of sugar. It feels great, and that’s why people turn to sugar all the time, but we all obviously know the negative health impact. So we wanted to replicate that feeling. We got started because we were in business school and Jen came over to a dinner party that I was hosting. I love to host. I’m Cuban. I was making a mojito, and as I’m sitting there looking at my diabetic friend, I’m pouring in a cup full of white table sugar to boil it down to make the simple syrup. I realized, “Oh my goodness.” It made me realize how bad a lot of the things that we drink are for us.

Then we hopped in the car, rushed over to Whole Foods, thinking, “Whole Foods, great ingredients, great products, it’s healthy enough,” right? We couldn’t find anything that made sense for her, other than, quite literally, soda water. That really set us on our journey. Our first question was, “Do things like this not exist because they can’t be made?” From the beginning, we were super hyper focused on the taste profile. We have a line that includes simple syrups, cocktail mixers, and then most recently we’ve launched iced teas and lemonades.

A can of classic Swoon lemonade against a blue background along with lemons displayed.
Business school seatmates Cristina Ros Blankfein and Jennifer Ross decided to create zero sugar beverage products and launched Swoon.Swoon

Felix: Were you in business school with your partner? 

Cristina: We were. We were classmates and we were actually seatmates, which struck up our friendship. A little bit of happenstance got us here.

Felix: Were you both interested in entrepreneurship specifically? 

Cristina: Honestly, no. We were both open to it, but we weren’t like white-boarding, like, “Let’s just come up with an idea.” We really came at this as consumers.

The highs and lows of a two year research and development phase

Felix: You discovered that there was a need here, and that there currently wasn’t any solution. The next question was “why hasn’t anyone invented this yet”? Where did you go from there? 

Cristina: We started off by trying to create all the flavor profiles that we wanted to make with kitchen ingredients, including sugar, obviously. Then we took it to flavor scientists to help us understand how to make it, but without sugar. We used monk fruit. We did a whole battery of tests knowing that our true north was that we are going to have a zero grams sugar product. What are all the different alternatives? We very much wanted to be plant-based. We didn’t want to replace one thing that’s not great with something else that’s not great, like aspartame.

So we really looked at the world of what makes things sweet, that’s plant-based, that has no glycemic impact. We did so many trials and testing around different alternative sweeteners, and landed on monk fruit as the ingredient that we felt blended the best and created the smoothest flavor. Making the simple syrup was a two year R&D process, because it is so challenging. Sugar is a pretty powerful ingredient, and it’s so challenging to hit the rounded taste profile of sugar. We really worked closely with bartenders and baristas–all the places that simple syrup is used. We were lucky enough to get to go to the Bon App test kitchen, and really do so many blind taste tests to understand how to replicate that full mouth feel of sugar.

Felix: You mentioned you started in your home kitchen and then took the idea to the chemists. How do you find a flavor scientist to work with?

Cristina: When we started this, we were like, “A what? How do we even go about that?” We were in business school, so we were lucky enough to have access to what was called the iLab. It was an innovation lab that brought together entrepreneurs, and operators in many different industries to help students out. We were in Boston, which has a really interesting tech scene, but also an interesting food tech scene. Through that, we connected with somebody who put us in touch with the first flavor lab we worked with.

Felix: It took two years to create the simple syrup. What did that process look like? 

Cristina: It took the flavor scientists and a bunch of other trade specialists to hit the flavor because monk fruit is 200 times sweeter than sugar. You’re using small, precise amounts. We use things to make it sticky, a little bit tacky, to give you that lingering sweetness. A lot of high-intensity sweeteners have this “bam,” peak. I’m sure all of us have experienced it. It’s not fulfilling in the same way. That’s what we really wanted to achieve. It was a lot of tinkering, a lot of measuring, and tweaking.

It’s an art as much as a science, with precision. The other thing we’ve learned–and I’m sure any chef, bartender, or barista would also say–is ingredients and taste all come together differently. When you reduce the sweetness a little bit, all of a sudden, the impact is that it’s actually sweeter, because in changing that balance, you shifted the citrus–the acids and bitters. All of these things come together. It’s a really complex process.

The other part of commercializing food and beverage products is that you can get something to taste great and be extremely balanced in a lab setting, but taking that and making large quantities of it can also change the flavor, because of the way we heat the product in order to not use artificial ingredients as preservatives. We have to create a vacuum, and so we heat it and create a vacuum, but the way that’s done on a small scale versus a large scale alters the product.

A group of four hands holding different versions of Swoon’s lemonade in front of a model wearing a purple top.
The pandemic pushed the Swoon team to create more products and pivot to lemonade and iced teas. Swoon

Felix: There are lots of considerations to make as you scale. You’ve now developed the product line to multiple products. What was that development process like, introducing new products? 

Cristina: We ended up introducing the simple syrup in 2019. We took the approach of focusing on the food service world. We had developed some great relationships. We’re also based in New York where the food scene is amazing. We worked with some top bartenders and baristas to really help us out. That’s where we introduced the product initially–through the trade–and for customers to be able to interact with it. Things drastically changed for the trade-in 2020 when COVID hit, especially in New York, where we had a lot of shutdowns. We ended up launching our mixers under the Swoon name, in March 2020. That ended up being pretty online. Later on, in August 2020, we launched our line of lemonades and ready-to-drinks.

A lot of it was just following the consumer. We got to the simple syrup because we were making mixers, but our trade partners kept saying, “I’d love to use a monk fruit simple syrup instead of the full blended mixer,” because that gives them much more flexibility. We launched the simple syrup. In working with the simple syrup, we would often tease people at trade shows and sampling events with a lemonade because it was the easiest way for us to show how smooth and well-balanced the simple syrup was. We’d put one part Swoon simple syrup with one part fresh lemon juice, and then dilute it with water. It couldn’t hide behind the bitterness of a coffee or a tea or the complexity of a cocktail. When we would make that, everyone would say, “Wait, I want that outcome. I want to bottle this lemonade.” That took us to the lemonades.

How Swoon won over baristas and bartenders

Felix: You mentioned that you started out working with bartenders and baristas. What are the pros and cons of introducing a product to the world through the service sector? 

Cristina: There’s a few things. One is that you have to develop your partners, not only as your buyer, but also as your sales team. When you go to a bar, the bartender really is the gatekeeper. When you go to a coffee shop, of course people often have their order, but they still ask for advice and opinions. It’s this layered relationship where you both are looking to these gatekeepers to bring in your product, but then ultimately sell it in a slightly different way than is the case when you’re talking about a CPG product at retail. Obviously online, some of those gatekeepers don’t exist.

A pink lemonade can from Swoon against a yellow background with strawberries and lemons in the frame.
By building a relationship with establishments, the Swoon team got baristas to introduce their products to new customers. Swoon

Felix: I can imagine there needs to be some sort of incentive for a barista or bartender to introduce a new product to their customers. What was your approach to that? 

Cristina: It really comes down to relationships. At least that’s how we’ve conducted our business. At the end of the day, people want to do business with people that they like and trust. The majority of our focus was in developing those relationships, more than anything. You’re absolutely right. A lot of selling and sales strategy is understanding your customer.

One of the hard things, when you’re at a bar, a coffee shop, or a restaurant is that they have so many demands coming at them from so many different angles. They’re on a tight timeline, and really streamlining operations is super important. Adding new products and new steps is really hard, and pretty unappealing. We need to understand their pain points and figure out, how to create a solution instead of adding another step? That was important for us in terms of the bottle shape and size and just making sure that it worked with their operations and what they were trying to deliver to their customer.

Felix: You mentioned your initial vision or intentions to launch were cut short pretty early on. When did you realize it was time to think about pivoting? 

Cristina: We had been working on those relationships for about a year, and selling for about a year. It was less of a pivot and more of a shutting down. There were these moments in the summer where we started to get reorders again and hear from our food service partners. Going back to those relationships is super valuable. It was kind of needing to change all of us together. Those tracks that we laid are obviously going to continue to work through.

Managing B2B and B2C relationships in one business

Felix: What have you learned from your experience with the food service world? In a sense, you’re running a B2B and a B2C company. How do those relationships differ?

Cristina: The operational piece was really valuable to hear and understand. You can’t have a product that goes bad once you open it. Or how to store it. There are a lot of components that impose different considerations when positioning toward the end consumer versus the service sector, because they have so much going on and they’re so hectic.

The food service space has tight margins. I didn’t realize how down to the fraction of a penny each bar thinks about when considering the cost of their drink and the different ingredients that they’re putting into it. They work off very narrow margins, and so they’re pretty precise about understanding how to create an offering that the customer wants and at a good enough price, but is not so expensive for them to make.

Felix: Is it typically the bartenders and baristas that decide whether to order your product? 

Cristina: Sometimes. It really depends on the restaurant group and how things are run, in terms of who does the ordering. You’re right, there’s oftentimes a general manager that does all of the ordering at these shops. There’s several different parties to speak to.

Felix: What did the transition look like, when COVID hit and you had to start pivoting toward focusing on a B2C model? 

Cristina: We already had our own DTC presence on Amazon and also in some retailers. We weren’t caught totally off guard. It was mostly just refocusing on those pieces. One of the hard things was, like many people early on, we just didn’t know how long it was going to last. We did a lot of reshuffling of our team. We had people who are core infield sales team members who liked social media running a whole influencer program for us, and really being flexible and dynamic.

That was a really wonderful outcome within our team to see, just so many different people stepping up and challenging themselves in different ways. And having the mindset of, get it done and do what it takes. One of our lessons learned was the value of diversity in your business. Oftentimes you hear, don’t have just one big customer that you rely on. I think we also learned, don’t have just one sales channel that you rely on.

Boiling beverage sampling down to a science

Felix: You mentioned that a lot of your product development was guided by consumers. How were you gathering that feedback?

Cristina: This was a real challenge in COVID. We love sampling our product. We really stand by the taste and flavor of our product. We believe that the best way to market our product is to have people try it. Especially because it is a zero-sugar product. People hear that and they think, “Oh, gross, it doesn’t taste good.” Or, “Is it actually good for me?” Being able to express–in this experiential way, “Hey, it’s delicious,” is super valuable to us. A lot of the feedback that we get is in sampling. In normal times, we run sampling programs, whether they be with our retail partners or in and around the cities that we are in and have a presence.

That’s where we get the majority of our feedback. We also have our own site, and so we do reach out to our customers. We take customer calls. We survey our customers–trying to keep it always short and sweet. We email customers to develop those conversations. We also have a VIP Facebook group for some of our super fans, where we can dip in to ask questions and understand what problems that we can help with.

 Four different beverages by Swoon are displayed against a grass background.
To get new customers, the Swoon team worked with retailers to set up sampling events. Swoon

Felix: In order to do the sampling–do you just reach out to the venue to set up a sampling event? 

Cristina: Yeah, that’s right. Some of it is understanding what events are already happening and reaching out to see if they want a beverage partner. Some of it is partnering with other brands and being on their shortlist for when there’s a need. Some of it is working directly with our retailers to set up sampling events.

Felix: When you’re doing these sampling events, do you ask any specific questions to prompt feedback, or are you just trying to get their immediate reactions?

Cristina: We mostly just want people to taste it and to have exposure to the product. To be able to introduce our product on our terms, to give a little bit of the education behind it, a couple talking points. Having a nice branded experience is obviously also important. But really it’s just about having people taste it.

Felix: Were you able to develop marketing or educational content around the feedback you received? Did that go on to inform your marketing strategy? 

Cristina: Yes, absolutely. One of the things we learned early on in the lemonades and iced teas–which we launched in the middle of August last year–was that one of our products wasn’t sweet enough to people and didn’t deliver on the full flavor promise. The feedback was pretty immediate and based on that, we made it sweeter.

The key to surveys: Keep them short and sweet

Felix: What kind of questions are you asking in your surveys to optimize the business? 

Cristina: We really try to be short and sweet. We understand people are busy and we want to be able to get statistically significant responses, so we try to keep it short. We will survey differently based on a very clear set of criteria. We’ll have a survey around, “What flavors do you want to see next?” And that’ll be the extent of the survey. Then we’ll have surveys around, “How’d you hear about us?” So we can understand what marketing channels are working. We have a survey around, “Where do you want to see us in terms of shopping? What is the best way for you to get our products?” We try to segment it so people have clarity on what we’re asking/ trying to get out of it. Don’t ask too many questions all at once. We see drop-offs sometimes when we have longer surveys.

Felix: Has there been any feedback in these surveys that have surprised or enlightened you? 

Cristina: One thing that is always extremely encouraging is the number of people that hear about us through word of mouth. Early on that is always a surprising metric to have. To have any word of mouth, let alone a significant amount of it, is surprising. We’d love to see that grow over time. The most important thing for us is to develop people who fold our product into their lives. That really helps us accomplish our goal of decreasing sugar consumption. When they’re using our products, they’re not having a sugary beverage. Seeing those word-of-mouth numbers are always the most encouraging, and still sometimes a little bit surprising, because you’re like, “Oh yes, it is working!”

Felix: You also mentioned a Facebook group for super fans. How did that come about? 

Cristina: It’s a trend to talk about communities. For us, it really was about creating a group, because of our product. We wanted to understand the different ways people are using it, the different recipes, what brought them to it, what keeps them with us. We can have those conversations in our Facebook community. The other piece is not just having conversations between us and the customers, but between customers. Recipe sharing was one of the reasons that we originally started it.

Felix: You just built it up with an email blast? 

Cristina: Exactly.

Judge your production partners by how they handle mistakes

Felix: You mentioned the product line took two years of research and development, and that you’ve now expanded with three or four new products. What have you learned along the way that has helped streamline that process? 

Cristina: So much. There’s so much that you learn after you do it once. A piece of advice that we got very early on that we stuck to is quality and having really strict quality control guidelines. That’s something that eventually becomes second nature. What that means is when you go to a factory, what are the right questions to ask a manufacturing facility. What does their storage look like? All of those pieces you learn along the way. Over time we’ve gotten so much better at vetting our partners by knowing what to look for. That holds true across everything. The relationship piece as well. It’s so much easier to be able to pitch a new product line extension–or even a new product line–to people who believe in our mission and see the value of our products.

Felix: What are some of the most important kinds of questions to ask when you’re vetting new partners? 

Cristina: A lot of it comes down to what happens when there is an issue and how do they spot the issue. Early on, we were at all of our runs, but at the end of the day, you want to get to a place with your partners where they’re running it without you. You want to understand what their processes are, and their checks and balances throughout the process, to make sure that everything is going well. Understanding their internal processes is extremely important. Understanding how they react to finding something wrong. One of our early partners, and we’ll always have so much respect for them because of this, but they caught an issue one time where basically they were taking an ingredient that was for one of our SKUs and putting it in the other SKU. They flagged that to us and they reran it on their dime. That level of integrity, of issue spotting, was extremely important to us.

A peach-flavored iced tea by Swoon is placed on a blue table with fruits and sunglasses in the background.
To achieve the same taste in a mass product, Swoon follows a strict recipe and instills taste testing in its production process. Swoon

Felix: You mentioned quality control guidelines. What are the most important things to pay attention to or talk to your potential partners about when creating a food or beverage product? 

Cristina: A lot of this can be very product specific, but to keep it more general, we have very strict recipe instructions around the product to make sure that it creates that vacuum seal that I had mentioned. It’s not really a vacuum seal, it’s more just to make sure that there’s no air in the product so it doesn’t spoil. Again, we don’t use artificial ingredients. We need to make sure that they have tight boundaries on understanding the temperature that they’re running our product at, what’s acceptable in terms of receiving product, and how they store product. All of those go into their quality control guidelines.

Felix: How do you enforce these guidelines and make sure they’re being followed? 

Cristina: We still do go visit. We try the products and inspect all the products off the line. Obviously what matters to us the most is the integrity of the product. We care about the whole brand experience. This goes right down to labeling and having a slim margin of what’s acceptable of proper labeling onto the cans and bottles, too.

How email automation and organic media help with retention 

Felix: Now, I know you had an online presence before COVID. What are some of the ways you’ve been able to drive that direct-to-consumer traffic? 

Cristina: We do a whole spectrum of organic and paid. We also really focus on the retention piece. We have loyalty programs. We’re really excited about our loyalty programs, even though no one uses it this way. I’m so excited for someone some day to use it. Our loyalty program actually counts purchases that are made both online and in-store. We were excited about that piece. We built it out almost entirely with our email list and SMS.

Felix: How do you keep track of both online and in-store?

Cristina: With the receipt.

Felix: You have a big emphasis on retention. What are some of the ways you’ve brought customers back? 

Cristina: We review them all the time. We have design in-house, which helps to create that fast-switch ability to do a lot of segmentation and automation on email which has helped us with retention. Being clever and testing out different calls to action to bring people to site, really understanding the reorder cadence of the different SKUs. Then also making it a very specific reminder based on that, are all ways that we have reminded people to come back into the funnel.

The other part of it, too, is social media, right? The organic side does support, as does retail presence. Some of it is just reminding people of things like, “Oh yeah, I liked that. I should order that again.” If they see a beautiful photo, an influencer posting about it, or they see it in-store, all of those for us are different touch points, even if they don’t seem like they’re as integrated with the direct call to action for retention.

Felix: Repeat customers are a bit initiative for you. Do you have an email flow for when you think they might be getting low on products? 

Cristina: Exactly. We’ll say things like, “Hey, you’re probably running low at this point.” 

Felix: You must have a great email drip campaign. Are there certain things you’ve found work really well for encouraging repeat purchases? 

Cristina: Giving people occasions and reasons has been helpful. We do pay attention to the holiday calendars, and create other use cases and occasions for people to purchase. Being mindful of why the customer would come back, and trying to answer that question, then marketing it in that way.

A classic lemonade by Swoon held by a model in purple clothing.
Swoon fills its social channels with beautiful photography Swoon

Felix: What platform does your team invest the most in for organic?

Cristina: Instagram has been the platform that we’ve invested most in for organic. We can really showcase beautiful photography by nature of some of our products, the ingredients. We design in-house, which also allows us to focus on a channel that has a lot of visual appeal. One of the things that we have always wanted to do is to make people feel the sugar without actually drinking the sugar. Using a lot of visuals to cue “celebration” has been important for us.

We are also enjoying dipping our toes into TikTok. It’s a really fun information exchange channel. One of the things that’s interesting about TikTok in a way, as compared to Instagram, is that people actually learn stuff from it, and use it for educational purposes. Of course, there’s all the silly dances and other content on TikTok. But again, just by the way that they’re stitched together, there’s a lot of blurbs and call outs as well. The speed of information makes it a really strong education channel. We’re playing around by telling our take sugar down story and more humorous sort of zippy ways on TikTok.

Outsourcing content creation to the professionals–the influencers

Felix: What is your content creation process like for Instagram and TikTok? How do you ensure you’re churning out high quality content? 

Cristina: It’s honestly a real challenge. Content creation is extremely labor-intensive, and takes a ton of creative time to have a point of view on it. Even just posting it. We really value content creators and the work that goes into it. We currently create in-house, but are increasingly reaching out to do gifting and influencers with content creators so that we can repost a lot of their work.

Felix: How do you identify influencers to work with?

Cristina: We consider a combination of things. We have influencers who’ve been wonderful partners of ours that we’ve built up over time who we go back to often. Really starting to develop and focus on those relationships is important. I’ll be honest, I think this is an area that we can definitely do more work on, and want to do more work on over time. It’s a work in progress. We’ve worked with a great influencer agency to help us build out that roster. But some of it’s as simple as getting on social and reaching out to people ourselves, as well as having inbounds from people who want to work with us.

Felix: How do you ensure that the influencer is emphasizing the health aspect of your product, and not just the fact that it’s a tasty new drink? 

Cristina: The reality is, you have to think about the influencers as really knowing their audiences and having their own brands, too. We don’t ask for that much control. Because what will work and resonate with their fans, they know best, not us. When it comes to the mixers and the simple syrup, we have a bright line rule, which is, if you’re making something with our products, please don’t make it with things that add sugar. That’s our one request, because of why we started this and what we’re trying to accomplish. We want to be able to show and showcase recipes that don’t have sugar in them. Otherwise we really leave it to the content creators to create.

Felix: Speaking of the imagery, I really love the packaging. Talk to us about the development process behind designing the packaging. 

Cristina: That is more art than science, for sure. I know I’ve said this a few different times–we design in-house. We have two women on our team, Hannah and Brittany. And Hannah has really led all of the creative for all of our packaging. And it’s so powerful to have somebody who is so steeped in the brand, really believes in the brand to do packaging. Because at the end of the day, we think our liquid and our packaging are actually kind of, one and two, our best marketing tools. Right? If it tastes great, people would just buy it. And if it looks great, that really helps to pull it off the shelf and communicates what it is.

And so going back to your question of having some experience. I think we’ve been able to develop tighter and tighter briefs over time of exactly what the call outs are and what matters for shelf appeal. And knowing that customers have like nanoseconds of time to glaze over the shelves. And making sure that our key points come through. Some of it is in language, but a lot of it is just overall look and feel impact.

How to differentiate SMS from other marketing channels 

Felix: What did the creation of the website look like? 

Cristina: We actually haven’t done that much on our website since we launched in 2019. We’ve done some iterations to add SKUs, and a little bit of merch. The reality is, in terms of our DTC business, we do have specialized landing pages. We’ve iterated on those. That’s been helpful, because that is something that we do keep refreshing based on feedback and conversion metrics. The overall website has stood the test of time, which goes back to the importance of building a powerful brand visually. If you have a strong point of view of what the brand is and how it looks, then it lasts.

Felix: Are there certain apps or tools that you rely on to help you run the business?

Cristina: Yeah. We use email capture apps, which helps with privy. We use Klaviyo. We think email is such a powerful tool for us for retention and communicating our brand, values, and products, so we use Klaviyo for email. We use LoyaltyLion for our loyalty program. We have reviews with Yotpo. We definitely use a lot of different apps.

A cooler filled with ice and packed with four different ice teas by Swoon.
Separating SMS and email to ensure customers and subscribers don’t get overwhelmed with messaging allows Swoon to cater to different launches and individuals. Swoon

Felix: Talk to us about the messaging you send through email versus SMS.

Cristina: Yeah. SMS right now is the wild west when it comes to marketing. It’s just not super developed in the US right now. Any customer whose phone number we have, we feel a responsibility and like we really have to take care of that. We use SMS sparingly, and mainly for something that is of value to our customers. For example, we use SMS when we have a new product launch. We have exclusivity for our SMS list and our super fan customers to get the product first and have early access to it. We use SMS for deals. Again, something that’s a real value to the customer. We don’t use SMS as abandoned cart reminders or other things like that, just because we don’t want to overload people on that channel.

Felix: One thing I love on the website is you have a section dedicated to recipes. When did you introduce that into the website? Have you found that it increases conversions? 

Cristina: We did it really early on. It comes down to being an ingredient. We wanted to give people ways to use it. It’s definitely been a help for us throughout, and we see increased conversion rates with users who visit that page first. We’ve solicited recipes from our customers, from different trade partners, and really do like our recipe page a lot.

Felix: What do you think is going to be the biggest challenge for you and the business that you’re focused on tackling this coming year?

Cristina: The reality is that we sort of are at this inflection point where we have historically had a strong online presence for sales. We’re shifting to have our retail be larger than our online presence, just by nature of getting more distribution and bringing on new retailers. This year, one of our challenges is shifting a little bit the center of gravity for the whole team to think more about retail and the retail customer journey, retaining and talking to that retail customer. Digital is a very great tool to market to and to have communication with our retail customers, but it definitely creates a more arms-length relationship than when it is direct on our site, or even on Amazon. That’ll be our big challenge–shifting the team, the culture, and the marketing to take care of and grow the retail channel.

This post is exclusively published on seobytech.com

INBOUND 2021の事前チェックガイド:新しい没入型エクスペリエンス

This post is exclusively published on seobytech.com


HubSpotインバウンドイベント

INBOUND 2021の事前チェックガイド:新しい没入型エクスペリエンス

INBOUND 2021の事前チェックガイド:新しい没入型エクスペリエンス

ced-pdf-title-image

時間が足りませんか? メールでブログのPDFを入手してください。

シェアポスト

今すぐプレイ


player line - INBOUND 2021の事前チェックガイド:新しい没入型エクスペリエンス

HubSpotが主催するINBOUNDのメガイベントには、影響力のある人、有名な講演者、そして才気あふれる人々が集まっています。イベントの日程は、2021年10月12日から2021年10月14日まで米国マサチューセッツ州ボストンで開催されます。 これは、世界中の企業が成功を収めるのを支援するユニークなオンライン体験になります。

このイベントには、1対1の会話*、ビジネストレンドの変革、実用的な洞察、ビジネスとテクノロジーの未来を形作るメモなど、多くのイベントが含まれています。 さらに、セッションはよく計画されており、Covid-19を念頭に置いて、イベントはオンラインで行われるため、世界中の人々がイベントに参加でき、業界リーダーの意見から利益を得ることができます。 セッションは、リモートワークを念頭に置き、オーディオセッションとオンデマンドセッションおよびコンテンツへの参加を念頭に置くように設計されています。

HubSpotはどのようにビジネスに革命をもたらしていますか?

HubSpotは最高のCRM(顧客関係管理)プラットフォームの1つであり、新しいリードを引き付けて有料の顧客に変えるのに役立つ多くの優れた機能を備えた信じられないほどの無料版を提供します。HubSpotは手作業を減らし、自動化されたワークフローに置き換えます。 HubSpotは、120か国の多くの既知の企業から信頼されており、そのような幅広い顧客を抱えるHubSpotは、ビジネスに印象を与えることに失敗することはありません。 同じリーグで、HubSpotは毎年いくつかの重要なイベントを開催し、企業がインバウンドマーケティングの重要性と、ビジネスの向上のためにそれを実装する方法を理解できるようにしています。

待望のINBOUND2021のすべて

「HubSpotによると、 イベント は、「完全に没入型のオンラインエクスペリエンスであり、変革をもたらすビジネストレンド、積極的な会話、そして将来に感謝する重要な実用的なポイントにアクセスできます。」

無料登録&パス

HubSpotは、世界中の人々がオンラインのINBOUNDイベントに簡単に参加できるようにしました。そのため、HubSpotイベントの登録に「スターターフリーパス」と「パワーハウスパス」を149.00ドルで提供しています。 ただし、スターターパッカーを使用すると、次のようなスピーカーを聞くことができます。 オプラ・ウィンフリーヤミニランガンダーメッシュシャーブライアン・ハリガン、など。PowerhousePassを使用すると、参加者はすべてのセッションとイベント、教育ブレイクアウトセッション、セッションコピーオンデマンド、および業界リーダーとのライブインタラクションにアクセスできます。 INBOUND 2021に参加するには、今すぐ登録してください。

INBOUND 2021イベントの恩恵を受けるのは誰ですか?

インバウンドイベントはマーケティングイベント以上のものであり、あらゆるビジネスや新しいイベントの開始を計画しているすべての人に利益をもたらします。 ただし、このイベントでは、販売、マーケティング、カスタマーサクセス、HubSpotソフトウェアユーザー、マーケティング、および収益運用チームに関連する人々が最も価値を見出します。

INBOUNDイベント2021の講演者

HubSpotは、100人以上の講演者が販売とマーケティングに関するセッションを発表することを発表しました。 これが既知のスピーカーのリストです

スピーカー

  • オプラウィンフリー-最大のスポットライトスピーカー
  • HubSpotの最高経営責任者、Yamini Rangan
  • スパイク・リー、作家、映画監督
  • Abstractの最高経営責任者、Kelly Watkins
  • Netflixの愛国者法のホストおよび作成者であるHasanMinhaj
  • ブルーランドの共同創設者、サラ・パイジ・ユ
  • ジュディス・ヒューマン、アメリカ障害者権利活動家
  • Walker&Co。Brandsの創設者兼CEO、Tristan Walker
  • @onlyfansの創設者、Tim Stokely
  • Survey Monkeyのデマンドジェネレーションマネージャー、Mike K. Tatum

インバウンドアジェンダとセッション

セッションの参加者は、セールス、カスタマーサクセス、マーケティング、RevOps、HubSpotAcademyを含む5つのトラックから選択できます。 によると HubSpotアジェンダ。 以下は、イベントのハイライトされたセッションです。

ドメイン

販売

  • 生産性を損なうことなく5人から50人の営業担当者に成長する方法
  • 3番目のリストを使用して、売り上げを増やし、紹介販売者になります
  • セールスマネージャーの成功の秘訣

マーケティング

  • 創造性は制約の中で繁栄する:成功したブランドがどのようにビデオコンテンツを作成するか
  • 製品設計方法論によるキラーSEO戦略
  • それはマーケティングではありません。 Go-to-Marketです

HubSpot Academy

  • フルCRMを使用することで、チームがどのようにチームを実現し、収益の成長を促進するか
  • インバウンドリードをリード育成ワークフローの継続的なサイクルに関与させ続ける
  • HubSpotを使用した強力なABM戦略の7つの基礎

カスタマーサクセス

  • 顧客教育
  • 成長のために必要なものCSチームの拡張を可能にするカスタマーオペレーションチームを構築する方法
  • 行動科学を使用して顧客の成功を改善する

RevOps

  • RevOpsのクラッシュコース
  • スケーリングの正しい方法:ビジネス理論の構築
  • 組織でRevOpsに革命を起こす90日

このイベントは、マーケティング、販売、顧客の成功に基づいており、焦点を当てています。 参加者は、要件に基づいてセッションを選択できます。 イベントに参加する方法は主に3つあります。

イベントに参加する方法

ライブセッション–ライブセッションを表示し、他のセッション参加者と対話できます 出会う–ネットワーキングの機会を持つ仮想イベントは、セッションの参加者がアイデアを交換するのに役立ちます。 オンデマンド–参加者は、自分のペースで時間に応じてセッションを見ることができます。

INBOUND2021に参加するCedCommerceチーム

CedCommerceは、HubSpotの優先パートナーであり、健全な統合ソリューションを提供する認定HubSpotソリューション開発者です。 HubSpot統合ソリューション CedCommerceにより、売り手はより効率的に販売することができます。 あなたが連絡できる重要な人々 CedCommerce HubSpotインバウンドイベント2021への参加は次のとおりです

Abhishek Jaiswal CedCommerce、MageNative、MakeWebBetter、およびBotMyWorkの親会社であるCEDCOSSの共同創設者兼CEO。

Mudit Shukla CedCommerce、MageNative、MakeWebBetter、およびBotMyWorkの親会社であるCEDCOSSのディレクター

ヴィシャルクマール CedCommerceのシニアソフトウェアエンジニア

Syeda Nabeela Fatima 事業開発アナリスト| HubSpot認定| HubSpot&Mauticスペシャリスト

基調講演と洞察をどのように得ることができますか?

CedCommerceに接続して、セッションのすべての基調講演と貴重な洞察を入手してください。 CedCommerceをフォローすることを強くお勧めします ツイッター Linkedin イベントとセッションのすべての最新の更新。

最終的な考え

HubSpotのINBOUND2021は、「自分自身への投資」のようなイベントです。 あなたのビジネスを新たな高みへと導くことを楽しみにしていて、INBOUND方法論に興味があるとしましょう。 その場合、このイベントはあなたのビジネスの管理に役立ちます。 HubSpotのパートナーであるCedCommerceはこのイベントの一部であり、Twitterやその他のプラットフォームでフォローすることで基調講演を入手できます。 ヘルプが必要な場合は、これをクリックするだけです。 ヘルプリンク HubSpotイベントの詳細を知るため。



This post is exclusively published on seobytech.com

CedCommerceが発表したすべてのMagento拡張機能がフラット20%オフ

This post is exclusively published on seobytech.com


Magentoのホリデーシーズンのオファー

CedCommerceは、このホリデーシーズンにすべてのMagento拡張機能がフラット20%オフになることを発表しました

CedCommerceは、このホリデーシーズンにすべてのMagento拡張機能がフラット20%オフになることを発表しました

ced-pdf-title-image

時間が足りませんか? メールでブログのPDFを入手してください。

シェアポスト

今すぐプレイ


player line - CedCommerceが発表したすべてのMagento拡張機能がフラット20%オフ

オレゴン州ポートランド(2021年10月11日)- 第4四半期が正式に開始され、数週間でホリデーシーズンが到来するので、今年はeコマースビジネスにもっとおやつをもたらす方法を探しているかもしれません。 CedCommerceが発表しました すべてのMagento拡張機能でフラット20%オフ 売り手のためのオンライン販売ゲームを強化するため。 統合は、CedCommerceストアから大幅に割引された価格で利用できます。

「このホリデーシーズンのオファーは、2021年10月10日から2022年1月10日まで有効です。このオファーを利用するには、クーポンコードを使用してください CEDFEST20。」

Magento Extensionを使用してこのお祭りシーズンの売り上げを伸ばすメリット:

  • プラットフォーム間の切り替えなし
  • リアルタイムの在庫同期
  • グローバルに製品にリーチする
  • 手作業を減らして時間を節約する
  • すべてのストアアクティビティで最新情報を入手できます
  • より良い顧客体験
  • マルチチャネル販売管理
  • ストアのSEOと可視性を向上させます
  • 購入ボックスを獲得するチャンスが増える
  • 自動注文管理

したがって、これらの利点について詳しく知るには、 ここをクリック

ディーパックグプタさん、CedCommerceのMagento開発リーダーは、次のようにコメントしています。「すべてのMagento拡張機能でこのオファーを提供できることを非常に嬉しく思います。 これは確かに売り手がグローバル市場で彼らのビジネスを拡大し、このホリデーシーズンに彼らの収入を増やすのを助けるでしょう。 また、拡張機能の高度な機能により、販売プロセスが自動化され、労力が節約されます。」

再びジョリーになる季節です! そう、 今すぐすべてのMagento拡張機能でフラット20%オフを入手

Magentoは現在、売り手の間で最も要求の厳しいプラットフォームの1つです。 Magento拡張機能の選択 あなたのeコマースストアは間違いなくあなたのビジネスを超えて、あなたの売り上げをあなたの競争相手よりも先に進めるでしょう。 さらに、Magento Integrationを使用すると、手動管理よりも販売に集中できます。

だから、このお祭りシーズンにあなたの店により多くの顧客を獲得するために、それが終わる前にこのポケットを節約するMagentoExtensionsOfferの取引をつかんでください。

CedCommerceについて-

CedCommerceは、過去11年間で最高のeコマースソリューションを顧客に提供しており、クライアントファーストの企業です。 それはまたです アドビのブロンズソリューションパートナー これは、売り手がeコマースストアをセットアップするための最も手頃なMagentoソリューションの1つを提供します。 さらに、CedCommerceは、Shopify、WooCommerce、Prestashop、Opencartなどのフレームワークのソリューションも提供します。また、Store Speed Optimisation、Migration Service、WebsiteDevelopmentなどのさまざまなサービスも提供します。

This post is exclusively published on seobytech.com