検索バズビデオの要約:Googleランキングの更新、ページエクスペリエンスの更新は大規模ではない、モバイルファーストのインデックス作成期限とパートナープログラムの変更

This post is exclusively published on seobytech.com

グーグルは先週末から別のアルゴリズムアップデートをプッシュしたかもしれません、私はそれをほとんどカバーしませんでした。 過去2日間に、Googleによるローカル検索ランキングの更新の可能性もありました。 グーグルのダニー・サリバン氏は、ページエクスペリエンスアップデートが一夜にして大規模な変更になるとは思わないと述べた。 グーグルは、モバイルファーストのインデックス作成の締め切りはおよそ3月頃になると述べたが、締め切りの具体的な日付はない。 GoogleのGaryIllyesは、Googleのサービングインデックスとインデックスシャードについて話しました。 グーグルは、検索結果に表示されるものより長いタイトルタグには利点があると述べた。 Googleは、2月19日頃以降、注目のスニペットの表示が少なくなる可能性があります。 Gary Illyesはまた、SEOがシステムをゲームしているため、Googleが検索アルゴリズムを更新したのはほんの数回である可能性があると述べた。 グーグルは、ランキング要因やシグナルを廃止する時期については、通常発表しないと述べた。 グーグルはあなたのサイトへのリンクの数はSEOにとって完全に無関係であると言いました。 Google Search Consoleは、一部のウェブストーリーのインプレッション数とクリック数のカウント方法に変更を加えました。 Googleは、検索結果でキーワードタグまたはラベルをテストしています。 Google広告は、代理店が特定の推奨事項を却下できるように、Googleパートナープログラムの要件を変更しました。 グーグルはショーケースショッピング広告を廃止すると述べた。 ああ、それらのvlogのスポンサーになりたい場合は、 patreon.com/barryschwartz。 それは今週の検索ニュースでした 検索エンジン円卓会議

必ず購読してください 私たちのビデオフィード または直接購読する iTunes これらの更新の通知を受け取り、バックグラウンドでビデオをダウンロードします。 これが YouTube フィードのバージョン:


オリジナルのiTunesバージョンの場合、 ここをクリック

ディスカッションのトピックを検索:

してください YouTubeで購読する または iTunes経由で購読する またはあなたのお気に入りに RSSリーダー。 正しい答えと幸運を下にコメントすることを忘れないでください!

This post is exclusively published on seobytech.com

MLOpsはビジネスおよびマーケティングでどのように使用されますか?

This post is exclusively published on seobytech.com

おそらく、あなたのブランドにはチームにデータサイエンティストと運用の専門家がいて、彼らはコラボレーションに最善を尽くしていますが、それぞれに独自の専門分野があります。

これは誤解や誤解につながる可能性があります。 データサイエンティストはデータを解釈できますが、ビジネスオペレーションを管理するためのバックグラウンドを持っていない可能性があります。 同様に、ビジネスチームは物事の側面を機能させることができますが、データを解釈して実装する方法を完全には理解していません。

ここで、機械学習操作(MLOps)が登場します。

この記事では、MLOpsがデータチームとビジネスチーム間のコラボレーションにどのように役立つか、およびMLOpsを実装することによる即時および将来の追加のメリットについて説明します。

MLOpsとは何ですか?

MLOpsは、簡単に言うと、ブランドのデータサイエンスと運用の側面で従業員間のコミュニケーションとコラボレーションを改善するための一連のベストプラクティスです。

簡単に言えば、これは機械学習、データエンジニアリング、開発操作の組み合わせです。 目標は、機械学習システムを開発および作成するためのより合理化されたプロセスを提供し、ビジネス管理者、データサイエンティスト、マーケター、およびITエンジニアが同じレベルで協力できるようにすることです。

これは、DevOpsとして知られているものの拡張です。 DevOpsは、ビッグデータの設計と構築に関与するすべての人の間の協力を組織化するプロセスです。 このプロセスはしばらく前からありましたが、MLOpsはまだ若い段階です。

MLOps ライフサイクルを作成します 機械学習システムの開発に適用される一連のプラクティス。 これには、研究、開発、運用、および実装が含まれます。

MLOpsとは

機械学習のブレインストーミング、開発、実装のプロセスは広範囲にわたっています。 各プロジェクトをガイドする一連の複製可能なプロセスがあると、多くの点で役立ちます。

MLOpsの5つの利点

MLOpsの概要を理解したところで、MLOpsがビジネスにどのように影響するかを見てみましょう。 すべての新しいテクノロジーは、デジタルマーケティング業界にプラスまたはマイナスの影響を与えるため、何が得られているかを理解することが重要です。

1.MLOpsは効率と自動化を向上させることができます

私たちの時間を最大限に活用することは、私たちのほとんどがやろうとしていることです。

皮肉なことに、私たちはこれを行う方法を理解するために多くの時間を費やしています。

さまざまな種類のアプリや書籍を調べることがあります。 記事を読んだり、効率と時間管理に関するセミナーに参加したりするのに何日も費やすことができました。

しかし、おそらく自動化は多くの人にとってより簡単でしょう。

自動化は、定義上、効率を向上させるはずです。 細かい作業が人々の手に負えなくなると、彼らは全体像の問題に集中することができます。

データサイエンスチームの多くの人々が時間を費やす重要ですが、消耗するタスクはデータ入力です。 それは、タイピングスキルを受動的に向上させるのではなく、科学に集中するために費やすことができる時間です(そして、データ入力のタイプミスは災害をもたらす可能性があります!)。

MLOpsは、データ入力などのタスクを自動化するためのオプションを提供します。 事前にいくつかの作業が必要ですが、問題が発生すると、データサイエンティストは自分たちが最も得意とすることに戻ることができます。

2.MLOpsは無駄を排除します

MLOpsは、企業がコミュニケーションを改善し、ボトルネックやコストのかかるエラーを回避するのに役立ちます。

どのくらいの時間を無駄にしましたか 同じ質問に答える、前のポイントを繰り返すか、誰かが単に何をすべきか、または他の誰かが何をすべきかを知らなかったためにエラーをクリーンアップするために余分な時間を費やしましたか?

各従業員または請負業者が従う一連の操作がある場合、同じ質問に継続的に答える必要はありません。 あなたは彼らに操作チェックリストを送ることができ、彼らは完了するまでそれを処理します。

これについての最もよい事はそれが非常に複製可能であることです。 の例を使用します コンテンツマーケティング クライアント向けのコンテンツを作成する会社。

キャンプ用品をレビューするサイトを運営しているとしましょう。 読者が製品やスキムを最も気になる部分と簡単に比較できるように、すべてのページは同じ基本形式に従う必要があります。

レビュー担当者と編集者に、従うべきテンプレート、段階的な手順、および他の人が行っていることに関する情報を提供するとします。 その場合、混乱を少なくすることができ、冬の天候に最適なハイキングブーツに集中することができます。

MLOpsは、コンテンツではなく、コミュニケーションのためにこれを行います。 これにより、リーダーは特定の日に何をすべきかについての「テンプレート」を共有でき、フロントローディングの後、質問を減らし、関連する無駄を排除する必要があります。

3.MLOpsはコラボレーションに重点を置いています

前述のように、コミュニケーションの欠如はビジネスをすぐに殺す可能性があります。 部門間のコラボレーションは非常に重要です。 そうしないと、作業が失われ、メモが渡されず、物事が見落とされ、気性が燃え上がる可能性があります。

MLOpsは、あるタスクを別の部門に渡すための手順を作成します。 「ライフサイクル」という言葉は、このプロセスを説明するためによく使用されます。

プロジェクトがライフサイクルを進むにつれて、作業者は何が起こったのか、今何が起こっているのか、そして次に何が起こるのかを知ることができるはずです。

ここで私たちはマーケティング担当者の帽子をかぶって、ClickUpやTrelloなどのツールに目を向けます。 これらは 多数のタスクの管理 同時に。

プロジェクトに関係する人々は、パイプラインのすべてのポイントでチェックリストや以前の会話などにアクセスできるため、仕事のチャットでの応答を待つことや、恐ろしいグループの電子メールを処理することができます。

コミュニケーションは順調に進んでおり、会話に参加する必要のある人は誰でも参加でき、何十ものメッセージで迷子になることはほとんどありません。

このプロセスでは、文書化も可能です。 これにより、誰が何をしたかを示す紙の証跡が作成されるため、適切な人にフィードバックを提供できるだけでなく、すべてがすでに概説されているため、誤解を排除できます。

4.MLOpsは機械学習モデルをサポートします

MLOpsは機械学習モデルをサポートします

プロジェクトごとのばらつきを減らすことは、ビジネスを拡大するための重要な鍵です。 MLOpsは、新しい各プロジェクトの開始時にベンチマークとして使用できる再現可能なモデルを作成することにより、これを行うのに役立ちます。

これらのデータセットレジストリは、リソース、プロジェクトデータ、ログ、およびメトリックの追跡に役立ちます。 これらの要素を組み合わせることで、ボトルネックが解消され、無駄な時間が短縮され、プロジェクトをパイプライン内でより速く移動できるようになります。

基本的に、あなたがしていることは、何度も使用できるテンプレートを作成することです。 これらの機械学習の「テンプレート」または「モデル」は、新しい機械学習モデルが登場するたびに従うベンチマークを用意することで、生産時間を短縮し、より良い製品を生産するのに役立ちます。

持っている 複製可能なモデル 変数を入力して同じ結果を体験できるため、マーケティングに不可欠です。 SEO これの例外的な例です。

コンテンツを作成し、アップロードし、最適化し、リンクを駆動し、再最適化するための実証済みの戦略があれば、手順は同じであるため、変数について心配する必要はありません。

骨は同じなので、人間工学に基づいたキーボードや葬儀場のカーペットに関する記事をランク付けするかどうかは関係ありません。

それは、困っている人に自分の時間に必要なリソースを提供することから始まります。 私たちは、人々があらゆる種類の時間で働く24時間年中無休の接続された世界に住んでいます。

9-5で働き、すべての仕事を置き去りにする時代は終わりました。 あなたが持っているすべての従業員または請負業者は、彼らがそれを必要とするときにどんな質問への答えも受け取ることができるはずです。

彼らが座ってあなたが朝にオフィスに戻るのを待たなければならない場合、それはボトルネックを作成し、あなたのプロセスを遅くし、最終的にあなたにお金をかけます。

5.MLOpsにより導入と実装が容易になります

コミュニケーションを改善し、プロセスを作成し、物事を自動化するMLOpsの機能により、エラーの可能性が本質的に減少するため、展開と実装が容易になります。

MLOpsをすぐに使用できるため、開発者は、プロファイリングとモデル検証による品質管理を維持しながら、モデルをはるかに高速にパックできます。

これは、データサイエンティストと管理者が、各ステップが実行され、一貫性が検証されていることを確信して、より高いレベルで実行する方法を提供します。

ビジネスとマーケティングにおけるMLOpsの未来は何ですか?

MLOpsは新しいが巨大な産業であり、 2025年までに40億ドルに達する。 それが持つ可能性のある最も重要な影響は、データの管理方法に関連しています。

データを翻訳するための理解できる方法がなければ、データは無意味です。

機械学習操作を使用すると、そのデータを取得して具体的なものに変えることができます。 たとえば、特定のビジネスモデルに変更を加えて、6か月後に結果が悪化していることに気付いた場合は、元のモデルに戻ることができます。

さらに、MLOpsは 一貫性。 シナリオごとにシナリオが異なり、毎回固有の問題が発生する可能性があるため、一貫性のある製品を作成するのは大変な作業です。 世界中の企業は、一貫した製品/サービスを何度も何度も出すのに苦労しています。

MLOpsは、データサイエンティストと運用管理者が協力して、かなりの時間枠にわたって一貫した結果を生み出すのに役立ちます。 プロジェクトがパイプラインの一方の端からもう一方の端に移動するとき、関係するすべての人が品質を維持する方法を持っている必要があります。 MLOpsは、定期的なスキャンで品質保証のプロセスを自動化することもできます。

結論

MLOpsは、 コミュニケーション 機械学習技術の開発プロセスに携わるすべての人の間で。 マーケターとして、私たちはこれから何かを学び、私たちのビジネスに同じ原則を実装することができます。

すべてのビジネスは、従うべき明確なガイドラインとプロセスから利益を得ることができます。 ボトルネック、生産時間の遅延、および多数のエラーが発生している場合は、カーテンを引いて手順全体を確認することをお勧めします。

それが大変な作業のように聞こえる場合は、 お手伝いします

MLOpsはビジネスとマーケティングにどのように影響すると思いますか?

NeilPatelとのコンサルティング

私の代理店がどのように推進できるかをご覧ください 大規模 あなたのウェブサイトへのトラフィックの量

  • SEO -大量のSEOトラフィックのロックを解除します。 実際の結果をご覧ください。
  • コンテンツマーケティング -私たちのチームは、共有され、リンクを取得し、トラフィックを引き付ける壮大なコンテンツを作成します。
  • 有料メディア -明確なROIを備えた効果的な有料戦略。

電話を予約する

This post is exclusively published on seobytech.com

米国の刺激チェックはオンサイトのトラフィックとコンバージョンにどのように影響しましたか? [Case Study]

This post is exclusively published on seobytech.com

さまざまな業界のクライアントを抱えるエージェンシーで働くシニアアナリティクスストラテジストとして、私はパンデミック全体で非常に対照的なパフォーマンスを見てきました。 一部のオンライン小売業者と自動車サイトは過去の実績をはるかに上回っていましたが、他のオンライン小売業者と自動車サイトは予算を大幅に削減する必要がありました。 収入実績の変動はまた、刺激チェックの形で、国民がより多くの支援を受けたときの時間枠と経験的に相関していました。

Portentの私のチームは、パンデミックがオンライン小売業者と自動車産業の収益増加を引き起こし、それらの急上昇が刺激の分布と相関しているという仮説を検証するために、以下に詳述する調査を実施しました。 途中で仮説を確認する可能性を高めるいくつかの特定の要因を発見しました。

「前例のない」は間違いなく今年の言葉であり、それは生活とビジネスのすべての側面に影響を与えました。 すべての業界で消費者行動に変化がありました。残念ながら、特定の市場では、他の市場が持続している、あるいは繁栄している一方で、一連のシャットダウンが見られました。 この投稿では、パンデミックの残りの部分を通じて予測指標として使用する必要があるいくつかの消費者データとともに、オンライン行動のいくつかの観察結果を提供します。

研究

オンライン行動の変化の観察結果は、8つの異なる業界の16のクライアントから引き出され匿名化されました。 この分析の目的で、これらの8つの業界をGoogle Analyticsで定義された3つのカテゴリ(ショッピング(10)、旅行(3)、自動車と自動車(3))に絞り込みました。

この分析に含まれるサイトは、可能な場合は米国に限定され、月間収益は$ 16Kから$ 103K、月間セッションは4Kから44Kの範囲でした。

観察#1:刺激チェックはオンライン行動の増加をもたらしました

刺激チェックは、パンデミックの開始以来、支出の最初の復活を開始しました。 確かに、封鎖の最初の通知から刺激の支払いの開始まではわずか約1か月でした。 ただし、この分析のほとんどのサイト(もちろん、旅行サイトを除く)に刺激チェックの大部分が配布された後も、支出の増加はより高いレベルにとどまりました。

刺激チェックの最初のラウンドは、年収が$ 99K未満の独身アメリカ人に何らかの形の救済を提供し、$ 75K未満の給与を支払った人は$ 1,200を全額受け取りました。 あなたが子供を持っているかどうか、またはあなたがあなたの税金をどのように提出したかによって、制限に違いがありました。

4月13日の(1)週に、直接預金が設定された納税者に8000万ドル相当の刺激支払いが預金されたとき、セッションと収益の両方に顕著な急増がありました。 4月20日の(2)週までに、IRSを介して手動で直接預金を設定した人に追加の預金ラウンドが行われました。 そして6月3日の(3)週までに、IRSはアメリカ人に2700億ドルの刺激チェックを提供しました。 この時点で、収益とセッションは、否定できないブラックフライデーの売り上げが発生するまで、刺激分布のその期間を下回って正常化し始めました。

観察#2:影響は市場によって異なります

消費者行動の変化によって最も影響を受け、まだほとんど回復していない明らかな業界がありました。最も大きな打撃を受けた業界を挙げれば、旅行、店内小売、レストランなどです。 一方、オンライン小売販売や飲食店など、実際には以前よりもパフォーマンスが向上している業界もあります。

S&Pグローバルと米国国勢調査局による分析 私たちの研究にも正確に反映されました。 11月末まで、分析でのショッピングサイトの平均収益は、3月に見られた落ち込みよりも27.5%高く、セッションは24.4%高かった。

602efd6151ebc0.66765388 - 米国の刺激チェックはオンサイトのトラフィックとコンバージョンにどのように影響しましたか? [Case Study]

しかし、驚いたのは、自動車と車両のサイトが実際にショッピングサイトよりも高い平均を維持していたことです。 この業界のサイトでは、パンデミックの初めに見られた落ち込みと比較して、セッション数が26.8%増加し、収益が36.8%増加しました。また、年初の以前のレベルをはるかに上回っています。

602efd61db0d08.97613460 - 米国の刺激チェックはオンサイトのトラフィックとコンバージョンにどのように影響しましたか? [Case Study]

セッションと収益の大幅な増加は、刺激チェックの配布が開始された時期とも一致していました。 後から考えると、この業界での個人消費の増加は、飛行機での旅行に伴う制限と恐れを考慮すると予想されていたはずです。 隔離から落ち着きがなくなっていた人々が彼らの放浪癖を満たすために遠征をし始めたので、オンライン行動は夏の間もより高くなります。

私たちの研究で特定した他のいくつかの予測可能な傾向がありました:

602efd627934e9.51657849 - 米国の刺激チェックはオンサイトのトラフィックとコンバージョンにどのように影響しましたか? [Case Study]
  1. アスレチックウェアの購入が急増し、パンデミック前のレベルよりも平均的な持続率が高くなりました。
  2. 収益、特にベーキング用品と小麦粉の購入のトラフィックが長引くスパイクがあり、以前の数値と比較してはるかに高いレベルにとどまりました。 それから、休暇中に季節的な関心の流入がありました。 興味深いことに、パンデミックの初めのピークと比較して、休暇中のコンバージョン率は123%高かった。
  3. 両親と家族が家で立ち往生しているため、子供のおもちゃのオンライン行動は指数関数的かつ長期的に増加しました。 成長は鈍化していますが、上昇傾向が続いています。
  4. 予想通り、旅行サイトは私たちの調査から最大のヒットを取り、大幅な落ち込みをもたらしましたが、回復はほとんどまたはまったくありませんでした。 夏の収益とセッションの増加は、ほぼ完全に、自動車と車両のサイトの放浪癖から同様の関心の高まりが見られたリゾートに起因しています。

観察#3:AOVと収益の変化率の間には正の相関関係があります

ショッピングサイトのみの平均注文額(AOV)と収益の前年比*の変化率の間には0.76というかなり強い相関関係がありました。 自動車および車両サイトでの消費者行動は刺激チェックと天候に依存していましたが、旅行サイトでの行動は安全感に依存していました。

602efd631d1f52.15272213 - 米国の刺激チェックはオンサイトのトラフィックとコンバージョンにどのように影響しましたか? [Case Study]

*このグラフのデータは、次の注記を使用して取得されています。

  • 前年比の比較は、2019年11月と2020年11月の比較でした(11月は季節性に基づいて最もパフォーマンスの高い月です)
  • このデータから2つの異常が除外されました:(1)小麦粉会社、および(2)AOVが約2,000ドルの会社

これは、パンデミックの影響を誰が受けているかを考えると直感的に理解できます。 まだ繁栄している業界は、100%在宅勤務に簡単に移行できた業界と、顧客の落ち込みを乗り切るのに十分な資金を持っていた業界です。 この時期にこれらの業界で雇用された幸運な人々も、中央値よりも高い賃金を支払われる可能性が高くなります。 実際には、 20万ドル以上を稼いでいる親の30%だけが仕事を失いました パンデミック以来、両親の65%が25,000ドル未満の収入であるのと比較して。 高所得層で失業した人も、再び仕事を見つけることができる可能性が高くなりました。

個人消費の変化が不確実性から生じた最初の数ヶ月を除いて、高所得の消費者はパンデミックの影響をあまり受けませんでした。 高所得層と低所得層の両方で当初は大幅な支出の減少が見られましたが、高所得層の消費者は2020年1月に匹敵するレベルに戻り、低所得層の消費者は2020年9月まで平均で約10%下回りました。

将来のパフォーマンスを予測するための考慮事項

正直なところ、この分析には市場調査で明らかにされていない目新しいものはなく、これらの観察結果は経済データによって裏付けられています。 ここでの重要なポイントは、私たちが見ている傾向に注意を払い、それらがターゲットオーディエンスまたは顧客とどのように関連しているかを考え、再び正常への移行を示す可能性のある新しい開発に注意を払うことです。 あなたがデジタル市場に再び参入するとき

経済動向を常に把握する

最新の状態に保つ S&Pが発行した経済調査 と監視 経済分析局からのニュースリリース 個人所得、可処分個人所得(DPI)、国内総生産(GDP)、および個人消費支出(PCE)の傾向を特定するため。 ザ・ PCEは7月にディップを開始しました、これは私たちの研究で見た消費者行動の変化と相関しています。 レポートはすぐには出ませんが、これらの傾向の方向性を常に最新の状態に保つことで、あなたの努力を知ることができます。

ターゲットオーディエンスを検討する

調査対象を対象読者に絞り込むことが重要です。 あなたのビジネスが国際的であるならば、あなたはおそらく米国での将来の刺激チェックによってそれほど影響を受けないでしょう。 ただし、さまざまな国際市場はさまざまな速度で回復します。

同様に、業界を念頭に置くことが重要です。 S&Pはすでに、 最も影響を受けた産業は2022年まで完全に回復しないかもしれません。 これは、店内の小売、旅行、サービスなどの業界が、この期間中にピボットして通常のレベルに戻るための代替方法を見つける必要があることを意味します。

市場と業界を検討したら、AOVと平均的な消費者の収入レベルに基づいてリスクを比較検討します。 平均所得水準が高いほど、市場がすでに回復している可能性が高いか、うまく調整できる可能性が高くなります。

追加の連邦支援

パンデミック全体にわたる米国政府からの支援はせいぜい不十分でしたが、追加の支援の可能性があります。 最近の刺激チェックは最初のラウンドよりも制限されていたため、消費者行動への影響はそれほど目立たない可能性があります。 エコノミストは、消費者が経済に戻すよりも、この少量を節約したいと考えています。 ただし、これらの法案は、追加の(そしてより重要な)連邦政府の支援の可能性を期待して予測する際に考慮されるべきです。

ワクチン接種の配布は、影響を与えるまでに少なくとも数か月かかり、集団免疫に達するまでにはさらに長くかかる可能性があります。 パンデミックのこの前進の時期に、私たちは皆、再び正常になり始めるまで、前例のない方法で消費者の行動を監視し、予測する必要があります。

This post is exclusively published on seobytech.com

11 Important Image SEO Tips You Need to Know

This post is exclusively published on seobytech.com

Think about the last time you uploaded an image to your website. Chances are you downloaded it from a stock photography site, uploaded it to the backend of your site, and then inserted it to the page.

This makes a shining example of image optimization, right? Not quite.

You’ve added a giant bowling ball weight to your site that’s slowing down the page speed. And, search engines can’t read your images without alt text.

Let’s change that.

Over 20% of all U.S. web searches happen on Google Images, according to 2018 data from Jumpshot.

SEO amateurs and pros alike know that optimizing images for your website is notoriously worth the time spent.

Dan Morgan at WebSpection got one of his photos to rank #1 in Google Images for “best person in Cardiff” in less than four days by optimizing his image.

Advertisement

Continue Reading Below

And, Robbie Richards generated 150,732 visits by adding image alt tags, compressing images, and a few other SEO tricks.

Without proper image optimization, you’re wasting a valuable SEO asset.

It’s like the search engines are giving away Oreos and milk for free. But, you only take the Oreo. When in reality, the Oreo is way better dunked in milk.

Image optimization creates many advantages such as better user experience, faster page load times, and additional ranking opportunities. And, it’s becoming an increasingly more important role.

As Matt Southern pointed out, Gary Illyes’ statement on image search in a recent Reddit chat:

“We simply know that media search is way too ignored for what it’s capable doing for publishers so we’re throwing more engineers at it as well as more outreach.”

But which factors are most important to ensure your images are findable and don’t slow down your site?

Here are 11 important image optimization tips you need to know.

Advertisement

Continue Reading Below

1. Choose the Right Format

Decoding all the various image format can feel like your first time ordering at Taco Bell. But, before you can start adding images to your site, you want to make sure you’ve chosen the best file type.

While there are many image formats to choose from, the PNG and JPEG are the most common for the web.

  • PNG: Produces better quality images, but comes with a larger file size.
  • JPEG: You may lose image quality, but you can adjust the quality level to find a good balance.
  • WebP: Choose lossless or lossy compression using this, the only image format supported by both Chrome and Firefox.

For me, PNG is the unsung hero of image formatting. Typically, I only use JPEGs for bigger, more visual images taken by a true photographer. But, for my daily use, PNG is the way to go.

2. Compress Your Images

Yep, hell hath no fury like a bloated web page after uploading an image that’s not compressed.

Search engines will look at your web page like you might look at a big vat of Crisco: You can’t seriously be considering putting that on you your website, right?

According to HTTP Archive, images make up on average 21% of a total webpage’s weight.

That’s why I highly recommend compressing your images before uploading to your site. You can do this in Photoshop or you can use a tool like TinyPNG. TingPNG also has a WordPress plugin you can use too.

However, I prefer WP Smush as my WordPress plugin. It reduces the image file size without removing the quality. Whatever plugin you use, make sure to find one that compresses the images externally on their servers. It reduces the load on your own site.

Or, take it a step further and use an image CDN that detects the device and optimizes the image prior to delivery. Cloudinary and Imgix are two options to try out.

Increasingly.com improved website speed by 33% / 2 seconds by compressing images.

I mean, there’s just something sexy about faster page speed when after you compress your images.

If you’re unsure how your images are affecting your page speed, I recommend using Google’s PageSpeed Insights tool.

Advertisement

Continue Reading Below

3. Create Unique Images

You want your photos to pop on your site. If you fill your website with stock imagery, you’ll look unoriginal – like thousands of other sites that don’t stand out.

Too many websites are cluttered with the same generic stock photos.

Think about a corporate website, a consulting firm, a business that prides itself on customer service. All these websites use virtually the same looking stock image of a businessman smiling.

I’m sure you’ve seen one that looks like this:

While you may have your stock images perfectly optimized, it won’t have the same impact or potential SEO benefits as an original, high-quality image.

Advertisement

Continue Reading Below

The more original pictures you have, the better experience for the user and the better your odds are of ranking on relevant searches.

Keep in mind that large images are more likely to be featured in Google Discover. As Google recommends in its Advanced SEO resource, “Large images need to be at least 1200 px wide and enabled by the max-image-preview:large setting, or by using AMP.” Do not use your logo as the image.

4. Beware of Copyright

Regardless of the image files you choose to use, make sure there’s no copyright conflict.

The Postal Service is paying $3.5 million in an image copyright lawsuit. And, Sketchers got sued for $2.5 million.

If Getty, Shutterstock, DepositFiles, or some other stock photo provider owns an image you use, and you don’t have a license to use it, then you’re risking an expensive lawsuit.

Under the Digital Millennium Copyright Act (DMCA), you could be issued a notice if you have violated any copyright issues. If the owner of a piece of content sees their content on your website, they can issue a DMCA Takedown which you must comply with.

Advertisement

Continue Reading Below

Google Images allows you to filter results based on those available for reuse. And, Mindy Weinstein shares 41 different websites to find free images.

5. Customize Image File Names

When it comes to SEO, creating descriptive, keyword-rich file names is absolutely crucial.

Not customizing your image file name is like getting a burrito with nothing in it. It just plain sucks.

Image file names alert Google and other search engine crawlers as to the subject matter of the image.

Typically, file names will look like “IMG_722019” or something similar. That’s like ordering from a menu in a different language. It doesn’t help Google.

Change the file name from the default to help the search engines understand your image and improve your SEO value.

This involves a bit of work, depending on how extensive your media library is, but changing the default image name is always a good idea. Let’s take this image of chocolate for example:

dark chocolate coffee flavored bar

I could name it simply “chocolate” but if you sell chocolate on your website, potentially every image can be named “chocolate-1,” “chocolate-2,” and so on.

Advertisement

Continue Reading Below

I named this image “dark-chocolate-coffee” to let users and search engines understand the image.

6. Write SEO-Friendly Alt Text

Alt tags are a text alternative to images when a browser can’t properly render them. Similar to the title, the alt attribute is used to describe the contents of an image file.

When the image won’t load, you’ll get an image box with the alt tag present in the top left corner. Make sure they fit with the image and make the picture relevant.

Paying attention to alt tags is also beneficial to the overall on-page SEO strategy. You want to make sure that all other optimization areas are in place, but if the image fails to load for any reason, users will see what the image is supposed to be.

Plus, adding appropriate alt tags to the images on your website can help your website achieve better rankings in the search engines by associating keywords with images. Even Google has remarked on the value of alt text in images.

Advertisement

Continue Reading Below

It provides Google with useful information about the subject matter of the image. We use this information to help determine the best image to return for a user’s query.

Alt text is required under the American Disabilities Act for individuals who are unable to view images themselves. A descriptive alt text can alert users exactly what is in the photo. For example, say you have a picture of chocolate on your website.

The alt text could read:

<img src=”chocolate-1.jpg” alt=”chocolate”/>

However, a better alternative text that describes the image would read:

<img src=”chocolate-1.jpg” alt=”dark chocolate coffee flavored bar”/>

Alt text is viewable in the cached text version of the page, aiding in its benefit to both users and the search engines. For further SEO value, the alt text can act as the anchor text of an internal link when the image links to a different page on the site.

7. Think About the Image File Structure

In 2018, Google updated its Image Guidelines. One of the major updates they revealed was that they use the file path and file name to rank images.

Advertisement

Continue Reading Below

Repeat: The file path and file name is an actual ranking factor.

For example, if you’re an ecommerce brand with multiple products, instead of placing all your product images into a generic /media/ folder, I would recommend structuring your subfolders to more category related topics like /shorts/ or /denim/.

8. Make Your Page Title & Description

Google also revealed that it uses your page title and description as part of its image search algorithm.

The Google support page states:

“Google Images automatically generates a title and snippet to best explain each result and how it relates to the user query… We use a number of different sources for this information, including descriptive information in the title, and meta tags.”

All of your basic on-page SEO factors like meta data, header tags, copy on the page, structured data, etc. affects the way Google ranks your images.

It’s like putting all your toppings on your burrito. It tastes way better with guac. So, make sure to add the guac for improving image rankings.

Advertisement

Continue Reading Below

9. Define Your Dimensions

If you’re using AMP or PWAs, you are required to define your image dimensions in the source code.

However, if you’re not using either, it’s still a best practice to define the width and height. It provides a better user experience.

Plus, it allows the browsers to size the image before the CSS is loaded. This stops the page from jumping when it loads.

Image dimension attributes are also important for preventing Cumulative Layout Shift (CLS) issues that can interfere with your Core Web Vitals optimization.

Making sure that you include width and height attributes for every image and video element is key.

This tells the browser how much space to allocate for the resource and prevents that annoying content-shifting that lowers your CLS score. Learn more here.

10. Make Your Images Mobile-Friendly

Oh, mobile SEO. At its worst, it can give you a high bounce rate and low conversions. But, at its best, it can give you more ranking power and better user engagement.

Advertisement

Continue Reading Below

Problem is, how do you optimize your images for the mobile-first index?

You create responsive images. This means the image will scale with the size of the site whether the user is using desktop or mobile. It adjusts to the size of the device.

Mozilla offers a comprehensive on using the  srcset and sizes attributes to provide the browser additional source images, enabling the display of identical image content resized for the device.

It is important to format this with a different part of the attribute value on each line, as demonstrated in this example from their resource:

<img srcset="elva-fairy-480w.jpg 480w,
elva-fairy-800w.jpg 800w"

sizes="(max-width: 600px) 480px,
800px"

src="elva-fairy-800w.jpg"
alt="Elva dressed as a fairy">

Learn more about using srcset for responsive images here.

11. Add Images to Your Sitemap

Whether you’re adding your images to your sitemap or creating a new sitemap for images, you want images somewhere in your sitemaps.

Advertisement

Continue Reading Below

Having your images in a sitemap greatly increases the chances of search engines crawling and indexing your images. Thus, results in more site traffic.

If you’re using WordPress, Yoast offers a sitemap solution in their plugin.

Image Optimization Key Takeaways

So, before you begin uploading your image to your site, make sure to follow the image optimization rituals from above.

The most important thing is to make sure the image and alternative text are relevant to the page. Other key takeaways:

  • Choose the right file format. PNGs are my favorite for screenshots.
  • Reduce file size for faster page load speed.
  • Make sure your on-page SEO elements (meta data, structured data, etc.) pair with your image.
  • For crawlability, create an image sitemap or make sure your images are featured in your sitemap.

Optimizing images are no joke. With advancements in voice search technology, media is a growing importance and your entire site will benefit from taking the steps above.

Happy optimizing!


Image Credits

Featured Image: Paulo Bobita
All screenshots taken by author

!function(f,b,e,v,n,t,s) {if(f.fbq)return;n=f.fbq=function(){n.callMethod? n.callMethod.apply(n,arguments):n.queue.push(arguments)}; if(!f._fbq)f._fbq=n;n.push=n;n.loaded=!0;n.version='2.0'; n.queue=[];t=b.createElement(e);t.async=!0; t.src=v;s=b.getElementsByTagName(e)[0]; s.parentNode.insertBefore(t,s)}(window,document,'script', 'https://connect.facebook.net/en_US/fbevents.js');

if( typeof sopp !== "undefined" && sopp === 'yes' ){ fbq('dataProcessingOptions', ['LDU'], 1, 1000); }else{ fbq('dataProcessingOptions', []); }

fbq('init', '1321385257908563');

fbq('track', 'PageView');

fbq('trackSingle', '1321385257908563', 'ViewContent', { content_name: 'image-optimization', content_category: 'seo ' });

}// end of scroll user

This post is exclusively published on seobytech.com

Some Google Search Ranking Algorithm Chatter Past Few Days

This post is exclusively published on seobytech.com

I’ve been on the edge about if I should report or not report some of the chatter and signals I am seeing around a possible Google search ranking algorithm update. I was seeing some somewhat small signs since the weekend of an update but those signals are picking up a little bit more a few days in.

So I figured I’d document it and share what I see thus far. There have been some people asking me if there was an update over the weekend. I do not think there was a big update, maybe something that impacted specific niches or tactics but nothing widespread like a core update.

The last unconfirmed update I reported on was on February 17th and of course, all the confusion on passage ranking and when it was released.

But starting over the weekend there has been chatter at both WebmasterWorld and BlackHatWorld about another update this weekend. Here is some of that chatter:

How is your USA traffic? Traffic to my home page is down 65% today at 11:30am…USA down 41% overall, however my UK traffic has surged 60% along with AU and CA. It actually seems that traffic is being throttled hour by hour now. USA traffic might pick up later in the day, but in general whatever this change is it’s caused me to lose a considerable amount of traffic and customers since the 8th. It could be Passage Indexing or not, only time will tell.

Traffic totally died off today. It’s like everyone just suddenly disappeared from the surface of this planet and gone somewhere else.

This Google update (yes, I’m calling it an update because that’s really what it is) is like Lindsay Lohan on meth…very erratic and highly destructive. Traffic is being throttled by the hour now. Yesterday I started with UK traffic surging and USA way down. By end of day UK traffic was also down, Canada dropped 50%. Today USA / CA / AU traffic all up but UK is down 57%. Every day different, and even surging or dropping like a stone from hour to hour. Anyone else seeing this?

Has anyone seen anything over this weekend? I have 2 sites, 1 recovered with the December core update, and 1 got hit. I’m now seeing a complete reversal over the weekend for the sites, the recovered one has been hit hard and the one that got hit has returned to pre-December rankings. The one that got hit again is a really strange one, the dreaded filter is really smashing it down, it’s actively pushing it down for some reason, 1 KW went from page 5-6 to page 14, most others phrases have dropped 3-6 pages

I see some position movements since Sunday. Some positions going up and some are going down. Looks like another random update is on its way.

Apparently there is another update, I lost more than 70% of my traffic since Sunday.

Yes, I expected people to write now. My main website is dancing like crazy. Down 40 keywords on Sunday – up 40 keywords today, totally random.

My traffic yesterday actually went up a good 30% compared to the past month. Not sure how today is going to go, but yesterday was more comparable to pre-January update. I actually have been busy so I have done few changes in the past 5-6 weeks on this one site.

Some of the tracking tools are showing some fluctuations, but the tools are not 100% in sync with each other.

Mozcast:

click for full size

SEMrush:

click for full size

RankRanger:

click for full size

SERPstat:

click for full size

SERPmetrics:

click for full size

Accuranker:

click for full size

Cognitive SEO:

click for full size

So if you saw some changes since the weekend, you are not alone.

Forum discussion at WebmasterWorld and BlackHatWorld.

This post is exclusively published on seobytech.com

グーグル・アナリティクスのeコマーストラッキングが可能なソリューション(カフェ24、ファーストモール、アイムウェブ、右コマースなど)

This post is exclusively published on seobytech.com

カフェ24やワードプレス、shopify、wixなどショッピングモール機能をサポートするソリューションには、GAの追跡IDを入力するだけでGA既定のトレースと電子商取引の設定が可能な場合があります。

サポートされているソリューションを利用していながらも、その事実を知らなくて適用ができないか、かろうじてマニュアルと講座を遅れながら、ハードコーディングをしている方がいる可能性があってそのような手間を軽減したいと思いサポートソリューションのリストを作成してみました。

すべてのソリューションをすべて確認することはなく、いずれかの時点で、その機能が追加されるかもしれませんので、ここ「可能なソリューションのリスト」にない場合にも使用されているソリューションのサポートするかどうかを入念に確認してください。

もしかしたら、このリストにないソリューションの中のサポートが確認された場合は、以下のメールでお知らせいただければ追加するようにします。

e-mail: marketologykr@gmail.com

「GA電子商取引簡単設定」が可能なソリューションのリスト

  • カフェ24
  • ガッビアーノファーストモール
  • アイムウェブ
  • Wix
  • Shopify
  • Woocommerce(ワードプレス)

このリストは、「eコマーストラッキング」が手軽に適用されるソリューションのリストで「GA追跡可能」リストがありません。 GAトラッキングは、小さなスクリプトコードを挿入方式なので、すべてのソリューションが可能です。

上記のソリューションでは、電子商取引の設定を適用してもGA管理ページで、電子商取引の設定がされていない場合は、トレースが開始されません。

GAで電子商取引を設定する方法

https://support.google.com/analytics/answer/1009612?hl=ko

ソリューション別の適用方法

カフェ24

カフェ24のメインメニューには、機能はありません下のパスに移動いただきイメージ上に見えるアプリをインストールすると、使用可能です。

https://store.cafe24.com/search/apps?=グーグル

ガッビアーノファーストモール

ガッビアーノファーストモールは、別のアプリのインストールせずに、管理者ページで設定可能です。

下記のページで使い方を確認してください。

https://www.firstmall.kr/addservice/google

가비아 퍼스트몰 구글 애널리틱스 전자상거래 추적 - グーグル・アナリティクスのeコマーストラッキングが可能なソリューション(カフェ24、ファーストモール、アイムウェブ、右コマースなど)

アイムウェブ

アイムWeb管理者ページ」マーケティング管理>コンバージョントラッキング/リターゲティング管理」で設定可能

アイムウェブ - グーグル - アナリティックス - 電子商取引 - 追跡

Wix(ウィックス)

ウィックスはGAトラッキングコードを管理者ページで入力すると、自動的に電子商取引の情報を収集します。

https://support.wix.com/en/article/using-google-analytics-with-your-wix-stores

Shopify(ショーピパイ)

下のリンクを参照します。

https://help.shopify.com/en/manual/reports-and-analytics/google-analytics/google-analytics-setup

ウコマース(ワードプレス)

ワードプレス - グーグル - アナリティックス - 電子商取引 - 追跡

右コマースインストール後右コマースGA連動をサポートするプラグインをインストールすると、上の画像のような機能が追加されます。

GA電子商取引のための様々なプラグインがサポートされるため、「新しいプラグイン」ウィンドウで「google analytics for woocommerce」などのキーワードで検索ください。

同じように、Google Adsは、Googleショッピング、フェイスブック広告などの連動プラグインをインストールすると、簡単に作業することができます。

現在使用中のソリューションで必ずご確認ください

再び申し上げこのリストは、ウェブ上での情報が確認されているものだけを集めたものであり、私たちが使用しているショッピングモールのソリューションは、セルもなく多いです。 すべてのリストに含まれていないいないたので、現在使用しているソリューションの機能をぜひ確認してみてください。

This post is exclusively published on seobytech.com

マーケティングソフトウェアでGoogleSearchConsoleを最大限に活用する方法

出典:How to Make the Most of Google Search Console With Your Marketing Software_business2community

Google Search Consoleは無料で強力なSEOツールであり、マーケティングソフトウェアと統合するとさらに優れたものになります。Google Search Consoleとの統合により、サイトで発生している最も重要なエンゲージメントに関する優れた洞察を提供することで、コンテンツ戦略を簡単に調整できます。

変換はそれ自体で発生するだけではありません。Google Search Consoleを使用して、データと詳細な分析を使用してサイトの問題を診断および修正する方法を学びます。

Google Search Consoleの基本を確認し、それを使用して実行できる多くのことを説明し、HubSpotと統合する方法を見ていきましょう

Google Search Consoleとは何ですか?

Google Search Console(GSC)は、ウェブサイトの所有者がサイトを監視し、検索エンジンでの存在感を維持するのに役立つツールを提供する無料のプラットフォームです。基本的に、GSCは、サイトの所有者がサイトのパフォーマンスが高いか低いかを理解するのに役立ち、Googleとの良好な関係を維持するために取り組むことができます。

ご想像のとおり、これは世界中のデジタルマーケターが恩恵を受けることができる重要な競争力です。しかし、あなたはそれを使用する方法を正確に知る必要があります。

Google SearchConsoleでできること

Google Search Consoleを使用して、ウェブサイトのパフォーマンスを把握するためにできることをいくつか紹介します。

モバイルの問題を監視してトラブルシューティングします。

モバイルページの監視には時間がかかり、困難です。モバイルトラフィックと検索は未来です。つまり、モバイルページ最適化して、デバイス間で適切に機能し、収まるようにする必要があります。

これまで以上にエラーがほとんどまたはまったくない、モバイルフレンドリーなサイトを作成することが重要です。Search Consoleは、多くの分析プラットフォームでは検出できないエラーを見つけるのに役立つ優れたモバイルデータセクションにアクセスできるようにすることで、これを実現するのに役立ちます。

これを行うには、ダッシュボードの[モバイルユーザビリティ]セクションをクリックして、サイトに悪影響を及ぼしているユーザビリティの問題を特定します。

そこから、モバイルでテキスト、コンテンツサイズ、クリック可能な要素を分析できます。

より良いクロールのためにページを送信します。

Google Search Consoleを使用すると、すべての新しいブログ投稿にインデックスを付けることができます。Googleが投稿のインデックスを作成できない場合があります。これは、ハードワークが無駄になる可能性があることを意味します。また、古いブログ投稿を更新するときに、それらのインデックスを再作成する必要があります

更新されたURLを入力し、[リクエストを送信]をクリックして、Googleにページをクロールまたは再クロールさせるだけです。

サイトの速度を修正します。

Google Search Consoleを使用すると、Javascript、CSS、およびHTMLを縮小して、サイトの速度を向上させることができます。

ほとんどの場合、サイトの速度が遅いのは、画像が大きい、HTMLがずさんである、コーディングの問題が原因です。GSCは、サイトの速度を低下させている可能性のある問題を特定して解決するのに役立ちます。

Googleがウェブサイトをクロールしてスキャンする方法をテストします。

Google Search Consoleのフェッチとレンダリングツールを使用して、Googleがサイトをクロールしてスキャンする方法を確認します。フェッチツールを使用すると、ウェブクロールボットであるGooglebotが一部のウェブページにアクセスできるかどうかを確認できます。次に、ページがどのようにレンダリングされるかを確認し、クローラーをブロックしている可能性のあるスクリプトと画像を特定します。

基本的に、このツールは、他の問題のデバッグと修正に使用できるサイトのクロールをシミュレートするのに役立ちます。

リッチカードを実装および監視します。

リッチカードは2016年にGoogleによって実装されました。これらは、Google検索リストにテキストのキースニペットを表示するリッチスニペットに似ています。リッチカードだけが、検索者に視覚的にアピールするコンテンツを表示します。たとえば、「バナナブレッドレシピ」をグーグルで検索すると、レシピの手順とバナナブレッドの写真またはビデオが記載されたリッチカードが表示される場合があります。

GSCには、リッチカードのパフォーマンスを提供するセクションとレポート全体があります。リッチカードは、クリック率を高めることで、検索エンジンでの地位を高めることができます。

バックリンクを調べます。

SearchConsoleを使用してサイトへの最適な被リンクを特定します。GSCは、あなたのサイトに最も頻繁にリンクしている他のサイトに関する完全なレポートを提供します。

これにより、サイトのSEOを向上させるためのバックリンクをさらに作成する機会が得られます。あなたはどのサイトがあなたのサイトへのいくつかのリンクを持っているかを見ることができます、そしてあなたは時間をかけてあなたのドメイン権限を開発するためにもっと多くのリンク配置を求めるためにそれらに連絡することができます。

これは、Google SearchConsoleでできることの完全なリストではありません。これらはあなたがあなたのサイトをより良くするためにそれを使うことができる素晴らしい方法のほんの一部です。GSCをマーケティングソフトウェアと一緒に使用する場合にも、GSCには多くの利点と用途があります。

Google SearchConsoleをマーケティングソフトウェアに接続する4つの利点

Google SearchConsoleをマーケティングソフトウェアに接続するときに利用できる4つの主な利点は次のとおりです

それはあなたのコンテンツ戦略を強化します。

Google Search Consoleを使用すると、コンテンツマーケティングの取り組みの進捗状況を追跡することで、コンテンツをランク付けする機会を特定できます。GoogleのWebクロールによって識別される、サイトで最も一般的に見られるキーワードを学習します。これを使用して、コンテンツ作成者はマーケティングソフトウェア内のコンテンツ戦略の進捗状況を評価できます。

どのコンテンツ戦術が最も効果的かをよりよく理解することにより、マーケターは、コンテンツのパフォーマンスをより適切に制御し、適格なトラフィックを引き付け、サイトに導くことができます。

Googleが問題に遭遇したときにアラートを提供します。

Google Search ConsoleとHubSpotの統合により、ウェブサイトに問題が発生したときにメッセージを表示できます。たとえば、サイトが適切にクロールされていない場合や、セキュリティの脅威が検出された場合です。

Googleは、潜在的な問題にすぐに対処できるようにメッセージを送信します。プラットフォームでメッセージ転送を設定して、Googleから通知されるとすぐにウェブサイトの修正を常に認識できるようにします。

クエリ分析を表示できます。

GSCの検索分析では、サイトがGoogleの検索結果に表示される頻度を詳しく調べることができます。トラフィックが時間の経過とともにどのように変化するか、トラフィックがどこから来ているか、どのクエリがサイトを表示する可能性が高いかを確認します。

このツールを使用すると、マーケティング担当者は検索でのサイトのパフォーマンスを詳細に評価できるため、必要に応じてサイトのパフォーマンスを向上させることができます。マーケターは、どのクエリとページが最もクリック数が多いかを理解すると、機能するものに簡単に集中でき、機能していないものに力を注ぐのをやめることができます。

それはあなたのサイトのHTMLを改善します。

GSCは、SERPでランク付けする能力を損なう可能性のあるHTMLの問題を特定します。HTMLを改善するためにそれを使用することによってGoogleSearchConsoleを利用してください。タイトルタグ、メタディスクリプション、およびその他のHTML要素を変更して、検索用に適切に最適化されるようにします。

Google SearchConsoleをHubSpotと統合する方法

統合する前に、自分のGoogleアカウントでGoogle SearchConsoleを設定してください。

これを行うには、次のことを行う必要があります。

ドメインプロパティを追加します。

追跡するすべてのドメインをGSCアカウントに追加します。ドメインプロパティを追加すると、ブログや各プロトコル(HTTPS、HTTP)などのすべてのサブドメインがカバーされます。

Googleでサイトの所有権を確認します。

Googleはサイトの所有権の確認を要求しています。HubSpotでホストされているすべてのWebサイトは、ファイル検証方法を通じてGSCで自動的に検証されます。

統合を有効にすると HubSpotでデータを表示できるようになります。

次の手順に従って、HubSpotでGoogle SearchConsoleの統合を設定します。

  1. HubSpotアカウントのマーケットプレイスアイコンをクリックします。
  2. [管理]で[接続済みアプリ]を選択します。
  3. 右上隅にある[AppMarketplaceにアクセス]をクリックします。
  4. 検索バーでGoogleSearchConsoleを検索します。
  5. 正しい統合をクリックします。
  6. [アプリの接続]を選択します。
  7. Googleのログイン情報を入力し、[許可]をクリックしてHubSpotにGoogleアカウントへの接続を許可します。

Google Search Consoleとマーケティングソフトウェアの統合の目標は、コンバージョンに向けてサイトを最適化することです。サイトから得られるコンバージョンが多いほど、仕事は簡単になります。これは、この無料のGoogleツールの詳細を学習して、Google SearchConsoleを最大限に活用するときに実現できます。

GSCが提供するデータを活用して、マーケティング戦略を最大限に活用してください。

グーグルアズのターゲットROAS紹介と活用法

This post is exclusively published on seobytech.com

ターゲットROAS(return on ad spend)は、ターゲットとするROASを決めておいてAIににとっての目標を達成させるスマート入札戦略です。

ターゲットROASを100%に設定すると、広告費100万ウォンを使った時の売上高は100万ウォンを発生させるために、Googleのアルゴリズムがスマートに入札作業を進めています。

200%に設定すると、広告費100万ウォンに200万ウォンの売上を目指し作業します。 当然、ターゲット値が高いほど、利得だろう現実的な数値よりも高くキャッチGoogleが入札を放棄し、広告の表示回数が減ったり、まったくない状況になります。

過去の実績を参考することが最も適しています

過去一ヶ月間の広告費が100万ウォン聞いグーグルAdsのレポートでコンバージョンの価値が123万ウォンであれば、ターゲットROAS値で123%を入力します。 この数値は、露出が縞ないでしょう。

時間経過後、実際のROAS実績が高くなった場合、 予算を増やすか、ターゲットROAS値を高める措置をとることができます。

予算を増やすことは ターゲット値よりも高いROASといえ少し低くなることを甘受してでもトラフィックを増やすということです。 予算を増やす効率が低くなる可能性があります。 関連のあるユーザーをすでに見つけた状態であれば、予算を増やし関連低いユーザーにも広告を公開する必要があるためです。 もし関連のあるユーザーがまだ多い状態であれば、予算を増やしても効率が低くません。 可能性が半々であるため、予算を増やして見なければなり。

予算を増やさずに、ターゲットROAS値を高めることトラフィックではなく、効率を上げたいときの措置です。 キャンペーンの表の状態項目に「予算の制約」が表示される場合、さらにターゲット値を上げることが有利である。 予算の制約は、関連性のあるユーザーを確保しているという信号であるため、ターゲット値を上げても達成する可能性が大きいです。

ターゲットCPAとターゲットROASの違いを説明するための例示です。

登山用品ショッピングモールで以下のような切り替えが発生しました。

  • コンバージョン1:登山ソックス5,000ウォン
  • コンバージョン2:登山靴170,000ウォン
  • コンバージョン3:登山スティック36,000ウォン

上記のような切り替えデータに

ターゲットCPAは「コンバージョン」を増やすために「どのような転換でも「選ばず可能性があるユーザーをターゲットにします。

上記の例では、登山靴下でも登山靴も選ばず購入にのみ発生すると、ターゲットCPA入札戦略は、目標を達成することです。

ターゲットROASは「転換価値」を増やすために、優先順位を決め度の高い変換を優先的にターゲットします。 登山靴下より登山靴の購入の可能性に、より大きな価値を置くことです。

ターゲットROASの優先順位

  • コンバージョン2>コンバージョン3>コンバージョン1
  • 登山靴(17万ウォン>トレッキングステッキ(3.6万円)>登山靴下(0.5万円)

ターゲットROASは、Googleアナリティクスでeコマーストラッキングの設定がされており、さまざまな価格帯の製品を販売するショッピングモールに適しています。 電子商取引の設定がされているコンバージョン時の値(製品別販売金額)を知ることができるからです。

もしモールで少数の製品を販売し、価格が同じか似てあれば、あえて電子商取引を追跡したり、ターゲットROASを選択する必要がありません。 ターゲットCPAを使用して、単に注文完了ページ到着を切り替えるに設定します。

ターゲットROASが適切な環境では、製品ごとに価格差がはっきりしてGAのeコマーストラッキングを切り替えるごとに価値を正確に伝えることができる場合です。

This post is exclusively published on seobytech.com

スマート自動入札とは? 自動入札との違いは?

This post is exclusively published on seobytech.com

自動入札は自動的にCPC入札を管理する機能です。 逆にCPC入札を直接管理することが「手動入札」です。 手動CPC、CPV、CPM入札が手動入札方式に対応し、その中で代表的なのが「手動CPC」です。

手動CPC(cost per click)

クリック費用をキーワードごとに、または広告グループごとに広告主が直接指定して管理します。

入札調整を介してターゲット要素(年齢、地域、関心分野など)の入札を微調整することもできます。

入札 - 調整

入札調整

しかし、詳細な制御があるといって無条件に良いことはありません。 多くの時間と労力を消費する必要があるからです。 直接しても効率が良いこともありません。

従って使用することが、自動入札戦略です。

自動入札戦略

自動入札戦略は、キーワードや広告グループの入札を人工知能の世話を決定します。 入札調整も同様です。 目標達成の可能性に基づいて、年齢や性別、時間帯、地域、興味、購入の度などを区分して可能性が高い方は増額、低い方は減額に入札調整を決定します。

自動入札戦略では、キーワード別または広告グループごとのクリック単価を指定することができません。 代わりの目標に応じて戦略を選択するか、決められた目標にターゲット値を指定することができます。

下の自動入札戦略の太字になったことがターゲット値を持つ種類です。

  • ターゲットインプレッションシェア(検索)
  • ターゲットCPA
  • ターゲットROAS
  • コンバージョンを最大化
  • 切り替え価値の最大化
  • クリック数を最大化

太字太字処理した戦略は、前に「ターゲット」という言葉がついているがインプレッションシェア、CPA(コンバージョン単価)、ROAS(広告の投資収益率)のターゲット値を指定することができます。

インプレッションシェアを50%に指定したり、コンバージョン単価を5,700ウォン、ROASを150%に指定するようにターゲット値を定めることができるのです。

自動入札 - ターゲット - 値 - 設定

一方、残りのボールド処理を無効にされたもののターゲット値なしに戦略の目標に忠実な戦略です。 コンバージョン単価やROASがどの位出ようかかわらず、切り替えの数やコンバージョンの価値またはクリック数を最大限に増やすことを最優先的な課題としていることです。

効率は大幅に計算しません。 このような戦略は、急いでトラフィックを増やすか、コンバージョン単価が高くても、できるだけ早くコンバージョン数を確保する必要がある場合に適しています。 効率面ではお勧めしません。

「最大化」や「最大化」のような途方もない表現のために漠然とした期待感でこの戦略を選択してはいけません。 この戦略の性格を理解して、必要な場合に選択してください。

これまでに説明自動入札戦略の「転換」に関する目標を持つことが、スマート自動入札戦略です。

  • ターゲットCPA – 切り替えあたりのコストターゲット値の指定
  • ターゲットROAS – 広告の投資収益率(切り替え価値)ターゲット値の指定
  • コンバージョンを最大化 – コンバージョン 目標
  • 切り替え価値の最大化 – 切り替え価値 目標
  • 改善されたCPC課金 – 手動CPCに 切り替え 増大目標追加

すべての切り替えと関連している自動入札戦略です。

手動戦略もあるが、入札戦略の設定画面で、「改善されたCPC課金機能」を選択することにより、手動戦略の下でも切り替え可能性のための部分的な自動化が適用されます。

手動-CPC-改善された - 入札 - 機能

次の二つの戦略は、転換を目指していないため、自動入札ではあるとしても「スマート自動入札」はありません。

  • クリック数を最大化
  • ターゲットインプレッションシェア

簡単にまとめると

「自動入札戦略」は、すべての目標を含む自動入札で「スマート自動入札戦略」は「転換」関連の目標だけを含む自動戦略です。

This post is exclusively published on seobytech.com

グーグル・アナリティクスとは? GAを使用する理由

This post is exclusively published on seobytech.com

Googleで提供しているWebログ解析ツール

グーグル・アナリティクスは、Googleから無料で提供される アナリティクスツールです。 Google Analytics、略してGAと表記します。

「アナリティクス」は、Googleのログ解析ツールの固有の名称ではないので前に「グーグル」をつけて「グーグル・アナリティクス」と呼ぶことが確実な区分のためにお勧めします。 「アナリティックス」という名称は、他のログ解析ツールでも共通して使用します。 (例えば、フェイスブック・アナリティクス、ネイバーアナリティクスなど)

グーグル・アナリティクスをウェブサイトにインストールすると、 訪問者の流入ソースやサイト内の行動のような有用な情報を収集して保存、分析、することができます。 また、Google Adsと接続してGoogleの広告を最適化するのに必要なデータを提供しています。

訪問者の流入源確認

グーグル・アナリティクスで「獲得>全トラフィック>ソース/メディア」を開くと、以下のような表(レポート)を見ています。

Googleの広告を介して何人かが訪問したのか、ネイバーブログやフェイスブックを通じては何人かが訪問したのか知ることができます。

「ソース/メディア」で「ソース」は、流入源となるサイトやサービス名、「媒体」は、流入のタイプを分類しておいたカテゴリーです。

ソース= google、facebook、naverまたはtistory.comようなドメインが表示されることがあります。

メディア= cpc(有料広告)、organic(自然検索)、social(社会)などの分類

ユーザーの行動を把握

ソース/メディアレポートだけでなく、複数のレポートで「直帰率」や「セッションあたりのページ数」、「平均セッション時間」、切替(目標)」のような指数を使用してサイト内でのユーザーの行動を把握することができます。

グーグル - アナリティクス - ソース - メディア - レポート - 行動 - 指数

「直帰率」は、ユーザーが最初のページを参照するほか、追加の行動せずにサイトを離れる割合です。 「離脱」は、すぐにサイトに興味を感じなかったという意味なので少ないほど良いです。

「直帰率」は、コンテンツの品質、UI、UXを評価する上で、非常に重要な指数です。

「セッションあたりのページ数」は、単一のセッション中に閲覧したページ数の平均値です。 これは多いほど良いです。

「平均セッション時間」は、セッションの平均時間です。 ユーザーが訪問して、サイトにとどまっ時間なので、長ければ長いほど良いです。

「転換」は、行動の測定においてどの指数よりも大きな重要度を持ちます。 ユーザーが行動中のビジネスに役立つことをサイト運営者が定義したものです。 ショッピングモールでは、製品を購入したり、ショッピングカートに入れるなどの行為はここ該当され、サービスプロバイダでは、申請フォームを作成したり、電話番号をクリックする行動が含まれます。

グーグル・アナリティクスで設定した切り替え(目標)は、Google Adsで送られて「スマート入札戦略」のデータとして活用されます。

質の高いトラフィックを検索するために

ユーザーの行動に基づいて、トラフィック(流入)の品質を評価することができ、流入源別のビジネスへの貢献を比較することができます。

下の例で「直帰率」などの行動指数と「コンバージョン率」を使用して流入源間の寄与度の違いを簡単に確認することができます。

グーグル - アナリティクス - ソース - メディア - レポート - パフォーマンス - 比較

このような実績の比較は、広告主がどのチャンネルに、より多くの費用と労力を払うかの明快な答えを提示してくれます。

サイトとコンテンツの評価

再訪問率が高く、直帰率が低く、セッションあたりのページ数、滞在時間、コンバージョン率などが高く出るページは、高品質のコンテンツです。

ページ別行動指数を確認することは、コンテンツに対するユーザーの満足度を確認することができ、最も正確で便利な方法です。

グーグル - アナリティクス - ページ - レポート

上の表でページあたりの滞在時間や直帰率を見て、コンテンツの訪問者の評価を確認することができます。

ユーザーがページのスクロールをどこまで下ることも、コンテンツの評価の重要な基準となります。

グーグルタグ管理者にスクロール深追跡

グーグル・アナリティクスとGoogleタグマネージャを使用すると、さまざまな方法でユーザーの反応を測定することができます。

グーグルAds最適化

グーグルAdsの広告主は、広告のアカウントを、Googleアナリティクスのアカウントとリンクと二つの非常に有用なデータを受信して​​広告の最適化に活用することができます。

  • 目標(コンバージョン)のデータ
  • 潜在的な顧客のリスト

目標(コンバージョン)のデータ

グーグル・アナリティクスで「目標」は、サイト管理者は、ビジネスに役立つものと定義しておいたユーザーの行動です。 製品を購入したり、サイトの会員に加入するなどの行動が「目標」に設定することができます。

グーグル - アナリティクス - 目標

この「目標」データを、Google Adsがもたらすが「転換」のデータとして活用します。 Googleの「自動入札戦略」の中で「切り替え」の実績に焦点を置くいくつかの「スマート入札戦略」に呼びます。 ターゲットCPAや、ターゲットROAS、コンバージョンの最大化などが該当します。

このような戦略は、切り替えを発生させたユーザーの属性、行動を分析資料として活用して、同様のユーザーをターゲットとする方式で進行されるので、ほとんどのコンバージョンデータが必要と最高です。 グーグルAdsの自体タグにより切り替えデータを確保することもできますが、よりディテールで膨大な数のデータを収集するためには、Googleアナリティクス」の目標」を活用することをお勧め。

潜在的な顧客のリスト

リマーケティングキャンペーンを運営するには、サイトの訪問者や切り替えユーザーのリストが必要だが、これらの潜在的な顧客のリストを作成して管理するのにも、Googleアナリティクスが便利に活用されます。 「目標(コンバージョン)」の場合と同様に、GoogleのAds自主的に潜在的な顧客のリストを作成することができますが、Googleのアナリティクスの潜在的な顧客機能を利用すると、より簡単で便利な潜在的な顧客を作成し、管理することができます。

特に「セグメント」を利用すれば、潜在的な顧客を詳細な条件として定義することができます。

下の例のように、特定の「ソース」での流入、特定の「目標」の達成、特定の「行動」の条件を満たすに基づいて、ユーザーセグメントを作成した後、潜在的な顧客の画面に呼んでと同じ条件の潜在的な顧客を作成することができます。

グーグル - アナリティクス - セグメント - 条件 - フィルタ

これまで、Googleアナリティクスとは何であり、どのような理由で、このツールを使用する必要があるかまた、Google Ads運営にどのように役立つかについて見ました。

グーグル・アナリティクスは、実績の改善を解決しようとする広告主との効果的な管理をしたいサイト運営者に最も必要で便利な機能を提供するログ分析ツールです。 グーグル・アナリティクスを積極的に活用すると、広告とサイ​​ト運営に大きな改善が行われることをでしょう。

グーグル・アナリティクス関連の下記事もぜひ参考にしてください。

アナリティクスとは?

アナリティクスは、マーケティングへの影響

購入するボタンをクリックして、Googleアズ転換にインポート – GTMの追跡、GAの目標設定

This post is exclusively published on seobytech.com