Debunking Link Building Myths in 2021

This post is exclusively published on seobytech.com

The author’s views are entirely his or her own (excluding the unlikely event of hypnosis) and may not always reflect the views of Moz.

On this week’s episode of Whiteboard Friday, guest host and MozCon speaker Shannon McGuirk walks through five link building myths prevalent in 2021, and why you shouldn’t believe them.

And, if you’re just starting out on your link building journey (or need a refresher on the basics), be sure to read Moz’s new-and-improved guide:

The Beginner’s Guide to Link Building

Click on the whiteboard image above to open a high resolution version in a new tab!

Video Transcription

Hi, Moz fans. My name is Shannon McGuirk. I am a director at a UK-based SEO digital marketing and digital PR agency called Aira. Today I’m going to be taking you through debunking link building myths in 2021.

So historically, SEOs, digital PRs, everyone were like: there are a bunch of myths out there at the moment, some new, some old, and today we’re going to be running through the top five that seem to be making a bit of a headline at the moment, debunking them, and hopefully sharing some helpful tips and tricks along the way. 

Myth #1: Category + product pages = impossible

So myth number one — and this is a really big one at the moment, because we know the importance of building direct links into product and category pages have huge benefits from a search visibility perspective.

So the first myth that I want to talk you through today is that it is impossible to build these links into product and category pages. In fact, that is completely false. It is highly, highly possible to be able to do so. You just need to make sure you’re giving people a good enough reason to link.

So the example that I’ve put up here today, and let’s take the mythical concept of a tire company, let’s say an e-commerce site as well. So if you are said tire company and you are looking to build followed links into some of these product or category pages themselves, the reason for journalists being able to do that or wanting to do that might be that you actually have an offer on the page or you’re sharing some insights on the page that aren’t purely self-serving and self-promotional.

You need to be giving these webmasters, journalists, writers, and the like a reason to actually give you that link back into their page. So a couple of ideas and ways that you might get over this and kind of let’s debunk the myth together. So you could pop an offer on the page, a Black Friday offer for that specific tire.

That then, when you’re pitching in to key titles, it could the mythical one of carnewstoday.com, that you drop the journalist a note and say for you readers, X% off. You get this code, and you can view the code on this page here. The journalist or the writer or the webmaster is then going to be more encouraged to link back to that category or product page through being able to share that offer with their audience and readership.

Another way that you are able to potentially do this as well is start to look at product roundups in the news. So if I was a fashion brand and as we head into the summer of next year, we might be looking at trying to rank for the term “summer dresses.” If that’s a really, really important key term for yourselves, that you want to be ranking for, you then go out to fashion writers, fashion bloggers, fashion webmasters and potentially pitch in the top 10 fashion items or summer dresses for their audience to cover, for them to include within their articles.

And, of course, again, you should be providing things like high-res images and what have you to be able to support the writer getting that article live. So my key thing here to take away is that it absolutely isn’t impossible to be able to do this. We know the value that building followed links directly into these category and product pages can have. You just need to be inventive.

You need to work with webmasters and writers to be able to provide them with something that they want to share with their audience and readership, and in them wanting to do that, it makes it more important for them to give you that link back and to direct traffic to that page because the offer, the insight, the product could be there. 

Myth #2: Top-tier news sites only give nofollow links

So, number two then.

A big myth that we’re seeing a lot on Twitter in particular is that top-tier news sites only give you nofollow [links]. Now I was on a call just a couple of weeks ago and was part of the pitch and the sales process and was, again, literally told this by the contact that I was speaking to and that they had been historically advised that if you wanted to get on to a top-tier site, such as TechRadar, USA Today, or in the UK the likes of The Sun and The Telegraph and stuff like that, you should expect a nofollow as a link, as a blanket rule.

Well, let me tell you this is completely false. We have had numerous links from top-tier sites from a variety of different writers, different journalists, for a number of different readers for a number of different campaigns. The way that you need to be switched on to this and the way that you can kind of overcome this hurdle is by being prepared before you pitch your campaign in.

So yes, there are desks within top-tier sites that have editorial policies. It may be that you work with key contacts, webmasters, and writers to try and uncover what those editorial policies are so that you can manage your internal stakeholders’ expectations and clients alike. A big, big publication in the UK, for example, that we know don’t give any links at all, and if they do, they are nofollow, is the Daily Express.

So that’s the kind of thing and the insight that you should be kind of working towards and kind of knowing and understanding. But that is just one publication out of thousands. So start to get your head around editorial policies and how they change, they adapt. The travel desk at one publication will be completely different to the motoring cars or business desk at another or even within their own publishing house.

You need to do your research. When you start to go after specific journalists and writers, see if they do link. Nine times out of ten, just by reading three or four articles that they’ve historically written, you’ll be able to understand if there is a chance of getting a link. That starts to give you that insight on what their editorial policies could look and feel like. Then, of course, you need to be prepared to give them a reason to link, and this is the most important point with this second one here.

You have to give them a reason, through a really strong data visualization campaign, through an offer, through some insights that may be on your client’s or your own branded website. You must, must, must give them something that entices them to add that link into their article. Of course, if you believe that you’ve done that, it’s completely okay to ask. A lot of what we do at the moment as well could be that top-tier sites, it’s not in their nature, it’s not in a journalist’s nature to think or look at things from an SEO perspective.

So they may not put that followed link in straightaway. So asking is completely fair. Dropping them a really nice, kind, polite note and asking if they could insert the link is okay. You may get a no. You may get an insight into the editorial policies and the why that that link can’t be added. But for every one of three, you might just get that cut-through that you’re looking for and you’re after.

Myth #3: Only send pitches in the morning

So myth number three then is that you should only pitch your campaigns or your link building content in to journalists and writers in the morning. This again is something that is completely false. Some of our most successful campaigns, to name a couple, have been pitched in the afternoon, after lunchtime and before the editorial afternoon meeting, and we’ve had some huge, huge successes pitching in our campaigns on a Friday afternoon if they’re a little bit fun and lighthearted.

So I want you to throw that alarm clock out the window. There is no pressure from journalists themselves to make sure that you get that email into their inbox before 9:00 a.m. Actually, what I would do at that point is take a step back, do some research and experiment. Do some A/B tests.

Build a contact list of 10 to 15 people that you want to be building those relationships with, see when they publish their articles, see when they’re most active on Twitter and stuff like that, and start to work out what actually might be a good time to pitch for them. The key thing if you’re pitching in the afternoon, for example, one thing to know is that you’re going to be up against less competition. Not as many people, because they believe this myth, are going to be pitching in at the same time.

Piece of advice here as well is that I wouldn’t be pitching in your link building or digital PR campaign completely cold from the get-go. So if I was a writer that potentially you wanted to be building a relationship with, I would give them the heads-up two to three weeks in advance, drop them an email or drop them a Twitter DM, say, “Hey, I’m working on this campaign. It’s got data on XYZ. Looking to launch by the end of the month. Is this something you’re interested in? Would it be something that you would like to cover? Let me know and I’ll work alongside you to be able to get you everything that you need for a potential article to go live.”

Again, that kind of stuff doesn’t need to be done at 9:00 a.m. in the morning. You can do that throughout the day. It can be done at any time. We’re currently in a completely different environment to what we were this time last year. COVID has definitely changed working from home and stuff like that. People are far more flexible. People are trying to achieve a work-life balance.

Again, that ties into the fact that not everybody is online at 9:00 or 10:00 in the morning. They may start later. So really, really do that research. Start to understand when your key contacts are publishing their articles. Work with them well in advance so that they know your campaign is coming up. And you do not have to pitch at breakfast time in the morning to get those links.

Myth #4: Relevancy isn’t king

Number four then is that relevancy isn’t king. So there is a huge debate at the moment — again you see a lot of it on Twitter and social media — that for traditional SEO and link building tactics that the links that you build have to be really, really, really relevant and that they have to be completely on brand from target sites and publications that you would expect that brand to be covered in.

Now, in the digital PR world, we have a slightly contrasting view to that in that actually a link is a good link, and relevancy isn’t quite as important. But I want to debunk the myth today that actually relevancy isn’t king. John Mueller, just last month back in February, released a short snippet that stressed the importance of having one high-quality, relevant link is the equivalent of having hundreds at a lower DA and of less relevancy.

This gives you a bit more insight into the way that Google is heading. Whilst historically, over the last 12 to 18 months, relevancy might not have been such a key thing for us digital PRs and would have been more important to the more traditional SEO link builders, times are definitely changing. That is a very, very surefire signal from John himself and from Google that we should be considering relevancy, and the phrase “content is king” now needs to transform into “relevancy is king,” because brands will be rewarded and their search visibility is likely to increase as a positive result of having highly relevant and high-quality followed links pointing back to the domain.

Myth #5: You can’t ask for a link

So final one then, number five is actually the one that probably stands the test of time. It’s the one that’s been around the longest and the understanding that actually you can’t ask for a link. It’s a huge, huge prominent myth within our industry and what we do, and actually you can.

You can 100% ask a webmaster, a writer, a journalist at a top-tier publication, whoever they are, you can definitely ask them for a link if they have covered your content, your campaign, your insights, whatever it has been. Now, as I touched on earlier, not every desk, every writer, every journalist is going to give you that link once you ask for it.

But if you don’t ask, you don’t get. So it may be that you get a nofollow link. It may be that in a couple of weeks’ time a link could be added, for example. It’s really, really important to do this in a polite and friendly way. Do not be demanding. But a simple, short note if a piece of coverage goes live or an article goes live, going back to that writer, thanking them for their time and saying it’s been great to work alongside them, if you then at that point say it would be great if you could credit the brand fully by adding in a link to XYZ or whatever your campaign or homepage may be, the chances are they’re going to do one of two things — tell you no, it’s not what they do or add it in.

There is a 50-50 chance of success here. So it’s worth the risk, and it’s worth you giving it a go. Now these are the top five myths that, of course, are highly relevant today. They’re the ones that get spoken about on social media quite a lot, and it’s as the debate and I guess the synergy between digital PR and SEO is fusing together a little bit more.

We’ve kind of gone through everything today in terms of the myths themselves. If you have any questions for me, you want me to help you debunk myths or anything like that, please feel free to reach out to me on Twitter. My handle is @ShannonMcGuirk_. My DMs are open. More than happy to help. Really, really hope you guys enjoy the newly reformed and refined Link Building Guide.

On behalf of Moz, it’s been great to be part of the process. Thank you, guys. Leave comments and feedback below. Bye.

Video transcription by Speechpad.com


Hear more from Shannon and the rest of our amazing speakers at MozCon Virtual 2021!

Get Your Ticket

This post is exclusively published on seobytech.com

Google製品レビューの更新が検索結果に表示される

This post is exclusively published on seobytech.com

本日、Googleは製品レビュー検索アルゴリズムのアップデートを開始しました。これは、簡単な製品概要よりも十分に調査された詳細なコンテンツをランク付けするように設計されています。

明確にするために、これはすべての検索結果に影響を与えるコアアルゴリズムの更新ではありません。 このアップデートは、特に製品レビューを対象としています。

グーグルは発表の中で、ユーザーが最も役立つと思うコンテンツに報酬を与えるために製品レビューのアップデートを設計したと述べています。

「Google検索は、テスト、実験、レビューのプロセスを通じて、可能な限り最も有用で役立つ情報を表示するよう常に取り組んでいます。 このことから、人々は、単に一連の製品を要約する薄いコンテンツではなく、詳細な調査を共有する製品レビューを高く評価していることがわかります。 そのため、このようなコンテンツにより良い報酬を与えるように設計された、製品レビューの更新と呼ばれるランキングシステムの改善を共有しています。」

広告

以下を読み続けてください

今のところ、このアップデートは英語の検索結果にのみ影響します。

製品レビューを公開していないサイトは、このアップデートに関して心配する必要はありません。

製品レビューを公開しているサイトは、トラフィックを注意深く監視し、異常なものを探す必要があります。

アルゴリズムの更新は本日公開されます。つまり、サイトの所有者はトラフィックとランキングの変動をすでに観察している可能性があります。

4月8日頃から始まる検索トラフィックの突然の急増または減少は、サイトが製品レビューの更新の影響を受けたことを示している可能性があります。

トラフィックの変化に関係なく、サイト所有者はGoogle Analyticsやその他の監視ツールに注釈を追加して、製品レビューの更新が本日公開されたことを示す必要があります。

広告

以下を読み続けてください

製品レビューの更新が私のサイトに影響を与えた場合はどうなりますか?

更新された製品レビューは、洞察に満ちた分析と独自の調査を提供するコンテンツをユーザーに提供することに焦点を当てています。

このアップデートにより、Google検索は、トピックをよく知っている専門家や愛好家によって書かれた製品レビューに優先順位を付けることを目的としています。

製品レビューの更新の影響を受けたと思われるサイト所有者は、より良いコンテンツを作成するためのGoogleのアドバイスを参照する必要があります。

コンテンツを客観的にレビューし、サイトの製品がレビューされているかどうかを確認してください。

  • 必要に応じて、製品に関する専門知識を表現しますか?
  • 製品が物理的にどのようなものであるか、またはどのように使用されているかを、メーカーが提供するものを超えた独自のコンテンツで示しますか?
  • 製品がさまざまなカテゴリのパフォーマンスでどのように測定されるかについての定量的測定を提供しますか?
  • 製品が競合他社と一線を画している理由を説明してください。
  • 検討する同等の製品をカバーしますか、または特定の用途や状況に最適な製品を説明しますか?
  • 特定の製品の調査に基づいて、その製品の利点と欠点について話し合いますか?
  • 製品が以前のモデルまたはリリースからどのように進化して、改善を提供したり、問題に対処したり、ユーザーが購入を決定するのを支援したりしたかを説明してください。
  • 製品のカテゴリの主要な意思決定要因と、それらの領域での製品のパフォーマンスを特定しますか? たとえば、自動車のレビューでは、燃料の経済性、安全性、取り扱いが重要な意思決定要因であり、これらの分野でのパフォーマンスを評価していると判断される場合があります。
  • 製品の設計方法における重要な選択と、メーカーの言うことを超えたユーザーへの影響について説明してください。

上記の推奨事項は、最も有用な製品レビューに報いるというGoogleの目標と一致しています。

今後、レビューの商品の概要が短いと、検索結果でのランキングが難しくなります。

製品の短い要約を含むレビューは、ユーザーに実際の価値を提供することよりも迅速なコミッションを行うことに重点を置いているアフィリエイトサイトでよく見られます。

サイト所有者は、類似製品との比較や同じ製品の以前の反復との比較を含む、製品の全体的な分析を公開する必要があります。

コンピューターをレビューしている場合の速度テストの結果や、消費者が購入を決定するのに役立つその他のデータなど、可能な場合は定量分析を提供します。

広告

以下を読み続けてください

Googleは、レビューがメーカーの提供を超える情報を提供しているかどうかに細心の注意を払っているようです。 言い換えれば、製品ページに移動して、すでにWeb上にあるものを書き直さないでください。

このアルゴリズムの更新については、今後も展開が進むにつれて、さらに詳しく知ることができるでしょう。

!function(f,b,e,v,n,t,s) {if(f.fbq)return;n=f.fbq=function(){n.callMethod? n.callMethod.apply(n,arguments):n.queue.push(arguments)}; if(!f._fbq)f._fbq=n;n.push=n;n.loaded=!0;n.version='2.0'; n.queue=[];t=b.createElement(e);t.async=!0; t.src=v;s=b.getElementsByTagName(e)[0]; s.parentNode.insertBefore(t,s)}(window,document,'script', 'https://connect.facebook.net/en_US/fbevents.js');

if( typeof sopp !== "undefined" && sopp === 'yes' ){ fbq('dataProcessingOptions', ['LDU'], 1, 1000); }else{ fbq('dataProcessingOptions', []); }

fbq('init', '1321385257908563');

fbq('track', 'PageView');

fbq('trackSingle', '1321385257908563', 'ViewContent', { content_name: 'google-product-reviews-update', content_category: 'news seo ' });

}// end of scroll user

This post is exclusively published on seobytech.com

Google検索の可視性を高めるための10のクイックレストランSEOのヒント

This post is exclusively published on seobytech.com

多くの要因により、レストランはオンラインでの存在感を高めるように圧力をかけられています。

パンデミックによる混乱、競争の激化、または強力なオンラインプレゼンスを持つことの重要性の変化を通じて、私たちはゲームを強化する必要があることを知っています。

現在、地元レベルでの視認性を向上させることは、対面での食事と持ち帰りの両方のオプションにとって不可欠です。

トラフィックを獲得するための有料広告、パートナーサービス、紹介オプションがたくさんあります。 ただし、オーガニック検索結果とMap PackでGoogleのトップに立つことは効果的であり、多くの場合、最も関連性の高い直接的なトラフィックを顧客に変えるための低コストの方法です。

このコラムでは、より多くの可視性、トラフィック、および顧客を獲得するのに役立つ10のレストランSEOのヒントを紹介します。

1.SEOとコンテンツ戦略を定義する

無数のツール、プラットフォーム、エンゲージメントチャネルに飛び込む前に、SEO戦略を定義してください。 これはあなたの競争を大幅に狭めるのを助け、あなたのウェブサイトへの質の高いトラフィックを促進するためのより速い道をあなたに与えるでしょう。

広告

以下を読み続けてください

所有したい地理的領域を定義することから始めます(顧客が近くに住んでいるか、働いているか、訪問しているために、ほとんどの顧客がどこから来るか)。

次に、Moz Pro、SEMrushなどの信頼できるキーワード調査ツールを使用して、オーディエンスが使用しているキーワード用語やフレーズを調査します。 (キーワード調査の方法の詳細については、こちらをお読みください キーワード研究ガイド。)

グループ化して適切に分類したい用語のいくつかの異なるグループがあり、すべてが異なるレベルの競争を持っています。

高レベルのレストラン用語

「レストラン」や「カンザスシティのレストラン」などの用語は、検索者が使用する可能性のある最も一般的なバリエーションの一部です。

キーワード調査ツール(各ツールは地域のオプションによって異なります)では、特定した地域に地理的な焦点を設定し、それ自体(「レストラン」)と地理的修飾子(「カンザスシティのレストラン」)の両方を使用できます。だけでなく、あなたのレストランが何であるかに関連する他の一般的なバリエーション。

ニッチ固有の用語

広告

以下を読み続けてください

次のレベルは、レストランが分類される特定のカテゴリに関連しています。 例としては、「メキシコ料理レストラン」、「ピザ」、「ロマンチックレストラン」、その他のユニークな特徴や種類の料理があります。

使用すべき特定のカテゴリや表現に苦労している場合は、Googleマップ(Googleマイビジネスのリスト)、Yelp、およびトリップアドバイザーをご覧ください。

お住まいの地域のフィルタリング基準を使用して、利用している一般的なカテゴリを確認してください。

ブランド用語

ブランド検索で自動的にトップに上がることを当然のことと思ってはいけません。 名前であなたのレストランを検索している人の数を知り、それを高レベルでニッチな特定の検索ボリュームと比較します。

あなたのサイトに来る人々の価値はより高く、追跡可能であるため、あなたのサイトがあなたのレストランのためにあなたのスペースのディレクトリとソーシャルサイトを上回っていることを確認してください。

検索用語とボリュームデータを用意したら、レストランに適した特定の用語に、カテゴリ固有のブランドレベルで焦点を絞ることができます。

このスペクトルをカバーすることで、コンテンツを測定および定義する対象に集中することができます。

2.ローカル検索で優位に立つ

に飛び込むには ローカル検索、まず、主要で関連性のあるすべてのローカル検索プロパティで、レストランの申し立て、データの標準化、リストの最適化を行います。

これには、検索エンジンディレクトリ、ソーシャルメディアサイト、および業界固有のディレクトリサイトが混在しています。

Moz LocalとYextは、どのディレクトリと外部データソースが存在するかを理解し、それらが確実に更新されるようにするのに役立つ2つのツールです。

すべてのデータソースで一貫性のある正確なNAP(名前、住所、電話)データは、ローカルSEOの重要な基本要素です。

さらに、ビジネスの説明やビジネスカテゴリなどの情報フィールドを最適化して、キーワード調査で特定された重点用語に合わせることができます。

重要なディレクトリに焦点を当てます。 Googleマイビジネスから始めて、Yelp、TripAdvisor、Foursquare、CitySearch、さまざまなイエローページ、その他の新しいニッチレビューウェブサイトに分岐します。

広告

以下を読み続けてください

これらすべてが連携して、オンラインでの認知度を高めます。

3.ソーシャルメディアで顧客と交流する

ソーシャルメディアがSEOに直接与える影響については長い間議論されてきましたが、ソーシャルメディアのエンゲージメントがユーザーをサイトに誘導する可能性があることはわかっています。

ソーシャルメディアは、顧客があなたのレストランで何を体験できるかを紹介する、カスタマージャーニーの強力なタッチポイントになる可能性があります。

A 強い社会的存在 コンテンツ、エンゲージメント、人気が関連性と権威の重要なSEOの柱と一致するため、多くの場合、強力なオーガニック検索の存在と相関します。

ソーシャルメディア戦略を策定し、実装を実行します。

フォロワーと交流し、お問い合わせには迅速に回答してください。 オンラインでのコミュニケーション方法は、全体的なカスタマーサービスとアプローチの認識を設定します。

あなたの聴衆を見つけて、彼らと関わり、あなたに代わって他の人に影響を与えてもらいましょう。

最終的には、ファンとのエンゲージメントと、訪問者をメインWebサイトに誘導するソーシャルメディア上のコンテンツの宣伝を通じて、ソーシャルネットワークからの訪問が増加することがわかります。

広告

以下を読み続けてください

これは、残りのSEOの取り組みから得られるメリットと相関関係があります。

4.レビューと紹介文を奨励する

レストランを検索して、検索結果にレビューと評価のスコアが表示されないようにすることはほぼ不可能です。 それは人々がより高い星の評価をクリックするからです。

レビューはソーシャルメディア戦略の一部と見なされることが多く、エンゲージメント戦術ですが、検索結果ページを介したサイトへのトラフィックにも幅広い影響を及ぼします。

の使用を通じて 構造化データのマークアップ、星の評価を検索結果に表示し、ユーザーが競合他社のサイトと比較して自分のサイトをクリックするもう1つの説得力のある理由を提供できます。

レストランの品質を反映していないオンライン評価がある場合は、評価をSERPに取り込むコードを実装する前に、できるだけ多くのレビューを取得してスコアを上げるのに役立つレビュー戦略を今すぐ考えてください。

広告

以下を読み続けてください

星の数が多いほど、サイトへのクリック率が高くなり、足のトラフィックが増える可能性があります。

5.独自のコンテンツを作成する

あなたが単一の場所を持っている場合、あなたの仕事は複数の場所のローカルまたは全国チェーンよりもはるかに簡単です。

ただし、Webサイトに十分な独自のコンテンツがあることを確認して、競合他社から目立つようにする必要があります。

あなたのサイトに魅力的で役立つコンテンツが豊富にあることは、それがあなたの見込み客や顧客にとって価値があるのであれば、あなたに役立つでしょう。 強力なブランドを構築することは、より良いランキング、より高いブランド想起、そしてより大きなブランド親和性につながります。

コンテンツのすべてをコピーで作成する必要はないことに注意してください。 ビデオ、写真、グラフィックスを通じて、メニューや社内プロモーションなどを提示できます。

検索エンジンは、サイトのキーワードだけでなく、コンテキストに焦点を合わせています。 新しいコンテンツを特定して定期的に生成することで、パイプラインを魅力的な素材でいっぱいに保ち、競合他社との差別化を図ることができます。

広告

以下を読み続けてください

たとえば、ニッチなレストランがある場合は、それを受け入れて、一般的なチェーン店とは一線を画します。

創設者、文化、そして最も重要な製品についての情報を共有します。 食材の調達、レシピの開発方法、チキンマルサラが町で最高であるという説得力のある理由など、メニューの詳細を説明してください。

6.コンテンツのローカリゼーションを検討する

繰り返しになりますが、単一の場所のレストランはここでより簡単な道を持っています。 マーケットエリアについて行った決定に基づいて、レストランがどこにあり、どのエリアにサービスを提供しているかについて、ユーザーと検索エンジンに十分な手がかりとコンテキストを提供するようにしてください。

検索エンジンや町外の訪問者が、近所や地域の非公式な名前を完全に理解していない場合があります。

コミュニティに結び付けられ、誰もがあなたの居場所を知っていると単純に想定しないコンテンツを提供することで、あなたはすべての人を助けることができます。

この一例は、店舗、地域の歴史、近所、コミュニティの関与に合わせて書かれた方法で書かれた、場所ごとに1つの段落から始まる100の場所のチェーンです。

広告

以下を読み続けてください

そこから、規模を拡大する他の領域を見つけることができ、店舗を互いに区別するのにうまく機能しました。

7.基本的なページ上のSEOのベストプラクティスを適用する

すべての詳細に立ち入ることなく ページ上の最適化手法とインデックス作成の最適化手法、ページ上のSEOのベストプラクティスをスキップしたり無視したりしないことをお勧めします。

あなたは検索エンジンがあなたが存在することを確実にするためにインデックスを付け、あなたのコンテンツの適切な分類を確実にするためにページ上にある必要があります。

あなたは完全なSEO戦略に多くの時間を費やすことができますが 始めたばかりです、残りを脇に置いて、これら2つの領域から始めることをお勧めします。

現在および将来にわたってサイトが適切にインデックスに登録されていることを確認するには、 robots.txt そして XMLサイトマップGoogle SearchConsoleを設定する エラーを探します。

ページ上に関しては、独自のキーワード固有のページがあることを確認してください URLタイトルタグ、メタディスクリプションタグ、見出し、ページコピー、および画像のalt属性。

広告

以下を読み続けてください

これは多くのように聞こえますが、ホーム、メニュー、概要、連絡先ページなどの最も重要なページから始めて、時間の許す限りそこから進んでください。

8.モバイルファーストを考える

モバイルは、レストランのWebサイトへのアクセスの高い割合を占めています。 グーグルは現在、モバイル版に焦点を当てています その内容を理解するためのウェブサイトの。

レスポンシブウェブサイト、または必要なモバイルフレンドリーテストに合格したウェブサイトをすでに作成していることを願っています。

しかし、それはモバイルに関してはほんの始まりに過ぎません。

また、ページの読み込み速度、適切なレンダリング、優れた機能の提供について考えることも重要です。 モバイルユーザーエクスペリエンス

9.スキーマ「レストラン」マークアップを実装する

検索エンジンのコンテキストを構築し、検索結果でより多くのユーザーに公開できるもう1つの分野は、構造化データを使用することです。

レストラン業界では、 レストラン用のSchema.orgライブラリ 必見です。

このタスクには、適切なプラグインまたは組み込みオプションを備えた開発者、Webサイトプラットフォーム、またはコンテンツ管理システムが必要です。

広告

以下を読み続けてください

10.あなたの努力を測定する

これはヒント#1であった可能性がありますが、プロセス全体で重要であるため、レストランSEOの最後のヒントとしてここに含めます。 前の9つのヒントでは、やるべきことと実装することがあります。

ただし、最適化のあらゆる側面に着手する前に、それらの取り組みが測定可能であることを確認してください。

戦略に投資するときは、どの側面が機能しているか、どの側面が機能していないか、そしてどこで努力が投資収益率を最もよく生み出していたか(そしてどこにあるか)を知りたいと思います。

可視性、エンゲージメント、コンバージョンの指標を、ビジネスに結び付けることができる限り深く追跡します。

それを超えて、あなたはあなたが正しい方向に進んでいることを知っているようにあなたは目標に結びついた正しい進歩の測定基準を特定する必要があるでしょう。

概要

あなたのレストランが毎日満員であることを確認したい場合、またはあなたがあなたの配達と実行ビジネスを最大化していることを確認したい場合、人々はあなたをオンラインで見つけることができる必要があります。

広告

以下を読み続けてください

彼らがあなたを見つけたら、あなたはすぐに彼らを素晴らしいウェブサイト体験で勝ち取り、行動を起こすように駆り立てる必要があります。

これらの10のヒントは、これらの両方の目標を達成するのに役立ちます。

その他のリソース:

!function(f,b,e,v,n,t,s) {if(f.fbq)return;n=f.fbq=function(){n.callMethod? n.callMethod.apply(n,arguments):n.queue.push(arguments)}; if(!f._fbq)f._fbq=n;n.push=n;n.loaded=!0;n.version='2.0'; n.queue=[];t=b.createElement(e);t.async=!0; t.src=v;s=b.getElementsByTagName(e)[0]; s.parentNode.insertBefore(t,s)}(window,document,'script', 'https://connect.facebook.net/en_US/fbevents.js');

if( typeof sopp !== "undefined" && sopp === 'yes' ){ fbq('dataProcessingOptions', ['LDU'], 1, 1000); }else{ fbq('dataProcessingOptions', []); }

fbq('init', '1321385257908563');

fbq('track', 'PageView');

fbq('trackSingle', '1321385257908563', 'ViewContent', { content_name: 'restaurant-seo-tips', content_category: 'local-search seo ' });

}// end of scroll user

This post is exclusively published on seobytech.com

COVID-19によるGoogleローカル検索の傾向

This post is exclusively published on seobytech.com

先日グーグルが投稿した ブログ投稿 最新の地元のショッピングトレンドに名前を付けました。 ローカルはデジタルになりました。 このブログ投稿では、Googleは、COVID-19により、2020年にローカル検索で追跡した多くの傾向を共有しました。

以下に、これらのデータポイントの一部を箇条書きで示します。

  • 「地元の」+「ビジネス」の検索は、「近くの地元のビジネス」や「地元のビジネスをサポートする」などの検索を含め、前年比で80%以上増加しています。
  • 「誰が持っているか」+「在庫がある」の検索は、「ニンテンドースイッチの在庫がある人」や「ジム設備の在庫がある人」などの検索を含め、前年比で8,000%以上増加しています。
  • 食事をしている消費者の3人に2人は、パンデミックの際に検索を使用して飲食物の情報を見つけたと述べています。
  • ダイニング消費者の57%が、パンデミックの際にオンライン広告を介して飲食物の情報を発見したと述べています。
  • 視聴者の45%は、購入する前にYouTubeを見て製品のデモを見ていると答えています。
  • 視聴者は、競合他社の平均と比較して、YouTubeで見たものを購入するために店内またはオンラインに行く可能性が2倍高いと述べています。
  • 「カーブサイドピックアップ」のGoogleマップでの検索は、米国で前年比で9000%近く増加しています。
  • Googleマップでの「割引」の検索は、世界中で前年比100%以上増加しています。
  • Googleマップでの「ギフトショップ」の検索数は、世界全体で前年比60%以上増加しています。

2020年は何年でしたが、ワクチンは展開されています-願わくば-願わくば-今後数か月で検索者の行動に多くの変化が見られるでしょう。

でのフォーラムディスカッション ツイッター



This post is exclusively published on seobytech.com

Google MerchantCenterの商品データ仕様の更新

This post is exclusively published on seobytech.com

グーグル 投稿 MerchantCenter製品データ仕様の現在および今後数か月に展開される変更または更新のリスト。 グーグルは「今年のアップデートは無料リストとショッピング広告全体の製品情報の品質を改善することに焦点を合わせている」と述べた。

私たちが期待していた変更のいくつか Googleは、チェックアウトページで価格を変更するEコマースサイトを一時停止する場合があります しかし、ここに完全なリストがあります:

すぐに始まる変更(2021年4月6日)

チェックアウト価格の強制: Merchant Centerの商品データとランディングページの間の価格の正確性の確認と実施に加えて、チェックアウトプロセス全体を通じて価格の正確性の確認と実施を開始します。 アカウントの確認中に、チェックアウト時に商品に提供された価格がランディングページでその商品に提供された価格よりも高いことが判明した場合、警告が表示され、これらの不一致を解決するために28日があります。それ以外の場合、アカウントは次のようになります。停止の対象となります。

詳細については、 price 属性と問題を解決する方法 ウェブサイトのランディングページとチェックアウトページの間で一貫性のない価格設定

地域固有の配送速度: 配送属性の新しいサブ属性を使用して、配送サービスを作成せずに、アイテムレベルで特定の地域の配送速度をカスタマイズします。 min/max_handling_time そして min/max_transit_time。 新しい配送サブ属性は、ショッピング広告と無料リストに適用され、Googleでの購入には適用されません。

詳細については、 shipping 属性、アカウントレベル 配送設定、 そしてその min_handling_time そして max_handling_time 属性。

製品の可用性を「バックオーダー」に更新します。 を使用するときに、商品が入荷待ちになるように指定できるようになりました。 availability 属性。 そのためには、 availability_date 入荷待ちの製品がいつ利用可能になるかを指定する属性。 また、提供する必要があります availability_date 製品の可用性が「予約注文」に設定されている場合は属性。 これは、ショッピング広告と無料リストに適用され、Googleでの購入を通じてリストされた製品には適用されません。

詳細については、 availability そして availability_date 属性。

追加の値: 「big」、「tall」、「plus」の値を追加して、アパレルを使用する際のサイズを示すことができるようになりました。 size_type 属性。 「プチマタニティ」や「大きくて背が高い」など、最大2つの値を指定できるようになりました。 値「oversize」は、 size_type 属性; 代わりに、値「plus」を使用する必要があります。

詳細については、 size_type 属性

支払いプラン製品の国境を越えたものを禁止します。 支払いプランのある商品(つまり、 subscription_cost または installment 属性)単一のフィードを使用して国境を越えてリストされます。 複数の国にまたがる支払いプランで商品を一覧表示するには、商品を複製して、国ごとに個別のフィードで提供する必要があります。 複数の国を対象とした支払いプランのある製品はすべて不承認になります。 これは、すべての国のショッピング広告と無料リストに適用されます。 installment または subscription_cost 属性が利用可能です。

詳細については、 installment そして subscription_cost 属性。

2021年6月15日以降の変更

不承認を避けるために、ブランドとMPNの独自の組み合わせを提供します。 商品データ内の複数の商品が同じブランドとMPNの組み合わせを使用している場合、それらは不承認となる可能性があります。 次の場合、製品は不承認になります。

  • 同じ商品が複数あります brand そして mpn 組み合わせますが、値が異なります item_group_id
  • 同じ商品が複数あります brand そして mpn 組み合わせと同じバリアント属性。 colormaterialpatternsizesize_typeunit_pricing_measuregenderproduct_detailcondition、および multipack

アイテムレベルの警告は、4月6日から診断で発行されます。未解決の場合、これらの警告は6月15日から不承認になります。

詳細については、 brand そして mpn 属性。

日時属性にタイムゾーンを追加します。 日時属性のいずれかにタイムゾーンがない場合(availability_dateexpiration_date、または sale_price_effective_date)、Googleは属性がUTCタイムゾーンにあると想定します。 日時属性の提供方法を​​確認し、タイムゾーンと時刻が欠落している場合は明示的に追加することをお勧めします。 これは、次のようなプロモーション固有の属性には適用されないことに注意してください。 promotion_effective_dates そして promotion_display_dates

日付と時刻の書式設定の詳細

2021年9月15日からの変更

欠落している場合は、出荷国のサブ属性を提供します。 プライマリフィード設定に国を追加するか、 shipping 個々の製品の属性。 提供する場合 shipping 属性の場合、商品が目的の国で表示されるようにするには、配送国のサブ属性を指定する必要があります。 それ以外の場合は、開始します 9月15日、あなたの製品は不承認の対象となります。 アイテムレベルの警告(「サブ属性がありません [country (sub-attribute of [shipping])]”)は、加盟店が影響を受ける製品を特定するのに役立つように、診断ページですでに発行されています。

詳細については、 shipping 属性 と方法 複数の国で商品を表示する

商品が引き続き表示され、不承認の可能性を防ぐには、Merchant Centerアカウントの[診断]ページに移動して、影響を受ける商品を確認し、これらの変更が有効になったら必要な変更を適用してください。

でのフォーラムディスカッション ツイッター

This post is exclusively published on seobytech.com

5つのステップであなたのブランドの報道を獲得する [Case Study]

This post is exclusively published on seobytech.com

著者の見解は完全に彼または彼女自身のものであり(催眠術のありそうもない出来事を除いて)、常にモズの見解を反映しているとは限りません。

2021年に、獲得したメディア報道はあなたのビジネスにとってこれまで以上に価値があります。 あなたのブランドがソーシャルメディアで活発であり、あなたのウェブサイトがSEOのために最適化されているとしても、あなたはまだあなたのウェブサイトへのバックリンクのないオーガニックトラフィックと顧客を逃しています。

グーグルのジョン・ミューラーは最近、デジタルPRを技術的なSEOと同じ(それ以上ではないにしても)努力に値する戦術として評価しているので、適切な獲得メディア戦略を実行することは必須です。

メディア報道を獲得することは、PR初心者にとって気が遠くなるように思えるかもしれません。 次のような質問をどこから始めればよいか疑問に思ったことがある場合 「効果的なピッチを書くにはどうすればよいですか?」 そして 「どのようなコンテンツがマスコミを獲得しますか?」 読む。

この投稿では、私のチームがどのようにして一流の報道機関を獲得し、クライアントのバックリンクを獲得したかについて説明します。 5つの簡単なステップ コンテンツマーケティング戦略を使用し、これらの同じ手順を自分のブランドのコンテンツに適用する方法。

ステップ1:アイデア

コンテンツのアイデアを思いつくときは、コンテンツがいつ表示されるかを見たい見出しを視覚化します メディアの注目を集める。 何を知りたいですか、そしてこのコンテンツをどこに表示したいですか?

あなたが貢献できるあなたの業界でどのような議論が行われていますか? 会話にどのような新しい洞察や情報を追加できますか?

Fractlのクライアントの1つであるPorch.com(住宅改修の専門家とあなたをつなぐ会社)のために、データを使用して住宅改修に関連するストーリーを伝えるアイデアを開発したいと考えました。

私たちは、ワシントンポストなどの広範囲にわたる全国的な出版物や、Realtor.comなどのより業界固有のWebサイトに掲載することを目指しました。

人々が家の中で何かを修理したり維持したりしようとしているとき、大きな懸念はそれがいくらかかるかということです。 私たちは、家のメンテナンスの最も高価な部分と、米国のどこで家のメンテナンスのコストが最も低いかについてもっと知りたいと思いました。

あなたのコンテンツについては、 アイデアを思い付く それは質問に答えるだけでなく、あなたのブランドのサービスや製品の提供にも関係しています。

T6LpxQvchbgJjXnCHosaYuZ cN xplWOO2In4 rtBvhST2q51eUiFNbHGsD2elTqT7sLeC3ktxdA68qCI nGOeJIjsF5yWrQE9vMWlh8l8AO9lCpT8N6hrT90bWy8CukoQRU8Q1Q - 5つのステップであなたのブランドの報道を獲得する [Case Study]

いくつかのアイデアを思いついたら、必ずSUCCEssモデルに基づいて各アイデアを評価してください。 SUCCEssは、Simple、Unexpected、Concrete、Credible、およびEmotionalの頭字語です。

UK2dpCf2SqB8c1Vu6ezBilPVqv8XAX8CR6w21PPXT 25s x8kI3WCGOWu8iOCxe7pbhv9MSdd2AeO2FNIsY14 pMZGpcq3RSyw7v5Q0Gcs0OX6I8r3HqAaqbCYQsRhdth0txSLLG - 5つのステップであなたのブランドの報道を獲得する [Case Study]

Porch.comのキャンペーンのアイデアは、SUCCEssモデルのすべてのボックスをチェックします。

それは簡単です: アメリカの家の修繕費はいくらですか?

予想外です: 家のメンテナンスのいくつかの分野はあなたが思っているよりも費用がかかります。

具体的です: アイデアは具体的であり、質問に答えます。

それは信頼できます: 私たちは主張を裏付けるためにデータを使用しています。

それは感情的です: お金と持ち家は、米国では感情的に訴えられる2つのトピックです。

アイデアが浮かび、成功するためのすべての要素が揃ったら、次はステップ2に進みます。

ステップ2:コンテンツマーケティングキャンペーンを作成する

コンテンツマーケティングキャンペーンを作成するには、さまざまな方法があります。 キャンペーンを作成する方法は、実際には コンテンツに使用しているデータソース

最も人気のあるアイデアのいくつかは、コンテンツに次のソースのいずれかを使用しています。

  • 調査データ

  • ソーシャルメディアデータ(Twitter、Facebook、Instagram)

  • Googleトレンドデータ

  • 社内データ

  • 公開されているデータソース(FDA、WHO、国勢調査局など)

あなたの質問に答える最良の方法を見つけてください。 あなたはアメリカの家族の家庭生活への洞察を得ようとしていますか? 調査はあなたの最善の策かもしれません。 特定のトピックについて人々がどのように感じているかを知りたい場合は、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームをスクレイピングして、その単語について言及してみてください。 時間の経過に伴うクエリの普及率を知りたい場合は、Googleトレンドを使用できます。 最後に、政府の情報源から公開されているデータは、さまざまなトピックについてさらに学ぶための優れた方法です。

私たちのPorch.comのアイデアについては、アメリカ人に家の維持費について尋ねる調査を実行することもできましたが、実行しませんでした。 ほとんどの調査回答者は、修理に費やす金額を見積もることに頼り、データはそれほど信頼できません。

代わりに、ポーチの内部データを調べて、米国の住宅改修費用に関するより信頼性の高い情報を取得しました。 家の維持費が最も高く、費用が最も低く、毎年お金がどこに行くと予想できるかについて、各州の郵便番号を調べました。

プロジェクトに取り組むにはさまざまな方法があるため、戦術を選択する前に、他のすべてのコンテンツ作成方法を評価してください。

ステップ3:デザインとコピーライティング

コンテンツのデザイン作業は、バックリンクや報道を獲得するためにコンテンツを作成するときに忘れてはならない重要なステップです。 コンテンツプロジェクトを担当するジャーナリストは、キャンペーンのグラフィックとデータの視覚化を一貫して使用して、ストーリーテリングを支援します。 データのストーリーを伝えるのに役立つ少なくとも1つのグラフィックビジュアライゼーションを常に目指しているとよいでしょう。

ポーチのキャンペーンを作成する際の私たちの主な目的は、米国のどこで家の修繕費が最も高く、最も低いかを見つけることでした。 マップを使用して調査結果を説明することは完全に理にかなっています。 すべての州の読者は、自分の州が他の州とどのように比較されているかをすばやく簡単に見つけることができます。

たとえば、この資産から、読者はニュージャージーが最も高い住宅改修費用を持ち、ミシシッピが最も低いことを簡単に見分けることができます。

jz2yDDywnWUfI8Q0nPfeg8XZa hD5eaM8aerLHbVRJJ5c4 9vYKaZreuxCI91Rma4MENsDcc2aPjab UQzztTgQoN9S5mtzuwD A1WJW o6PDMcPSEofVELv Z0BeUh3Km1mN6sq - 5つのステップであなたのブランドの報道を獲得する [Case Study]

優れたグラフィックアセットを作成するための鍵は、それをシンプルに保ち、最も重要なこととして、理解しやすくすることです。 円グラフ、棒グラフ、マップなどの単純なグラフを使用して、読者が情報をすばやく消化できるようにします。 デザインを会社のブランドと一致させ、グラフィックのどこかに会社のロゴを常に含めて、キャンペーンがリンクなしでカバーされている場合、誰が調査を行ったかを人々が知ることができるようにします。

コピーライティングに関しては、ストーリーテリングはデータキャンペーンにとって重要です。 このデータは会話にどのように貢献しますか? この情報に基づいて、読者はどのような決定を下すことができますか? データを使ってストーリーを伝え、最も重要な洞察を強調するようにしてください。

キャンペーン用に書かれたコンテンツを作成する場合、 優れたブログ投稿を書くためのすべての要素が当てはまります。 考慮すべきいくつかのヒントは次のとおりです。

  • 説得力のある見出しを使用します。

  • 会話形式で書く—しかし権威あるスタイル。 プロジェクトの要点を解読するために、読者がシソーラスを手元に置いておく必要はありません。

  • 共感を持って書く。 このデータは、現在進行中の現実の問題を補強しますか、それとも反対しますか? トピックに影響を与えた誰かがあなたの発見を見てどのように反応するかを考えてください。

  • コンテンツの目的を検討してください。 デジタルPR用のコンテンツを作成している場合は、 あなたの主な聴衆はあなたが売り込むジャーナリストでなければなりません。 あなたは彼らのために書いています。 したがって、通常のブログ投稿に含めるような大音量のCTAは必ずしも必要ありません。 すべてのコンテンツですべての目標を達成できる(または達成すべきではない)わけではありません。

  • 最後に、良いものを見つけるために読者に大量のデータをくまなく調べさせないでください。 ジャーナリストには、あなたのプロジェクトが彼らに関連している理由を理解する時間がありません。 あなたは彼らに言う必要があります。 最も興味深いデータポイントを指摘し、ジャーナリストのためにそれらのデータポイントに実際に接続します。 あなたのストーリーに関連する現在のイベントを含めてください。

ステップ4:メディアへの働きかけ

コンテンツが作成されたら、間違いなくすべての中で最も困難なステップの時間です。 デジタルPRアウトリーチ。 すべての作業がこの瞬間につながるため、PRの初心者にとってアウトリーチは恐ろしいものになる可能性があります。メディアの報道を確保し、すべての努力に見合う価値を持たせることができるでしょうか。

rRvXJsHfEkKFBYwNq2CZQ9HfOnxtr3JUvxR05RYxMGS1enoTdnmVB9 iOB5l4VfvwtuUgsBs46NvzMFbBtkuQ51L6xdIUAULpcYowvqdUCGZENuBRHaiz1tJcNp0MMlaM3VPCRvv - 5つのステップであなたのブランドの報道を獲得する [Case Study]

良いニュースは、優れたコンテンツがあり、メディアリレーションズのガイドに従うと、アウトリーチのすべての目標を達成できるはずです。

メールアウトリーチのためのリスト作成

リストの作成はメディア報道を獲得するための最初のステップであり、それはすべてあなたのコンテンツから始まります。 手の甲など、チームが作成するコンテンツの調査結果を理解します。 あなたがそれを内外で知っているならば、リスト構築はあなたのためにアクセス可能です。

コンテンツが特徴とするすべての実用的な洞察のリストを作成します。 あなたのコンテンツが作っているのを見ることができる潜在的な見出しは何ですか? ジャーナリストはあなたが提供するデータに対してどのような角度をとることができますか?

私たちは、ポーチの家のメンテナンスキャンペーンのコストについて、地域、産業、金融の3つのジャーナリズムの角度を追求しました。 このトピックでは、大量の地域データを使用し、業界と個人金融に関連しています。

角度が決まったら、コンテンツに関連するトピックを頻繁に取り上げるジャーナリストを探し始めます。 私たちのために、私たちは住宅ローンと住宅改修、そしてDIYをカバーした作家を見ました。

メールアウトリーチのためのピッチライティング

誰に売り込むかがわかったら、さまざまなサイト運営者が関心を持つ可能性のある、コンテンツからのさまざまな調査結果の箇条書きリストを作成します。 金融ジャーナリストは家の修理の経済的影響にもっと興味があるかもしれませんが、業界のサイトは実際のメンテナンスの角度についてもっと知りたいかもしれません。

ピッチを書くとき、メールを簡潔に保ちます—メールあたり200語以内。 最初の段落で、ジャーナリストに連絡する理由を必ず伝えてください。 このコンテンツが彼らに関連していることをどうやって知っていますか?

ジャーナリストは1日に数十通のメールピッチを受け取ります。 彼らとつながることであなたが目立つようにしてください、そしてあなたが彼らの注意を引いたら、長い電子メールで彼らの時間を無駄にしないでください。 ビートに合った関連統計を含め、プロジェクトの要点を伝え、ページ全体へのリンクを送信して、適切かどうかを詳細に確認できるようにします。

2019年、Fractl 500人以上のジャーナリストを調査 PRピッチで何が好きで何が嫌いなのかを尋ねます。 メールの売り込みに関しては、ここに彼らのトップ10の最大のペットのおしっこがあります。

QYYT i0KbXzj3Tmmy1MlGQkmlRiJnhl9S5zWToA0vGOidmgUEjTCT4GB4toamLXa5XkErh9SjMUJEXD3r EzLLo0qne7Bi2x3CPOPTUec1V3xZfJdPLbD7scSdv Tc3yQxR4yJD7 - 5つのステップであなたのブランドの報道を獲得する [Case Study]

ステップ5:成功について報告する

上記の提案プロセスを使用して、家のメンテナンス費用を調査するという私たちの単純なアイデアは、188以上のカバレッジと82のdo-followリンクに変わりました。 Porch.comのキャンペーンが ワシントンポスト住宅ローンレポートRealtor.comリーダーズダイジェスト、 もっと。

bk2KUYcR oxxTjDNFsnDtmId4 Iue1ir1ZhbshbiVkZ1QcijEW  39unjaXWmnOtQ2 38rx8yvwMIdQgs3 BUJZPfzjxJkMAbgQc1EhhRkhLVB2wIK7HzLQzCDfRf0yMA90zwdw2 - 5つのステップであなたのブランドの報道を獲得する [Case Study]

カバレッジがロールインし始めたら、スプレッドシートで各プレースメントを追跡します。 カバレッジURL、リンクの種類(フォローしない、またはフォローしない)、サイトのドメイン権限、およびソーシャルエンゲージメント番号を必ず含めてください。 これらの指標を使用すると、作成した他のキャンペーンと比較してキャンペーンの成功を追跡できます。

獲得したメディアは2021年に普及します

コンテンツマーケティングは複雑である必要はありません。 この5段階の方法は、さまざまなデジタルパブリッシャーでメディアの注目を集め、その過程でバックリンクを獲得するためのフェイルセーフな方法です。

獲得したメディア 2021年以降、これまでで最も有益な広報戦術です。 業界での議論を引き起こすデータに裏付けられたコンテンツキャンペーンを作成すると、SERPSでのブランド認知度、信頼性、ランキングも向上します。 これは双方にメリットのある戦術であり、マーケティング戦術に関しては引き続き主導権を握ります。

This post is exclusively published on seobytech.com

3 Vital Click-Based Signals for SEO: First, Long, & Last

This post is exclusively published on seobytech.com

The author’s views are entirely his or her own (excluding the unlikely event of hypnosis) and may not always reflect the views of Moz.

Does Google use engagement signals to rank web pages?

Certainly yes. Google even says so in their official How Search Works documents:

Source (emphasis added)

Exactly how Google uses engagement signals (i.e. clicks and interaction data) is subject to endless SEO debate. The passage above suggests Google uses engagement metrics to train their machine learning models. Google has also admitted to using click signals for both search personalization and evaluating new algorithms.

When pressed for specifics though, Google typically responds with either forced denials (“We’re not using such metrics“) to carefully-worded deflections (“clicks are noisy.”)

While many Googlers no doubt work hard to be helpful to the SEO community, they are also under pressure “not to reveal too much detail” about their algorithms out of caution that SEOs will game search results. In reality, Google is never going to tell SEO exactly how they use engagement metrics, no matter how many times we ask.

Most SEO debate focuses on if Google uses organic Click-through Rates (CTR) in its ranking algorithms. If you are interested, AJ Kohn’s piece is particularly outstanding as well as Rand Fishkin’s Whiteboard Friday on covering this topic. For a nuanced counter-view, I’d recommend reading this excellent post by Dan Taylor.

To be fair, I believe most of the debate around CTR up to this point has likely been far too simple. Whatever way SEOs think Google uses click data, how Google actually uses clicks is guaranteed to be far more sophisticated than anything we may conceive. This complexity gap gives Google easy deniability, and justification for calling otherwise reasonable SEO theories “made up crap.” (Google may very well say something similar about this article, which is fine.)

Not another CTR debate

At this point, you may think this is another post adding to the CTR debate, but in fact, it’s not. THIS SIMPLY ISN’T THAT POST.

Arguing “if” Google uses click signals leads us down the wrong path. We know Google does, we simply don’t know how. For example, are they direct signals, or used for machine learning training only? Are click signals used in the broader algorithm, or only for personalization?

Instead, lets propose something far more radical, and likely far more helpful to your SEO:

Why you should assume Google uses clicks for ranking

Not too long ago, Google patent guru Bill Slawski posted his discovery of a newish Google patent that described “Modifying search result ranking based on implicit user feedback.”

The patent is fascinating from an SEO perspective because it explains how using click signals can be very “noisy” (as Google often says) but describes a process for calculating “long click” and “last click” metrics to cut through the noise and better rank search results.

To be fair, we have no evidence Google uses the processes described in this patent, and even if they did, it would likely be far more sophisticated/nuanced than the process described here.

That said, the patent is riveting because it supports many of the same best SEO practices we’ve advocated for years. So much so that, if you optimized for these metrics, you’d almost certainly improve your SEO traffic and rankings, regardless if Google uses these exact processes or not. Specifically:

  1. More Clicks (“High CTR”): earns you more traffic no matter your rank, and initial clicks form the basis of all subsequent click metrics.

  2. Improved Engagement (“Long Clicks”): almost always a positive sign from your users, and often an indicator of quality as well as being correlated with future visits.

  3. User Satisfaction (“Last Click”): the holy grail of SEO, and ultimately the experience Google strives to deliver in its search results.

We can summarize these principles into 3 tenets of click-based engagement metrics for SEO: First, Long, and Last.

First Longest Last - 3 Vital Click-Based Signals for SEO: First, Long, & Last

Let’s explore each of these in turn.

1. Be the first click: earning high CTRs

As stated earlier, this isn’t a debate if Google uses CTR. There’s plenty of evidence that they monitor and consider clicks in a variety of ways. (And to be fair, there’s evidence that they don’t use CTR as extensively as many SEOs believe.)

As the Google patent US8661029B1 states:

Source (emphasis added)
Source (emphasis added)

Even if CTR isn’t a ranking signal, having a higher CTR is almost always good for SEO, because it means getting more clicks and more eyeballs on your content.

Besides the inherent value of earning a high CTR, clicks also form the basis of subsequent click-based metrics, including long clicks and last clicks. So earning that first click is an essential step.

How to earn higher click-through rates

Your ability to earn a higher CTR is almost entirely contained with optimizing your appearance in Google search results. How your snippet stands out and gets noticed for being a likely helpful, relevant answer—in a sea of other competing results—is the name of the game.

You may think your options at influencing CTR in this way are quite limited, but in fact, you have many, many surprisingly powerful levers to pull in your favor, including:

  1. Compelling, relevant Title Tags (My Master Class, definitely worth a watch)

  2. Compelling, keyword-rich Meta Descriptions

  3. Structured Data & Rich Snippet Markup

  4. Winning Featured Snippets

  5. Keywords-rich URLs, which Google may use as breadcrumbs

  6. Favicon optimization

  7. Increase brand search

High CTR - 3 Vital Click-Based Signals for SEO: First, Long, & Last

What about artificially manipulating your CTR, either using bots or one of the many blackhat click services you can find on the web? More often than not, these tactics lead to disappointing results. One possible reason why is that Google is very skilled at sniffing out “unnatural” browsing behavior.

Source
Source

So high CTR can be a good thing, but the fact remains—as Google has told us countless times—CTR is a “noisy” signal to use for ranking. Should a result with a flashy title be rewarded simply because users click on it, even if the actual page provides a lackluster experience?

In truth, while earning clicks is one of the primary goals of SEO, the “noise” of the signal is probably why Google avoids using CTR as a direct ranking signal itself.

In fact, earning a high CTR if your content leads to a poor user experience may actually hurt you in the end. More on this below.

So first, we need to figure out if our clicks create a good user experience. Read on…

2. Earn long clicks

So what if you trick people into clicking your URL, but your page actually doesn’t deliver what you promised, or even adequately answer the query.

This isn’t good for users, or for Google. And it definitely isn’t good for you.

One measure of content relevancy search engines can use is weighted viewing time, based on the concept that users typically spend a bit longer time on a site they find relevant, versus a page they find not helpful. Within this framework, “long clicks” can carry more weight than “short clicks.”

The patent explains it like this:

Source (emphasis added)
Source (emphasis added)

“But Cyrus,” smart SEOs protest, “not every query needs a long click. Many searches, like the weather or the “highest mountains in Europe,” can be answered very quickly, often in seconds. It doesn’t make sense for these pages to have long clicks.”

Those SEOs are right, of course. Fortunately, Google engineers understood not every query is the same and devised a clever solution: click scores can be weighted on a per-query basis, including language and country-specific click data.

“Note that such categories may also be broken down into sub-categories as well, such as informational-quick and informational-slow: a person may only need a small amount of time on a page to gather the information they seek when the query is “George Washington’s Birthday”, but that same user may need a good deal more time to assess a result when the query is “Hilbert transform tutorial”

— US Patent 8,661,029 B1

To dive a little deeper, it’s not so much how long visitors stay on your page, but your ratio of long clicks (LC) to overall clicks (C), weighted on a per-query basis. This LC|C ratio could be used to re-rank queries based on user-engagement.

Long Click Ratio - 3 Vital Click-Based Signals for SEO: First, Long, & Last

Take this a step further: results with good long-click ratios may rank higher, while results with poor long-click ratios may rank lower.

So consider a situation where you “hacked” your CTR to earn more clicks, but the page itself doesn’t deliver, resulting in more short clicks. In theory, this could actually hurt your rankings, even though you started with a higher CTR!

So be sure to back up your higher CTRs with great user experiences, e.g. long clicks.

How to optimize for long clicks

Many SEOs refer to long clicks as analogous to improving your “dwell time”, or simply the amount of time a user spends on your site. The signals associated with improving dwell time are often known as “UX” (User Experience) signals.

The golden rule of getting more long clicks is simply this: provide the most useful, complete, and engaging answer to a user search query, in the most attractive and effective format possible.

A note of distinction: because most pages rank for multiple keywords, and multiple keyword variations, all with possibly varying search intent, it’s often helpful to target for those various search intents all on the same page.

For example, a user searching for information about meta descriptions may also be interested in “meta description length”, “meta description format” and “how to write meta descriptions.” Optimizing more completely for these varying search intents can improve your long click metrics.

Pro Tip: You don’t need to optimize for every user intent on the same page. Linking to other resources on your site is fine, and even encouraged! Visitors don’t have to stay on the same page for a search click to count as “long.”

Aside from the quality of the content itself, there are a number of UX factors you can employ to encourage your visitors to engage with your content at a deeper level. While not an exhaustive list, a few examples may include:

  1. Have a clean, easy-to-use navigation

  2. Make your site easy to search

  3. Place important content above the fold, where it’s easy to find

  4. Leverage high-quality videos (Moz’s Whiteboard Friday pages have an average view time of nearly 10 minutes!)

  5. Strive for 10x Content

  6. Use attractive, modern design

  7. Prominently link to closely related topics to cover multiple searcher intents. These can be internal links, or even external links.

Admittedly, there aren’t a ton of good excellent resources published on increasing engagement and improving long clicks. That said, I believe Brian Dean of Backlinko does an excellent job with this, and his resource on improving dwell time is worth checking out.

3. Be the last click

Yes, being the last click may be the holy grail of SEO.

A user clicks their way through a page of search results, not finding what they are looking for. Finally, they click on your URL and behold!…. You have the answer they sought.

It means you’ve satisfied the user query.

Source (emphasis added)
Source (emphasis added)

Put simply, being the last click means searchers don’t return to Google to select another result (e.g. pogo sticking.)

Even if Google doesn’t use this as a ranking factor, you can see how it might benefit your SEO to be the user’s last click as much as possible. Satisfying the user query means users are more likely to browse and share your content, as well as seek you out again in the future.

Last Click - 3 Vital Click-Based Signals for SEO: First, Long, & Last

How to be the last click

In my own SEO, there are fewer things I’ve seen associated with greater success than improving visitor satisfaction, and this is exactly what Google seeks to reward.

It’s also damn difficult to achieve.

Sadly, a typical process in SEO is to give a content brief to a copywriter, expect them to cover all the salient points, hit publish, and hope for the best. But more often than not, do you believe this content truly deserves to rank #1? Is this the first, last, and only result a user needs to click?

Years ago when working in a successful restaurant, a manager gave me advice about delivering 100% customer satisfaction that I will never forget: “Whatever happens, make sure they want to come back.”

This is how you should treat SEO: make sure every visitor to your site wants to come back.

Exactly how to make sure your visitor wants to come back is going to vary based on each and every query, but generally, it means going the extra mile, answering questions more completely, and offering the user more resources and a better experience.

In short, deliver an experience superior to every one of your competitors.

Beyond this, I recommend these 3 resources when improving your content (all amazingly from Rand Fishkin):

  1. How Google Gives Us Insight into Searcher Intent Through the Results

  2. 121 Examples of 10X Content

  3. Optimizing for Searcher Intent Explained in 7 Visuals

Metrics for click-based engagement signals

To be honest, it’s nearly impossible to accurately measure click-based signals, as Google holds all the data.

(Even if you could accurately measure your long click/click ratio, or last click metrics, calculating their actual value would be meaningless without an accurate account of every other Google search result, let alone on a per-query basis.)

That said, there are metrics that can help you directionally measure any progress you might make. These are all available either through Search Console or Google Analytics:

  1. Click-through Rate (CTR)

  2. Average Session Duration

  3. Bounce Rate

  4. Goal Conversion Rate

Keep in mind that there is no such thing as a “good” score for these numbers, as everything is relative to the specific query it appeared for, as well as every single one of your competitors.

Regardless, these metrics can be directionally useful indicators when making improvements to your content. For example, if you see a drop in bounce rate and increase in session duration after a major content update, you can take this as an indicator that things are moving in the right direction. And in fact, it’s not unusual to see an increase in rankings/traffic after such a change accompanied by a positive shift in metrics.

While we can’t directly see what Google might measure in terms of complex click metrics, we can often make educated guesses.

And even if Google isn’t using these metrics exactly the way we speculate, we can still improve our SEO by paying attention to the user click behaviors we have influence over.

Thanks for making it this far. Remember:

  1. Be First

  2. Be Long

  3. Be Last

Get those clicks, and earn them!

Appendix A: Evidence of Google using click-based ranking signals (incomplete list)

  1. Google Posts That Local Results Are Influenced By Clicks, Then Deletes That

  2. How Google Interferes With Its Search Algorithms and Changes Your Results

  3. Evidence Mounts that Click-through Rates Affect Ranking

  4. User Behavior and Local Search – Dallas State of Search 2014

  5. Is CTR A Ranking Factor In Organic Results? (Negative result)

  6. Mad Science Experiments in SEO & Social Media

  7. Queries & Clicks May Influence Google’s Results More Directly Than Previously Suspected

  8. Yes, The Click-Through Rate Is A Ranking Signal, But…

  9. Test points to likely influence of click-through rate on search rankings

  10. Google Brain Canada: Google Search Uses Click Data For Rankings?

  11. Rank Fishkin: Yes, Google uses “user signals, like clicks.”

Appendix B: Partial list of Google-owned patents that describe using clicks as a ranking input

  1. Propagating query classifications – US8838587B1

  2. Modifying ranking data based on document change – US9002867B1

  3. Modifying search result ranking based on implicit user feedback – US8661029B1

  4. Determining reachability – US8838649B1

  5. Identification of implicitly local queries – US8200694B1

  6. Locally Significant Search Queries – US20140172843A1

  7. Modifying search result ranking based on implicit user feedback and a model of presentation bias – US8938463B1



This post is exclusively published on seobytech.com

SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

This post is exclusively published on seobytech.com

著者の見解は完全に彼または彼女自身のものであり(催眠術のありそうもない出来事を除いて)、常にモズの見解を反映しているとは限りません。

SEOの専門家として、最新のGoogle検索エンジンの結果ページに簡単に遅れをとることができます(SERP) 特徴。 頻繁に更新することで、私たちは常に気を配り、仕事を面白く保つことができます。

最近、私は仲間のMozライターとオールラウンドな素晴らしいSEOとチームを組みました。 イッツィ・スミス、「SERPPursuit」という名前の新しいSEOクイズシリーズを作成します。 必要に応じて、クイズはまだ開いています あなたの知識をテストする グーグルのSERP機能の。

クイズの結果は、参加者が苦労したり混乱したりした可能性のある質問など、さまざまなSERP機能トピックに関するSEOコミュニティからの洞察のコレクションでした。

クイズを共有して参加してくれたすべての人に感謝します! シリーズの一番上の質問は825の回答を受け取り、強力なサンプルサイズを提供しました。 質問ごとに、サンプルサイズが質問とともに含まれています。

私たちのデータに見られる6つの一般的な誤解は、構造化データに関連しています( schema.org)、注目のスニペット、未払いのショッピングタブのリスト(現在は「無料の製品リスト」と呼ばれています)、およびWebストーリー。

ここに、質問、それらの質問への回答、および正解がそのようなものである理由を説明する詳細があります。

  1. FAQとハウツースキーマの豊富な結果

  2. 構造化データマークアップの使用が多すぎる

  3. 注目のスニペットに影響を与える構造化データ

  4. 注目のスニペットでテキストにスクロール

  5. 入力を一覧表示する未払いのショッピングタブ

  6. Webストーリーデバイスタイプの豊富な結果

1. Googleの最初のページに表示できるFAQとハウツースキーマの豊富な結果の最大数はいくつですか?

Googleの最初のページに表示できるFAQとハウツースキーマの豊富な結果の最大数は3つです。 これは両方で証明されています FAQスキーマ そして ハウツースキーマ モバイルとデスクトップの検索結果全体で豊富な結果。 対象となるリッチ結果が3つ未満の場合、フィルタリングが行われます。

775の回答の質問サンプルによると、39%で最も人気のある回答は、FAQとハウツーの豊富な結果に制限がないというものでした(不正解)。 「3」の正解は、回答者の34%が選択しました。

faq howto schema question results - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

これは歴史的にFAQとハウツースキーマ以外の豊富な結果に対する答えであったため、参加者は「制限なし」の応答に引き付けられた可能性があります。 たとえば、商品スキーマを含むレビュースニペットには、表示できるGoogle検索結果ページや同時に表示できる量に関する制限はありません。

しかし、これは私が過去2年間に広範囲にわたって書いてきたトピックであるため、正解した参加者の数を見てうれしく思います。 フィルタリングは、FAQとハウツーの豊富な結果が表示されない非常に一般的な理由であり、制限を認識することは、トラブルシューティングの大幅な時間の節約になります。

2. 1つのページに構造化データのマークアップが多すぎる可能性はありますか?

いいえ、それ 不可能である 1ページに構造化データが多すぎる。 しかし、過度の使用によるGoogleからの影響がないという理由だけで、多くの場合、他の場所で時間を費やしたほうがよいでしょう。 最終的には、サイトに価値を提供するものに焦点を当てる必要があります。 有効なスキーマを使用する Googleが使用する情報が含まれています。

604の回答の質問サンプルによると、55%で最も人気のある回答は、1ページに構造化データが多すぎる可能性があるというものでした(不正解)。 「False」の正解は、回答者の45%が選択しました。

no limit to amount of structured data that can use answer false - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

この質問はセマンティクスに帰着するものですが、SEOコミュニティの間で混乱を引き起こします。 SEOのコンテキストでは、 一般的なランキング要素なし 構造化データの使用に関連付けられています。 ただし、適切なスキーマタイプを使用し、使用状況を適切に分散させることで、ユーザーに適切な結果を提供できます。 何が豊かな結果をもたらすのか、何がもたらされないのかを覚えておくことも良いことです。

ほとんどの場合、構造化データは、かなりの定期的な時間の投資を必要とするタスクであってはならないというのが私の意見です。 WordPressを使用している場合、サイトが直面している進行中の構造化データの問題の多くをすでに解決しているYoastなどのツールがあります。 彼らのプラグインは、(避けるべき)多大な時間の投資なしに、グーグルにたくさんの構造化されたデータ信号を提供します。

3.構造化データ(schema.orgのコンテキスト)は、Googleで注目のスニペットを生成するために使用されますか?

いいえ、構造化データ(schema.orgのコンテキストで)は 注目のスニペットの生成には使用されません Googleで。 ただし、ページ上のコンテンツの構造は、多くの場合、要因になります。 Googleのシステム コンテンツが注目のスニペットに含めるのに適しているかどうかを判断します。

structured data not influencing featured snippet example google - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

579の回答の質問サンプルによると、52%で最も人気のある回答は、構造化データを使用して注目スニペットを生成することでした(不正解)。 「False」の正解は、回答者の48%が選択しました。

featured snippet schema question results - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

注目のスニペットに影響を与える構造化データの誤解は、私がよく遭遇するものです。 多くの場合、構造化データがページに追加され、ページが表示されてから注目スニペットに追加されるという実験に基づいています。 注目のスニペットがどのように動作するかを理解していると、この接続は、寄与要因としても意味がありません。

私の最後の記事 私がMozのために書いたもので、いくつかのサイトが注目のスニペット内でランク付けされないようにする方法を示しました。 これは、コンテンツがGoogleの検索結果の上部に目立つように表示される方法に関する複雑さを示していますが、構造化データは、Googleが繰り返し言及しているものであり、注目のスニペットには影響しません。 2015年までさかのぼる

4.注目のスニペットの結果がクリックされると、黄色のテキストが強調表示されてスクロールする機能がトリガーされるシナリオはどれですか。

現在、スクロールからテキストへのスクロールは、2つの別々のシナリオでGoogleの注目スニペットに対してのみトリガーされます。 1つ目は、Chromeブラウザが(モバイルとデスクトップの両方で)使用されている場合と、ブラウザが使用されているモバイルデバイスでAccelerated Mobile Pages(AMP)を使用してURLが作成されている場合です。

527の回答のクイズサンプルによると、48%で最も人気のある回答はクイズの正解でした。 これに最も近い答えは、これはデスクトップ上のChromeでのみ発生するということで、回答者の36%が選択しました。

scrolltotext with featured snippets triggered in chrome and when using AMP quiz result - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

回答者の割合が最も高かったのですが、回答者の半数を超えていなかったため、議論する価値はあると思います。 注目のスニペットのハイライトが起こっています 2019年12月までさかのぼります、ただし元々はAMPで作成されたページ専用でした。

テキストへのスクロールは、検索への興味深い追加です。 徐々に拡大しました Chrome経由での使用、散発的に洞察に Google SearchConsoleに表示される、そして今では注目のスニペットだけでなく、 いくつかの知識パネル および内の編集レビュー いくつかの無料の製品リスト

5.未払いのGoogleショッピングタブのリストで、商品フィードはMerchant Center経由で送信され、構造化データは入力として使用されますか?

Googleの[ショッピング]タブに表示される未払いのリストは、MerchantCenterの商品フィードを介して送信されたデータのみに基づいています。 サポートは元々、商品フィードと構造化データの両方を対象としていましたが、Googleは ドキュメントが更新されました 2020年5月に独占的に製品フィードになります。

Structured Data Markup Not Supported for Unpaid Listings in Google Shopping Tab Example - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

468の回答の質問サンプルによると、78%で最も人気のある回答は、商品フィードと構造化データの両方が入力として使用されているというものでした(不正解)。 「False」の正解は、回答者の22%のみが選択しました。

google structured data and product feeds merchant center and free shopping listings - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

クイズのすべての質問の中で、これは最も多くの回答者をつまずかせたものでした。 2020年5月以前は、商品フィードと構造化データの両方が未払いのショッピングタブリストの入力として使用されていました。 これはGoogleのドキュメントの変更としてのみ示され、元の発表として含まれていたため、これが回答者を混乱させた可能性があることがわかります。

A 最近の発表 グーグルから、名前を「グーグル全体の表面」から「無料の製品リスト」または「無料のリスト」に変更しました。これもこの機能を覚えておくとよいでしょう。 ただし、[ショッピング]タブ内の「無料リスト」に関連する問題のトラブルシューティングを試みている場合は、商品の構造化データではなく、マーチャントセンターのデータの調査に時間を費やしてください。

6.豊富な結果に関して、Webストーリーは、デスクトップとモバイルの両方で検索結果をより目立たせますか?

Googleのウェブストーリーはモバイルとデスクトップの両方の検索結果でランク付けできる機能ですが、豊富な結果要素はモバイルでのみ機能します。 WebストーリーをサポートするようになったAMPテストを使用すると、Webストーリーの豊富な結果がモバイルデバイスでどのように表示されるかをプレビューできます。

google amp test with web stories - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

407の回答の質問サンプルによると、69%で最も人気のある回答は、Web Storyの豊富な結果がデスクトップとモバイルの両方で表示されるというものでした(不正解)。 「False」の正解は、回答者の31%が選択しました。

web stories only stand out on mobile - SEOにおける6つの一般的なGoogleSERP機能の誤解

デスクトップデバイスを使用しているときにWebストーリーがGoogleの検索結果に表示されると、ユーザーにとっては奇妙な体験になる可能性があります。 彼らは結果を選択すると、突然、没入型のフルスクリーンWebストーリー体験に飛び込みます。 これはユーザーへのプロンプトなしです(URLは標準のウェブ検索リストのように見えるため)。これはGoogleがまだ対処する必要のあるUXです。

ウェブストーリーは興味深いフォーマットであり、モバイルでの豊富な結果のメリットを検討する価値があります。また、ウェブストーリーは、GoogleのDiscoverFeed内で頻繁に提供されることもあります。 私はについて書いた いくつかのWebストーリーSEOのヒント 出版社がGoogleのプラグインを使用して作成する際に留意する必要があります。

最終的な考え

この投稿で取り上げる質問は、クイズの回答者が構造化データ、注目のスニペット、無料の製品リスト、およびWebストーリーに関連して最も苦労した上位の領域です。 これらのSERP機能の質問のいくつかで混乱を感じた場合は、自分自身にそれほど苦労しないでください。理解を深める機会としてこれを使用してください。

この投稿で言及されている領域を釘付けにすることは、GoogleSERP機能の知識を拡大するための素晴らしいスタートです。 SERP機能はGoogleで頻繁に変更されます。 Googleのドキュメントに対する最新の変更を常に更新したい場合は、ブックマークすることを強くお勧めします。 このページ、重要な変更が行われたときに機能します。



This post is exclusively published on seobytech.com

SaaSホームページを最適化する方法:キーワード、リンクなど

This post is exclusively published on seobytech.com

SEOに関しては、 ホームページ 典型的なSaaSWebサイトで最も問題のある資産になる傾向があります。

多くの初期段階のSaaSブランドの場合、Webサイトはホームページと、SEOの価値をあまり提供しない少数のサポートページで構成されています。

しかし、より確立されたSaaS企業(検索の可視性を高めるためにサイトが大きく、ページ数が多い企業)でさえ、ホームページをうまく活用するのに苦労しています。

SaaS会社のホームページをどのように最適化できますか? ここにいくつかのアイデアがあります ドライブランキング、トラフィック、および新規ビジネスへの転換。

特にホームページSEOがSaaSブランドにとって非常に難しいのはなぜですか?

それに直面しましょう、ホームページSEOはほとんどすべての人にとって混乱しています。 SaaS企業であれ、地元企業であれ、他の業種であれ、SEOの観点からこの不動産をうまく活用するのに苦労している多くの業種があります。

広告

以下を読み続けてください

同時に、ホームページは、ほとんどすべての企業が最も気にかけている1つの資産でもあります。

それはしばしばプライマリです ランディングページ、トラフィックソースに関係なく。 そのため、最も頻繁に使用されるのはその1つの資産でもあります。

  • 訪問者を歓迎します。
  • ブランドの第一印象を与えます。
  • 会社が何をしているのかを説明します(または少なくともそれを示唆し、他の誰かがそれについてもっと学ぶことができる場所を提案します)。
  • 会社が提供する価値と、会社とその製品を市場で際立たせるものについて説明します。
  • 訪問者に、探している情報を見つけることができる場所を示します(ナビゲーションとそこに配置した内部リンクの両方を介して)。

Yoastとして 説明 ホームページSEOへの典型的なアプローチ:

「私がホームページを感じる1つの目的 持っていない、 それはあなたの商号やブランド以外のキーワードのランキングです。」

これはほとんどのブランドに当てはまります。 しかし、SaaS市場(およびそれに伴うSaaSマーケティング)は他の業界とは異なると私は主張します。

SaaSの違いは何ですか?

多くの初期段階のブランドには、他の商業資産がありません(または、それ以上のものを作成する能力さえありません)。

多くのSaaS企業にとって、ホームページは商業的な役割を果たしており、唯一の商業的なページである可能性があります。

広告

以下を読み続けてください

例:

内部ページがほとんど商業的価値を持たないSaaSWebサイトの例。

次に、の問題があります ブランド認知

誰もがアサナのことを聞いたことがあります。 ドリフト。 HubSpot。

それらの会社は彼らの中で派手なキャッチフレーズを使うことができます メタタイトルタグ そしてそれで逃げます。 彼らは人々がとにかく彼らのブランドを探していることを知っています。

他のキーワードに関しては、それらの会社はそれらのフレーズをターゲットにするために何千ものページを持っています。

(そうは言っても、Hubspotはまだ製品カテゴリ用にホームページを最適化しています。)

しかし、あなたが業界で自分のためのスペースを切り開こうとしている比較的新しいSaaS企業である場合、より確立された競合他社を打ち負かし、キックスタートの成長に焦点を合わせようとしている場合、誰かがGoogleであなたの名前を検索し、ホームページ(サイト上の唯一のページ)はあなたを遠ざけるつもりはありません。

それで、あなたの選択肢は何ですか?

SaaSSEO戦略におけるホームページの役割

あなたのホームページの重要性は、あなたが(まだ)最適化する他のページがないという事実をはるかに超えています。

あなたの製品が何をするのか、それがどのカテゴリーに分類されるのか、そしてユーザーがそれからどのような価値を得るのかを明確に説明するほど、検索エンジンは検索結果であなたをランク付けする方法を確立するのが簡単になります。

SaaSを始めたばかりの場合、ホームページはすべてではないにしてもほとんどのオーガニックリンクを引き付けます。

言及が何であれ、あなたの製品が取得するメディア参照または他のPRはおそらくあなたのホームページにリンクします。

広告

以下を読み続けてください

あなたのイニシャル リンク構築戦略 –ゲスト投稿、 デジタルPR、ポッドキャストの外観、またはサイトをSaaSディレクトリに送信することは、おそらくホームページも対象とします。

他のサイトがあなたのホームページにリンクすると、それらは通過します PageRank その後、特定のページがGoogleによって見つけられるように、サイト全体に配布できます。

スマートな内部リンク ホームページで収集したPageRankの利点を、開発時に新しいページに渡すのに役立ちます。

では、SaaSホームページを最適化するために使用するキーワードは何ですか?

注目すべきキーワードは3種類あります。 最初のフレーズは明らかですが、他のフレーズに適したフレーズを見つけるには、次のことを行う必要があります。 キーワード研究

1.あなたのブランド

他の用語に焦点を当てる必要があるにもかかわらず、ホームページにブランド関連の用語を含めることをお勧めします。

少なくとも、ホームページのタイトルタグ(通常はタグの最後)に会社名または製品名を含めてください。

広告

以下を読み続けてください

このようにして、タグの主な焦点が主要なターゲットキーワードにあることを確認します。

例:

SaaSホームページのメタタイトル。

ほとんどの場合、ページ全体にブランドを自然に振りかけることにもなります。 メタディスクリプションで言及します。おそらく、メインの小見出し、キャッチフレーズの下、画像の代替テキスト、または本文の別の場所(レビューや証言など)に自然に発生するように含めます。 。

広告

以下を読み続けてください

2.製品カテゴリー(意図が正しい場合)

ここから、貴重な商用トラフィックを促進する可能性のあるフレーズのホームページ(およびブランド)を配置し始めます。

製品カテゴリ関連のキーワードは、製品を最もよく定義する主要なカテゴリを表します。

これらは、プロジェクトの属性や機能を定義する可能性のあるキーワードではなく、製品が何であるか、およびブランドとはまったく関係がないことをユーザーに伝える、より一般的なシードフレーズです。

これらは多くの場合、クライアント、投資家、またはさまざまな利害関係者(エンタープライズリソースプランニングソフトウェア、CMSおよびeコマース、通信プラットフォームなど)に製品を説明するために使用するフレーズです。

これらは、営業担当者がメールや販売資料などでそれらを参照している用語です。

製品カテゴリ関連のキーワードをどこに含めるか?

これはターゲットとする主要なキーワードであるため、すべてのページで使用します。

  • メタタグ内。
  • ページの H1タグ
  • ページの本文コンテンツのオープニング。
  • altタグなどで。

広告

以下を読み続けてください

例外:キーワードのユーザーインテントがホームページとは異なる場合

商品カテゴリに関連するフレーズに対するユーザーの意図が、ホームページでターゲットにできるものと異なる場合があります。

フレーズは最初は商業的な意図を持っているように見えるかもしれませんが、調べてみると、さまざまな意図にランク付けされていることに気付くかもしれません。

キーワードフレーズを取る [small business CRM]。 このキーワードは、ソフトウェア製品のホームページで使用するのに理想的です。

しかし、SERPを見てください。 これらのリストには、主に情報コンテンツが含まれています。

  • 上位のページのほとんどは、CRMソフトウェアソリューションのコレクションを紹介するリストです。
  • これらのページはいずれも製品のホームページではありません。
  • 実際のCRMソフトウェアドメインランキングは1つだけであり、それでも商用ページではありません。

SERPの例。

ホームページのランク付けは、特にあまり知られていないSaaSブランドの場合、達成するのがかなり難しいか不可能です。

広告

以下を読み続けてください

ここには2つのオプションがあります。

  1. 妥協して、別の製品カテゴリ関連のキーワードを特定する (または製品カテゴリに十分近いものを少なくとも1つ。)別のページを作成して、意図した元のキーワードをその意図に関連するコンテンツでターゲットにします。
  2. ブランドのみに焦点を当てます。 個人的には、これは初期段階のスタートアップにとっては妥協点が多すぎると思います。

3.製品のコア製品に関連するキーワード

あなたのブランドと製品カテゴリーのポジショニングについて説明しました。

しかし、あなたの製品を説明する他のフレーズはどうですか? 製品の特徴に関連するキーワードはどうですか?

これらのフレーズはあなたの主要なキーワードではありませんが、それらを織り込む方法があります。

さらに、ホームページを使用して、それらのキーワード用に作成する可能性のある特定のページをサポートできます。

方法は次のとおりです。

製品のリストを含める 機能性。 あなたはおそらくそれをすでに何らかの形や形でページに持っています。

ホームページの例。

次に、これらの各セクションを関連するランディングページにリンクします。

広告

以下を読み続けてください

理想的には、リンクのアンカーテキストで追加のキーワードを使用して、関連性を高めます。 この方法で3つの目的を達成します。

  • ホームページのトピックの関連性を高めます。 グーグルや他の検索エンジンは、あなたの製品が何をするのか、そしてどのフレーズがあなたのドメインに関連するのかをよりよく理解するでしょう。
  • あなたは訪問者が彼らのニーズに関連するコンテンツを見つけるのを支援します。
  • そして最後に、製品の特徴に関連するキーワードをランク​​付けするために作成した追加のアセットのページ権限を強化します。

SaaSブランドのホームページは、ブランドクエリや直接アクセスのランディングページ以上のものです。

現在および将来のさまざまなタイプのクエリのオーガニック検索ランキングにどのように影響するかを理解し、それらの機会をうまく活用してください。

その他のリソース:

広告

以下を読み続けてください


画像クレジット:

2021年3月に作成者が撮影したすべてのスクリーンショット

!function(f,b,e,v,n,t,s) {if(f.fbq)return;n=f.fbq=function(){n.callMethod? n.callMethod.apply(n,arguments):n.queue.push(arguments)}; if(!f._fbq)f._fbq=n;n.push=n;n.loaded=!0;n.version='2.0'; n.queue=[];t=b.createElement(e);t.async=!0; t.src=v;s=b.getElementsByTagName(e)[0]; s.parentNode.insertBefore(t,s)}(window,document,'script', 'https://connect.facebook.net/en_US/fbevents.js');

if( typeof sopp !== "undefined" && sopp === 'yes' ){ fbq('dataProcessingOptions', ['LDU'], 1, 1000); }else{ fbq('dataProcessingOptions', []); }

fbq('init', '1321385257908563');

fbq('track', 'PageView');

fbq('trackSingle', '1321385257908563', 'ViewContent', { content_name: 'saas-homepage-seo', content_category: 'seo ' });

}// end of scroll user

This post is exclusively published on seobytech.com

Consolidating Locations and Google My Business Listings Due to COVID-19

This post is exclusively published on seobytech.com

The author’s views are entirely his or her own (excluding the unlikely event of hypnosis) and may not always reflect the views of Moz.

Image credit

How should you handle Google My Business listings when circumstances force a multi-location brand to consolidate?

This question is one I’m now increasingly receiving from local enterprises. Brands which made rapid adaptations in 2020 to continue serving the public are now having to make longer-term decisions based on the COVID-19 recession, altered consumer behavior, and budget.

Uprooting branches is painful. I believe it’s still too early to predict whether customers’ habits have been permanently changed by the pandemic and adoption of emergent service methodologies, such as telemeetings or home delivery. Forever is a very long time. That being said, Black Friday 2020 saw foot traffic cut in half and some multi-location brands faced with this reality are having to evaluate how to consolidate their bases of operation. A brand which formerly maintained five storefronts in a single city wants to know if it can weather the storm and build a future from just one physical locale.

Each business scenario is different, but there are general questions you should ask prior to consolidation, and there are specific steps to take if you determine the business you’re marketing must retrench. I want to be sure to mention that this article deals with permanent location closure. If you need to temporarily close a location due to COVID, read Google’s guidance on this.

Today, we’ll help you consider important factors in the decision-making process about permanent closure of locations, walk you through managing Google My Business listing consolidation with help from a Google Gold Product Expert, and prepare you for changes you may experience as a result of reducing your local footprint while working to make the best of a bad situation.

One of the challenging aspects of this tough scenario is that the business you’re marketing will need to choose which locations to close and which ones should remain open. I recommend asking these four questions, because the answers will be different for each brand and each market:

1. Is bias towards a city or industry centroid appearing to impact the local results for my top search phrases?

Go to Google and look up the name of a city in which you’re considering consolidation. Click on the map and identify where Google is locating the name of the city on the map. That is roughly Google’s idea of the center, or centroid, of the city:

sC Zi9SxnlVUmnrqTETSJnrim9aVl8AeUvO1ESo0Vmy9BeBhg56PKK7mmtzvmf9A2CVrFYwJnhazn QwNnuZMmVtiLNWYPDCDFCT4knJk8UXly UyahYrn9oHfBNlz7oKLHtn Zt - Consolidating Locations and Google My Business Listings Due to COVID-19

Now, from a remote location (not at or too near your place of business), perform some of your most important searches and evaluate whether Google appears to be clustering the local pack, local finder, and Google Maps results around that centroid, of if they look fairly evenly distributed around the city. Document your findings.

Next, evaluate whether there is an industry centroid appearing to exert influence on the results for your searches. For example, in this search for auto dealerships, Google is clustering the lion’s share of the results around the auto row in this town, though there are many other dealerships in other parts of the city:

V0fNslEkhNbrkAUDs5aAyCH4JYu8k4f wWUjl1pA6eXFi14GMakzkGeCnE3Hf0xHRBP0QyK57xdwWDGctPXH3Sj02azpuhwExF2yRZp1bHyjB6K05Frl68PbHLgCTnmEcWtzJcft - Consolidating Locations and Google My Business Listings Due to COVID-19

If one of your locations in a particular city is close to a city or industry centroid, and these points on the map appear to be influencing local search results for your most important search phrases, count this as a vote for keeping this location open while closing others that aren’t as close to these centroids.

2. Which location has historically done the highest volume of business, and does this still hold true today?

Take whatever practical data you have about the real-world performance of all your locations within a city. Compare pre-pandemic rates of foot traffic, transactions, phone calls, and any other metrics you have to these same figures today, even if you transition the data points to cover adaptations like curbside pickups, requests for delivery, or telemeetings. Document your findings. Count a vote for the winner of these benchmarks.

3. Which location is performing best in Google’s local results?

Here, you want to identify whether the GMB listing for one of your locations is outperforming the others in a city for core search phrases. Perhaps it’s the one with the highest star rating, the most reviews, the most owner responses, the closest proximity to a centroid, the best photos, more Q&A, or more regularly-scheduled Google Posts. Whatever factors are driving it to rank best for the business, document your findings.

If you’re not sure whether one of your locations is your strongest performer, learn to conduct a competitive local business audit in Chapter 1 of the Essential Local SEO Strategy Guide.

If one of your listings stands out as the strongest, count that as a vote for it.

4. Which location, if any, has amenities that have strengthened its ability to serve during an emergency?

It may be the location with the biggest parking lot that is facilitating easier curbside pickup. Or the one with the drive-thru window. Or the one with the biggest storeroom to house products telehelp experts can interact with during customer service meetings.

If one of your locations has been better able to safely and effectively serve the public during the public health emergency, count that as a vote for it being the one that remains open.

To finalize, look at which location won the most votes in these four questions, and include that information in your final deliberations about which place should remain open while others are closed.

COVID-19 has created scenarios that local businesses have never faced before. Google has done a good job rolling out reactive features, like new GMB attributes and post types, but I think they are still trying to play catch-up in terms of updating guidelines for unforeseen scenarios. Normally, when I encounter a novel situation, I directly contact Google staff to be sure the advice I might give to a business has their official stamp of approval. But, for the past few months, I haven’t received responses to my requests for comment and guidance via the usual channels.

This led me to post about the emergence of COVID-driven location consolidation in Google’s help forum, and fortunately for all of us, volunteer Gold Product Expert, Krystal Taing, took the time to respond with thought and care. If you’ve determined that consolidating your locations within a city is necessary, here is Krystal’s advice on how to follow through digitally with your Google My Business listings:

  1. Mark the closed locations as permanently closed. Here is Google’s process for doing so.
  2. Go to Google Maps and click the “suggest an edit” button. Mark the closed locations as “moved” to the location that will remain open. See the option for this in the following screenshot:jGQ0SqGymwIbEWCFYp60QP6T9ectXxCbb u 0b4yc5pNJL69wgUKR3zNPZ4tdI3e0UJ8CJr6qOOHqrO59NKUqG3Ojw CjDWfypJIm8rdvbjlA5aR7y3olXfYMQtn6gE3F24LGCW9 - Consolidating Locations and Google My Business Listings Due to COVID-19
  3. Send a request to Google to ask if they will transfer the reviews of the closed locations to the remaining location. Here is Google’s process for doing this. It’s important to know that it’s not guaranteed that Google will move your reviews, but it’s worth it to ask. Be sure to include the Maps URLs or listing CID numbers from both the closed listings and the remaining listing in your request to be clear about which locations you mean.

    Sincere thanks to Krystal Taing for providing a process for all brands who are facing this dilemma. The volunteers in Google’s forum provide so much guidance, for free, and I sincerely hope Google will evaluate the emergence of COVID consolidation and release official guidelines for it sometime this year.

    I want to address this very important question by first expressing my sympathy for any brand owners who have found themselves in this situation, and for their marketers who are trying to give good advice in difficult times. I’m sorry. You likely already know in your gut that having to close locations will have a negative impact on your business, and you’re right to suspect that having to close your GMB listings could be detrimental to your overall online visibility, as well.

    I want to re-emphasize that every business scenario is different, but my prediction would be that brands which will suffer the greatest losses of digital visibility will be those whose models depend most on Google’s user-to-business proximity bias.

    It’s important to take the time to explain this. As I’ve documented previously in my column, Google heavily personalizes their local results based on their perception of user intent and location. The more Google feels a searcher is looking for a nearby solution to a need, the more likely that the local packs, finders, and maps will deliver results in a tight, hyperlocal radius based on the location of the searcher’s device.

    Because of this, if your business model is something like a convenience store that formerly had five locations in a city to ensure that customers could quickly get to you in every neighborhood, and you’re now reducing to a single location, it’s less likely that Google will continue to surface your remaining listing to people in the more distant neighborhoods you’ve now vacated. You’re likely to see significant losses of rankings, traffic, and transactions, due to the reduction of your local footprint.

    However, if your business model is something like a big home improvement store or a restaurant with a rare menu, and people wouldn’t normally mind driving across town to get to you, then having to consolidate may have less impact on your visibility. Loss of locations may mean a bit less convenience for hyperlocal customers who formerly enjoyed being able to hike to your door, but in many cases, where the local market isn’t oversaturated with near-identical options, you’ll be able to retain good visibility on the maps.

    As Krystal Taing points out:

    The label on the listings will still display as ‘Permanently Closed’ since that is true. However, there will be a fairly short period of time when this will still display to users unless they have direct links to the business profile. Marking the business as moved will help Google understand the alternative listings to display in results when they would have normally displayed that store to a user.”

    So, there is some reason to hope that for many business models, the negative impacts of location and listing consolidation may not be as dire as we might fear, but I don’t want to give false hope here. You should plan to see drop-off across multiple metrics, and should be doing everything you can to ameliorate outcomes.

    Crucial to this will be communication with your existing consumer base. You want to prevent loyal customers who encounter that big, ugly “permanently closed” label on listings from misapprehending that your brand has gone out of business. Let’s take a look at your options.

    Image credit
    Image credit

    Can anything good come of all this difficult pruning? We can make a start with five proactive steps you can take to reduce the chance that customers mistake closure of some locations for total brand closure:

    1. If your number of overall brand locations was limited (perhaps 10 or less) to begin with, announce the consolidation on the homepage of your website and on a site-wide banner. Address customers who formerly frequented the closed locations and offer clear directions to your new location, including written directions, maps, and photos. Word this as a warm welcome and let customers know you value their business and want to see them at your open location. If you had a large number of former locations, a better place for this messaging would be the location landing pages of the former locations, pointing users to the pages of those that remain open.

    2. Email the same message to your email database prior to closing each location. Then, follow up with another email blast over the next few months. Remind customers that you are still in town and ready to serve them at a different location.

    3. Be as active as possible on social media to communicate the change. You might even consider offering a special promotion for customers who make the switch from shopping at your old locations to patronizing the remaining one.

    4. Be sure you have edited all of your citations on other platforms to reflect the change, reducing the chance of inconveniencing customers. If you’ve been using Moz Local to manage your listings across the Internet, you can automate this work of closure to save time and hassle.

    5. Don’t assume everyone has the Internet. Find offline channels in your community that neighbors rely on for news and work to get the message out about where your open business is located.

    Finally, if there is any silver lining to consolidation, it’s that you can now focus the strength of your marketing into fewer locations. Three points to consider:

    Major improvements at smaller scale

    With overhead significantly reduced, is now the time to invest in better e-commerce and a great home delivery system to ensure you can still serve customers across a city, or even throughout several neighboring communities? Read up on the pros and cons of in-house delivery vs. third party last-mile fulfillment. Or, if your business deals in services rather than products, are there strides you can make in teleservices that would make your brand the most accessible and satisfying one with which a community can transact? With fewer locations to manage, focus in on best-in-town customer service.

    Another idea: could any of your former locations be replaced by a kiosk? Many are eligible for GMB inclusion and the existence of kiosks could regrow your local footprint in new ways.

    Location landing page adjustments

    What will you do with the landing pages of locations that are now permanently closed? The answer to this depends on your business model. If your business is geared towards services instead of products, and you are continuing to serve the areas where you’ve had to close locations, then there could be good reason to maintain these pages, diversifying them as much as possible with fresh, hyperlocal content.

    If, however, the business is product-oriented, it’s likely that you’ll want to permanently 301 redirect these pages to the landing page for the branches that remain open. You might want to do this in stages, first keeping the pages live for a time as a place to announce the changes and to point website visitors to locations that remain open. You might have this be the structure for six months or a year. After whatever period of adjustment you feel is reasonable to ensure a given community knows of the changes, your final step could be then be 301 redirection.

    The bright side of this is that any link power the multiple old pages earned will now flow through to the one landing page for the open location, which could give it a new ranking boost once Google has had time to process the change.

    Continuous evaluation

    Imagine a world in which purchasing accent chairs from Crate & Barrel is assisted by a twenty minute telemeeting with a salesperson who knows the inventory like the back of their hand because this has become company policy. It’s a far cry from “automated attendants” (a.k.a. robot phone trees) that convey no warmth or welcome. Imagine a delivery person who tosses treats to your pup while nestling groceries from all over town at your door, because that’s the old/new way of doing business. Imagine a 22-year-old YouTube star launching a ghost kitchen empire, because so many people just like him. Point being, there are possibilities here, in this time of change. There were nearly half-a-million new business applications in January 2021 in the US.

    Over the next few years, your consolidated business will need to continuously evaluate opportunities for growth, even if the goal is no longer re-opening the same number of locations you operated prior to the pandemic. Rather, you might find new ways to become part of the essential fabric of local communities, you might expand your team nationally or even internationally to include greater levels of expertise because technology makes it possible, you might develop the next app that solves a pain point you’ve have to experience first-hand and that you know your peers are struggling with, too. As you prune and trim, a new and solid conception of your business may emerge over time.

    As I mentioned above, forever is a long time. I don’t think any economist or marketer can realistically predict what the new normal will be when we have hopefully put these hard times behind us. We’re all guessing. What I would bet on, though, is that the entrepreneurial spark that helped you grow your business to its greatest heights before the crisis is still burning bright. Your observational powers, business acumen, and drive to contribute to our joint recovery matter, and the communities that you serve will be counting on you to lead the way forward. Wishing you success, every step of the way.

    This post is exclusively published on seobytech.com