データウェアハウスとは何ですか? あなたが知る必要があるすべて

This post is exclusively published on seobytech.com

マーケティング担当者またはビジネスアナリストは、データが成功の重要な部分であることを知っています。 また、データを保存および整理する方法により、作業が簡単または困難になります。

データを保存する方法はたくさんありますが、その1つがデータウェアハウジングです。 これは、複数のソースからの大量のデータを調べる必要がある企業にとって優れたオプションです。 今日は、データウェアハウスとは何か、そしてデータウェアハウスがデータの分析にどのように役立つかを学びましょう。

データウェアハウスを使用すると、クエリを実行し、時間の経過に伴う履歴データを確認して、意思決定を向上させることができます。 データウェアハウスを使用する企業の主な人々は、データサイエンティストとビジネスアナリストです。

データウェアハウスは、リレーショナルデータベースやトランザクションシステムなど、複数のソースからデータを取得します。 データにアクセスするために、アナリストはビジネスインテリジェンスツールを使用して、分析、データマイニング、視覚化、およびレポート作成を行います。 データは進化し続けるため、企業は競争力を維持するためにデータを使用することが不可欠です。

データウェアハウスの最終的な結果は何ですか?

データウェアハウスの最終的な成果は、洞察を抽出し、パフォーマンスを監視し、意思決定を改善することです。 レポート、ダッシュボード、および視覚化を使用することにより、アナリストは正しい意思決定を行うために必要なすべてのツールを利用できます。

データウェアハウスを使用する利点

1.履歴データ。

データウェアハウスの主な利点の1つは、時間の経過とともに大量の履歴データを確認できることです。 データウェアハウスを使用すると、多くのソースからの大量のデータを統合して、ビジネス上の意思決定をより適切に通知できます。 履歴データを見ると、時間の経過に伴う傾向を分析し、効果的に戦略を立てることができます。

2.複数のソースからのデータ。

さらに、データウェアハウスを使用すると、複数のソースからデータを取得できるため、情報を分析するときに、より完全な全体像を把握できます。 データマートのようなものでは、複数のソースからのデータを処理および整理することを目的としたデータウェアハウスとは対照的に、単一のサブジェクトからのみデータを取得します。

3.安定性。

データウェアハウスは、データを高レベルまたは詳細レベルで表示するために使用できる、より安定したデータソースでもあります。 これにより、データを詳しく調べてクエリをすばやく実行できる柔軟性が得られます。 データウェアハウスは、複数のソースから取得され、一貫性があり、より正確であるため、高品質のデータが得られます。

データウェアハウスとは

「データウェアハウス」という用語を最初に聞いたとき、「データレイク」、「データベース」、「データマート」などの他のいくつかのデータ用語を思い浮かべるかもしれません。 ただし、範囲が限定されているため、これらは異なります。 それらは同様の機能を実行する可能性がありますが、構造は異なります。 以下に飛び込みましょう。

データレイクとデータウェアハウス

データレイクには、特定の目的に使用するために、複数のソースからのフィルタリングされていないデータが格納されます。 これは、ソーシャルメディアやアプリなどの生データを見ていることを意味します。 データセットは分析時に作成されます。 これは、フォーマットされていない、構造化されていないデータ用の低コストのストレージです。

一方、データウェアハウスは、データの分析と処理に使用されます。 データウェアハウスでは、データはすでに収集され、コンテキスト化されており、分析の準備ができています。 最終的には、大量の履歴データを使用できる、より高度なデータストレージツールです。

データマートとデータウェアハウス

データマートは、データウェアハウスのサブセットです。 通常、これらは特定のアプリケーションの特定のユーザーに特定のデータを簡単に配信するように設計されています。 データマートは本質的に単一の主題ですが、データウェアハウスは複数の主題をカバーしています。

データベースとデータウェアハウス

データベースは同様の目的を果たすため、データウェアハウスと混同されることがよくあります。 ただし、違いは、データベースが大量のデータのコレクションに対して分析を実行することを意図していないことです。 データベースはデータの記録と取得に使用され、データウェアハウスは大量のデータセットの分析を目的としています。 次のように考えてください。データウェアハウスは、複数のデータベースからのデータを格納します。

データウェアハウスアーキテクチャ

データウェアハウスアーキテクチャは、データを整理、通信、および提示するために使用する方法です。

基本アーキテクチャ、ステージングエリア、またはステージングエリアとデータマートを使用できます。

これは、データウェアハウスにデータを取得させてから、ユーザーにレポートと分析を見てもらうことができることを意味します。 または、ユーザーが分析とレポートを確認する前に、データをデータマートに分割することもできます。

以下の画像の一部に表示されているステージング領域は、データをウェアハウスに配置する前にデータをクリーンアップおよび処理するために使用されます。 これにより、データの準備が簡単になります。 これらのそれぞれがどのように見えるかを理解するには、以下の画像をご覧ください。

データウェアハウスの例

画像ソース

データウェアハウスの例

画像ソース

データウェアハウスとデータマート

画像ソース

データウェアハウスソフトウェア

1.1。 スノーフレークデータウェアハウス

Snowflakeデータウェアハウスは、クラウドインフラストラクチャ上に構築されたデータプラットフォームです。 これは、社内サーバーをサポートするためのリソースがない企業に最適なオプションです。

Snowflakeを使用すると、ユーザーはストレージの料金を支払い、データを簡単に共有できます。 データコンシューマー、データプロバイダー、データサービスプロバイダーとして、パブリッククラウド全体でシームレスにデータを動員できます。 このソフトウェアは、ビジネス全体のデータ分析を民主化するのに役立ち、さまざまな専門知識を持つすべてのユーザーがデータに基づいた意思決定を行うことができます。

データウェアハウスソフトウェア:スノーフレーク

画像ソース

2.2。 MarkLogic

このデータウェアハウスソリューションを使用すると、ドキュメント、関係、メタデータなど、さまざまなタイプのデータを使用して複雑な検索操作を実行できます。 MarkLogicは、サイロからのデータを統合するための、完全に管理され、完全に自動化されたクラウドサービスです。

3.3。 オラクル

Oracle Autonomous Data Warehouseは、Oracle Databaseのパフォーマンスを備えたデータウェアハウスのワークロード向けに調整および最適化された、完全に管理されたデータベースです。 簡単、高速、かつ弾力性のある、データウェアハウジング向けの新しい包括的なクラウドエクスペリエンスを提供します。

データソリューションは圧倒的に思えるかもしれませんが、日常のビジネス上の意思決定にとって重要です。 データウェアハウスを使用すると、データの保存、管理、分析を簡素化できます。

新しい行動の呼びかけ

This post is exclusively published on seobytech.com

最高の無料ビジネス予算ワークシート

This post is exclusively published on seobytech.com

事業主としての経費を追跡することは負担になる可能性があります。 製品やサービスを宣伝し、約束を果たし、新しい製品を開発している間、支出制限内にとどまるように、すべての詳細を文書化する必要があります。

Continue reading 最高の無料ビジネス予算ワークシート

ビュースルー変換を信頼できますか? 実験が明らかに!

This post is exclusively published on seobytech.com

ディスプレイ広告はコンバージョン率が低い傾向があるため、多くの広告主(またはそのクライアント)はすぐにその有効性と収益性に疑問を投げかけます。

実のところ、ディスプレイ広告はコンバージョン率に大きなプラスの影響を与える可能性がありますが、多くの場合間接的になり、追跡や測定が困難になります。

それを支援するために設計された1つの指標は、ビュースルーコンバージョンです。 それでもなお、多くの人がこの指標の妥当性に疑問を投げかけています。 信頼できますか? この投稿では、

  • ビュースルー変換とは何ですか。
  • それらの妥当性をテストするために行われた興味深い実験。
  • このメトリックを追跡および使用する方法に関するヒント。

これを理解するには PPCメトリック、最初に直接コンバージョン(またはクリックスルーコンバージョン)を定義することをお勧めします。 ユーザーが広告を見てクリックし、オファーを取得した場合、これは直接コンバージョンと呼ばれます。

一方、ビュースルーコンバージョンは、ユーザーが広告を見てクリックしなかった場合に発生しますが、後でサイトに戻り(オーガニック検索または直接)、あらゆる種類のコンバージョンアクションを完了します。

NS ビュースルー変換 ユーザーが広告を見た後、特定の日数以内に発生した場合にのみカウントされます。 これは、コンバージョンウィンドウ、ルックバックウィンドウ、またはアトリビューションウィンドウと呼ばれ、1日から30日までの任意の場所に設定できます。

ただし、インプレッションからコンバージョンまでの時間が長くなるほど、コンバージョンに影響を与えたのは1つの広告のインプレッションであることが確実ではなくなります。 結局のところ、人は広告を見た後30日以内に多くの資料に遭遇し、それは彼らがあなたのサイトに戻ってコンバージョンするかどうかにも影響を与える可能性があります。

結果として、最も現実的で正確なデータには、より短いルックバックウィンドウが最適です。

グーグル広告のビュースルーコンバージョンウィンドウ設定

ビュースルーコンバージョンは、ディスプレイ広告の真の価値を理解する上で重要です。

しかし、ビュースルー変換を信頼できますか? (実験)

この質問は決して新しいものではありませんが、PPCエージェンシーの人々のために出てきたとき Teamedia、彼らはそれに答える際に独自のアプローチを取りました。

クライアントの1人が、ディスプレイリマーケティングキャンペーンが多くのコンバージョンを生み出していないことに気付いたとき、それを止めて、より収益性の高い広告タイプにリソースを再割り当てするように要求しました。

ただし、クライアントは直接のコンバージョンのみを確認しており、キャンペーンの総コンバージョンのほぼ50%はビュースルーでした。

それでも、クライアントは、キャンペーンの合計CPAを計算する際にビュースルーをカウントする必要があるとは考えていませんでした。 ビュースルーをカウントしないと、キャンペーンは目標KPIを満たしていませんでした。

質問

ビュースルーコンバージョンは、広告を見ることが、後でサイトに戻ってコンバージョンする人に影響を与える頻度の尺度です。 しかし、ユーザーが実際に広告を見ていることをどうやって知ることができますか?

はい、Google広告は、少なくともインプレッションが「ビュー」と見なされることを示しています 50% 広告のが少なくとも1秒間画面に表示されます。 しかし、それは必ずしもユーザーが広告を見たことを意味するわけではありません。

これらがGoogleが使用する偽の番号や偽造された番号ではないことをどのように信頼できるので、ディスプレイ広告を引き続き掲載しますか?

実験

そこで、Teamediaのスタッフは、ビュースルーコンバージョンが、将来のウェブサイトコンバージョンに対するクライアントのディスプレイキャンペーンの影響を正確に測定しているかどうかを確認するための実験を設定しました。

元のキャンペーンを30日間実行した後、一時停止してからクローンを起動しましたが、今回は完全に空白のバナー広告を使用しました。 そうです、空白、見出し、説明、何もありません。

ビュースルーコンバージョン実験用の空白のディスプレイ広告の設定

そして驚くべきことに、Googleはそれを承認して提供しました!

したがって、このように、Googleがこの広告からのビュースルーコンバージョンを記録した場合、Teamediaはこの指標が信頼できないことを認識します。

言い換えれば、ビュースルーは、広告を見ることがユーザーに後でサイトにアクセスするように影響を与えたと言っているので、この目に見えない広告からのビュースルーは、見るものが何もないので偽物になります。

結果

オリジナルのディスプレイキャンペーン(通常のバナー広告を使用)では、2,418,973回のインプレッションと9回のビュースルーコンバージョンが発生しました。

ビュースルーコンバージョン実験の元のキャンペーン結果

テストキャンペーン(非表示の広告を使用)では、315,677のインプレッションが発生し、ビュースルーコンバージョンはゼロでした。

ビュースルーコンバージョン実験テストキャンペーンの結果

Teamediaはまた、Google広告のタイムラグレポートをチェックして、過去90日間、すべてのビュースルーコンバージョンが広告を見た後1日以内に発生したことを確認しました(これは彼らが選択した設定でした)。

ビュースルー変換実験のタイムラグレポート

そう:

  • 通常の広告: 2,418,973インプレッション、9回のビュースルーコンバージョン。
  • 目に見えない広告: 315,677インプレッション、ゼロビュースルーコンバージョン。

結論

いくつかの注意点:

  • もちろん、これは1つのアカウントで1つのキャンペーンに対して行われた小さな実験でした。
  • ビュースルーコンバージョンは、クリックスルーコンバージョンほど確実な指標にはなりません。これは、クリックに対するビュー(結果として生じる潜在意識の行動は言うまでもなく)を具体的に測定する方法がないためです。
  • テストキャンペーンでビュースルーコンバージョンが発生しなかったのは、単にインプレッション数が少なかったことが原因である可能性があります。

とにかく、私たちはここで考えるというTeamediaの創造性が好きです! そして、このキャンペーンのために、彼らはこれらの結果を使用して、ビュースルーコンバージョンが問題のディスプレイリマーケティング広告が実際にウェブサイトのコンバージョンに影響を与えていることの正確な指標として信頼できることをクライアントに示唆することができます。

言い換えれば、彼らのクライアントは、彼らがターゲットにしているリマーケティングオーディエンスがディスプレイ広告なしで彼らのサイトに戻ってとにかく変換​​するだろうと考えていました。 Teamediaは、ビュースルーコンバージョンを使用して他の方法で表示し、空白のバナー広告テストを実行して、ビュースルーが信頼できることを示しました。

したがって、この実験によってビュースルーへの信頼が高まる(または紹介される)場合は、ビュースルーコンバージョンデータの使用方法に関するヒントがいくつかあります。

ゲージのブランド認知度

測定する方法はたくさんあります ブランド認知度、ブランド検索ボリューム、ソーシャルメディアの言及などを通じて。 ただし、ディスプレイ広告のコピーやクリエイティブに変更を加えずにビュースルーコンバージョン率が上昇している場合は、ブランド認知度が高まっていることを示している可能性があります。

記憶力を測定する

この郵便受け ビュースルー変換の使用に関する洞察に満ちたヒントをいくつか提供します。 1つ目は、人目を引く広告は直接的なコンバージョンを生み出す可能性がありますが、印象的な広告はそれらの間接的なビュースルーコンバージョンにつながる可能性があるということです。 したがって、このメトリックを使用して A / Bテストを実行する そして、どの広告が他の広告よりも「粘着性がある」かを特定します。

ディスプレイ広告での韻を踏む例

韻を踏むことは 心理的なコピーライティングの戦術 それはあなたの広告をより思い出深いものにすることができます。 (画像ソース)

視聴者の買い物習慣を感じ取ってください

上記の記事からの2番目の洞察は、ビュースルーコンバージョンは、オーディエンスの買い物習慣を理解するのに役立つということです。 オーディエンスがその瞬間に購入する製品やサービス(クリックスルーコンバージョン)と、決定に時間がかかる製品(ビュースルーコンバージョン)を感じることができます。

配置を最適化する

ビュースルー変換は、いくつかかどうかを識別するのに役立ちます ディスプレイまたはビデオの配置 他よりも強力です。 たとえば、同じディスプレイ広告が2つの異なるページに掲載されており、それぞれのページのクリック率が同じであるとします。 彼らは同じように機能していますよね? 必ずしも。 一方のプレースメントがもう一方のプレースメントよりも多くのビュースルーコンバージョンを示している場合は、プレースメントの最適化の機会を特定したことになります。

グーグルディスプレイ広告の配置オプション

画像ソース

ビュースルーコンバージョンをどのように追跡しますか?

残りは、上記の最適化を行うために、ビュースルーコンバージョンをどの程度正確に追跡するかということです。

コンバージョントラッキングが設定されている限り、2つの異なる方法でビュースルーコンバージョンデータを確認できます。

Google広告分析

Google広告では、「キャンペーン」ビューに表示されるように列を変更できます。

ビュースルー変換を表示するように列を変更する

これは、Teamediaが実験でビュースルーを測定するために使用したツールです。

グーグルアナリティクス

Google Analyticsでは、ビュースルーコンバージョンデータはGDNインプレッションレポート機能を介して利用できます。

[コンバージョン]>[マルチチャネル]に移動します

MCFを介したグーグルアナリティクスのビュースルーコンバージョン

ビュースルーコンバージョンに関する詳細なレポートと詳細な分析が必要な場合は、追加のコンバージョントラッキングソフトウェアが必要になります。 ただし、この指標に従ってキャンペーンを最適化するには、上記の2つの方法のいずれかで十分です。

ビュースルーの妥当性への創造的なアプローチ

多くの人にとって PPCメトリクス、さまざまな広告主は、彼らの経験、業界、アカウントの設定、および宣伝されているビジネスの全体的なマーケティング戦略に応じて、さまざまな視点を持っています。

そして、その性質上、ビュースルーコンバージョンは常に物事のより曖昧な側面にあります。

しかし、ビュースルーを使用してディスプレイキャンペーンの価値を実証し、次に空白のキャンペーンを実行してビュースルーの価値を実証するというTeamediaのアプローチは、キャ​​ンペーンに対するこの指標の有効性を判断する上で優れたアプローチでした。

ありがとうございました Zinaida Pchelintseva と彼女のチームは Teamedia—SaaSビジネスの有料買収を専門とするパフォーマンスマーケティングエージェンシー。



This post is exclusively published on seobytech.com

Noindexの使用、Nofollow HTMLメタタグ:検索でページにインデックスを付けないようにGoogleに指示する方法

This post is exclusively published on seobytech.com

あなたのウェブサイトのできるだけ多くのページにインデックスを付けることは、そうしようとしているマーケターにとって非常に魅力的である可能性があります 彼らの検索エンジンの権威を後押しする

ただし、特定のキーワードに関連するページをより多く公開すると(高品質であると仮定して)、そのキーワードのランキングが向上することは事実ですが、実際には、Webサイトに特定のページを保持する方が価値がある場合があります。 アウト 検索エンジンのインデックスの。

… 何だって?!

皆さん、私たちと一緒にいてください。 この投稿では、SERP(検索エンジンの結果ページ)から特定のWebページを削除する理由と、それを実行する方法について説明します。

Googleからページのインデックスを解除する

次のように、検索エンジンのクロールとインデックス作成からWebページ(またはWebページの一部)を除外したい場合がいくつかあります。

  • コンテンツの重複を防ぐ (コンテンツのプリンター対応バージョンのように、検索エンジンによってインデックスが作成されたページのバージョンが複数ある場合)インデックス作成から
  • コミュニティで使用することを意図していない限り、管理ページとログインページを内部使用のために扱うため
  • のために ありがとうページ (つまり、訪問者が後にアクセスするページ ランディングページの1つで変換)訪問者は、電子書籍PDFへのリンクなど、ランディングページが約束したオファーにアクセスできます。

感謝のページは次のとおりです 私たちのSEOのヒントの電子ブック たとえば、次のようになります。

HubSpotSEOスターターパックのありがとうページ

ランディングページのフォームにすでに記入しているので、サンキューページにアクセスした人は誰でもそこにたどり着くことができます— いいえ 彼らはあなたのありがとうページを検索で見つけたからです。

なぜだめですか? 検索でお礼のページを見つけた人は誰でも、リードを生成するオファーに直接アクセスできます。リードキャプチャフォームを通過するための情報を提供する必要はありません。 理解しているマーケティング担当者 ランディングページの価値 彼らがあなたのオファーにアクセスする前に、最初にそれらの訪問者をリードとして捕らえることがいかに重要であるかを理解しています。

結論: 簡単なGoogle検索でお礼のページを簡単に見つけられる場合は、貴重なリードをテーブルに残している可能性があります。

さらに悪いことに、ロングテールキーワードのいくつかの最高ランクのページのいくつかがあなたの感謝のページであるかもしれないことに気付くかもしれません—それはあなたがあなたのリードキャプチャフォームをバイパスするために何百もの潜在的なリードを招待するかもしれないことを意味します。 これが、SERPから一部のWebページを削除したいという非常に説得力のある理由です。

では、検索エンジンから特定のページの「インデックスを解除」するにはどうすればよいでしょうか。 これを行う3つの方法があります。

検索エンジンからウェブページのインデックスを解除する3つの方法

Robots.txtからインデックス解除

次の場合に使用します。インデックスの解除対象をより細かく制御する必要があり、必要な技術リソースがある場合。

検索エンジンの結果からページを削除する1つの方法は、robots.txtファイルをサイトに追加することです。 この方法を使用する利点は、ボットにインデックスを作成することを許可する対象をより細かく制御できることです。 結果? 不要なコンテンツを検索結果から事前に除外できます。

robots.txtファイル内で、ボットを単一のページ、ディレクトリ全体、または単一の画像やファイルからブロックするかどうかを指定できます。 Google AdSense広告がある場合はそれを有効にしながら、サイトがクロールされないようにするオプションもあります。

そうは言っても、利用可能な2つのオプションのうち、これには最も技術的なカンフーが必要です。 robots.txtファイルを作成する方法を学ぶには、次のことを行う必要があります。 この記事を読んでください それはそれを行う方法を正確に説明しています。

HubSpotのお客様: あなたはあなたのウェブサイトにrobots.txtファイルをインストールする方法を学ぶことができます ここ、Robots.txtファイルの内容をカスタマイズする方法を学びます ここ

robots.txtファイルのすべての制御を必要とせず、より簡単で技術的でないソリューションを探している場合は、この2番目のオプションが適しています。

Htaccessインデックスなしインデックス解除のフォローなし

次の場合に使用します。WebサイトがApacheで実行されており、mod_headersが有効になっている場合、これは迅速な解決策です。

この状況では、次の1行を.htaccessファイルに添付できます。

ヘッダーセットX-Robots-タグ「noindex、nofollow」

ウェブサイトをインデックスに登録できるが、Googleの検索結果には表示されないことを示すため。

メタインデックスなしインデックス解除へのフォローなし

次の場合に使用します。ウェブページ全体のインデックスを解除したり、ウェブページ全体のリンクのインデックスを解除したりするためのより簡単なソリューションが必要な場合。

メタタグを使用してページがSERPやページ上のリンクに表示されないようにするのは簡単で効果的です。 必要な技術的ノウハウはごくわずかです。実際、適切なものを使用している場合は、コピー/貼り付けの作業にすぎません。 コンテンツ管理システム

これらのことを可能にするタグは、「noindex」および「nofollow」と呼ばれます。 これらのタグを追加する方法に入る前に、2つを定義して区別するために少し時間を取ってみましょう。 結局のところ、これらは2つの完全に異なるディレクティブであり、単独で使用することも、一緒に使用することもできます。

「noindex」タグとは何ですか?

「noindex」メタタグをWebページに追加すると、 ページをクロールできても、検索インデックスにページを追加できないことを検索エンジンに通知します。

したがって、「noindex」ディレクティブが含まれているページはすべて いいえ 検索エンジンの検索インデックスに移動するため、検索エンジンの結果ページに表示できません。

「nofollow」タグとは何ですか?

「nofollow」メタタグをWebページに追加すると、 それは検索エンジンがクロールすることを禁止します リンク そのページで。 これはまた、ページがSERPに対して持っているランキング権限が いいえ リンク先のページに渡されます。

したがって、「nofollow」ディレクティブが設定されているページでは、すべてのリンクがGoogleや他の検索エンジンによって無視されます。

前に述べたように、「noindex」ディレクティブを単独で追加することも、「nofollow」ディレクティブと一緒に追加することもできます。 「nofollow」ディレクティブを単独で追加することもできます。

「noindex」と「nofollow」を別々に使用する場合

「noindex」タグのみを追加します あなたが しないでください 検索エンジンが検索であなたのウェブページにインデックスを付けることを望みます、しかしあなたは NS そのページのリンクをたどってほしい—それによってあなたのページがリンクしている他のページにランキング権限を与える。

有料のランディングページは、この良い例です。 人々が見るためにお金を払うことになっているランディングページを検索エンジンにインデックス付けさせたくはありませんが、リンク先のページがその権限の恩恵を受けることを望むかもしれません。

「nofollow」タグのみを追加します あなたが NS 検索エンジンが検索であなたのウェブページにインデックスを付けることを望みます、しかしあなたは しないでください そのページのリンクをたどってほしい。

「noindex」タグを追加せずに「nofollow」タグをページ全体に追加する場合の例はそれほど多くありません。 特定のページで何をすべきかを考えているときは、「nofollow」タグの有無にかかわらず、「noindex」タグを追加するかどうかが問題になります。

「noindex、nofollow」を一緒に使用する場合

「noindex」タグと「nofollow」タグの両方を追加します あなたが しないでください 検索エンジンが検索でウェブページにインデックスを付けることを望みます、そしてあなたはそれがそのページのリンクをたどることを望まないでしょう。

ありがとうページはこの状況の良い例です。 検索エンジンがお礼のページにインデックスを付けたり、オファーへのリンクをたどってそのオファーのコンテンツのインデックスを作成したりすることも望まないでしょう。

「noindex」および/または「nofollow」メタタグを追加する方法

ステップ1: 次のいずれかのタグをコピーします。

「noindex」の場合:

「nofollow」の場合:

「noindex」と「nofollow」の両方の場合:

ステップ2: タグをページのHTMLの

セクション、別名ページのヘッダーに追加します。

HubSpotをご利用の場合は、 これは非常に簡単です。ここをクリックするか、下にスクロールして、HubSpotユーザーに固有の手順を確認してください。

もしあなたが〜なら いいえ HubSpotのお客様、 次に、このタグをWebページのコードに手動で貼り付ける必要があります。 心配しないでください—それはとても簡単です。 これがあなたのやり方です。

まず、インデックスを解除しようとしているWebページのソースコードを開きます。 次に、ページのHTMLの

セクション内の新しい行(ページのヘッダーと呼ばれる)にタグ全体を貼り付けます。 以下のスクリーンショットはそれを説明します。

タグは、ヘッダーの始まりを示します。

ヘッダーの先頭にあるヘッドタグ

ヘッダー内に貼り付けられた「noindex」と「nofollow」の両方のメタタグは次のとおりです。

noindexnofollowのヘッダーのメタタグ

また、 head>タグはヘッダーの終わりを示します。

エンドヘッドタグ

ブーム! それでおしまい。 このタグは、検索エンジンに向きを変えて立ち去るように指示し、ページを検索結果から除外します。

HubSpotでインデックスなしフォローなし

「noindex」および「nofollow」メタタグの追加はさらに簡単です。 これらのタグを追加するページでHubSpotツールを開き、[設定]タブを選択するだけです。

次に、[詳細オプション]で、[ヘッドHTML]をクリックします。 下のウィンドウに、適切なコードスニペットを貼り付けます。 以下の例では、ありがとうページなので、「noindex」タグと「nofollow」タグの両方を追加しました。

インデックスなしハブスポットでフォローなし

「保存」を押すと、あなたは金色になります。

正常にインデックスがありませんページをフォローしていません

検索エンジンの結果からページを魔法のように消去しました。 これで、失われたリードをさらにキャプチャし始めることができます。

ここで、結果がすぐに表示されるわけではないことに注意してください。 変更は、次に検索エンジンがページをクロールするまで開始されません。 通常、Webサイトに新しいページを公開する頻度によっては、実際には数週間かかる場合があります。 コンテンツを公開する頻度が高いほど、検索エンジンがサイトをクロールする頻度が高くなります。 Googleがあなたのウェブサイトにアクセスする頻度を追跡する最良の方法はあなたのウェブサイトを調べることです クロール統計 Googleウェブマスターツール

結論: 「noindex」タグを付けてもページがGoogleの検索結果に表示されていることに気付いた場合は、タグを追加してからGoogleがサイトをクロールしていないことが原因である可能性があります。 あなたはGoogleがあなたのページを再クロールすることを要求することができます Googleツールとしてフェッチ

また、一部の検索エンジンのWebクローラーは、これらのディレクティブをGoogleとは異なる方法で解釈する可能性があるため、他の検索エンジンの結果にページが表示される場合があることに注意してください。 しかし、グーグルにとっては、それはうまく機能します—一度それがあなたのウェブサイトをクロールすることに取り掛かると、それはうまくいきます。

とにかく、あなたはあなたが最終的にあなたのウェブサイトをあなたのマーケティングのためのより良い場所にしたことを知っているので少し楽に眠ることができるでしょう。

編集者注:この記事は2016年7月に最初に公開され、包括的に更新されました。

seo監査


This post is exclusively published on seobytech.com

2021年の新しい有料検索広告ベンチマーク

This post is exclusively published on seobytech.com

今日、私たちが何かを購入したいとき、私たちのひざまずく反応は、グーグル(または私たちが使用する検索エンジン)に向かうことです。 私たちが欲しいものを正確に知っているか、近くの企業を探しているか、またはより詳細な調査をしたいかどうか、 71% 購入者の旅の多くは検索エンジンから始まります。

言い換えれば、消費者は検索エンジンを使用しているときに最も高い購入意向を持っています。 これが、有料検索広告が非常に効果的でありながら、非常に競争力がある理由です。

競争するためには、あなたはあなたの業界の他の人との関係であなたのパフォーマンスの明確な絵を持っている必要があります。 これを支援するために、WordStreamとLOCALiQは提携して、必要なベンチマークデータを提供しています。

以下に、GoogleおよびBing検索広告の上位20の業界にわたる次の指標を示します。

  • クリックあたりの平均コスト
  • 平均クリック率
  • リードあたりの平均コスト
  • 平均コンバージョン率

あなたの平均をあなたの業界の平均と比較し、競争力を維持するためにどこを改善する必要があるかをしっかりと読んでください。

検索連動型広告の平均クリック単価

有料検索広告の業界別クリック単価平均2021年
事業内容クリックあたりの平均コスト
アート&エンターテインメント$ 1.60
動物とペット$ 2.89
アパレル/ファッション&ジュエリー2.61ドル
弁護士および法務サービス$ 8.67
自動車-販売中2.32ドル
自動車-修理、サービス、部品3.19ドル
美容&パーソナルケア3.74ドル
ビジネスサービス$ 4.90
キャリアと雇用$ 3.90
歯科医と歯科サービス6.49ドル
教育と指導4.18ドル
金融と保険5.16ドル
家具2.14ドル
ヘルス&フィットネス3.97ドル
ホーム&ホームセンター5.75ドル
インダストリアル&コマーシャル4.14ドル
パーソナルサービス3.46ドル
医師と外科医3.63ドル
不動産$ 1.40
レストラン&フード$ 1.77
ショッピング、収集品、ギフト$ 2.23
スポーツ&レクリエーション$ 1.73
旅行$ 1.40

クリック単価は、キーワード、オーディエンス、場所などの競争レベルによって異なります。 入札戦略 このメトリックに影響を与える可能性があります。

  • すべての業界の検索広告の平均クリック単価は3.53ドルで、1.40ドルから8.67ドルの範囲でした。
  • CPCが最も低い業界には、旅行($ 1.40)、動物とペット($ 1.60)、スポーツとレクリエーション($ 1.73)があります。
  • 平均クリック単価が最も高い業界には、弁護士と法律サービス(8.67ドル)、歯科医と歯科サービス(6.49ドル)、住宅と住宅の改修(5.75ドル)があります。

これらの調査結果は私たちと一致しています 過去のベンチマークレポート、クリック単価が最も高い法律業界と、最も低い業界の中でスポーツとフィットネスがあります。

検索連動型広告の平均クリック率

有料検索広告の業界別平均クリック率2021
事業内容平均クリックスルー率
アート&エンターテインメント10.67%
動物とペット6.45%
アパレル/ファッション&ジュエリー6.19%
弁護士および法務サービス3.84%
自動車-販売中7.93%
自動車-修理、サービス、部品5.39%
美容&パーソナルケア5.44%
ビジネスサービス4.72%
キャリアと雇用5.33%
歯科医と歯科サービス4.69%
教育と指導5.46%
金融と保険5.07%
家具5.73%
ヘルス&フィットネス5.94%
ホーム&ホームセンター4.21%
インダストリアル&コマーシャル5.34%
パーソナルサービス6.12%
医師と外科医6.11%
不動産7.75%
レストラン&フード7.19%
ショッピング、収集品、ギフト6.33%
スポーツ&レクリエーション7.73%
旅行8.54%

クリックスルー率が品質スコアに反映され、適切なターゲティングを特定するためのガイドとなります。 広告コピー、および広告のオファー。 指標自体が誤解を招く可能性があるため、他の指標(コンバージョン率など)に関して必ず分析してください。

  • すべての業界の平均クリック率は6.18%で、3.84%から10.67%の範囲でした。
  • 平均クリック率が最も高い業界には、アートとエンターテインメント(10.67%)、旅行(8.54%)、不動産(7.75%)があり、そのすぐ後ろにスポーツとレクリエーションがあります(7.73%)。
  • 平均クリック率が最も低い業界には、弁護士と法律サービス(3.84%)、住宅と住宅改修(4.21%)、歯科医と歯科サービス(4.69%)が含まれます。

以前のベンチマークレポートでは、旅行および芸術業界で最も高いクリック率を一貫して見つけており、 法律、健康、および家庭産業。

一方、スポーツとフィットネスは、歴史的にここで見たものよりもクリック率が低く、個人の業種では、これらの数値よりも大幅に高いクリック率を示しています。

検索連動型広告のリードあたりの平均コスト

検索連動型広告の業界別リードあたりの平均コスト2021
事業内容リードあたりの平均コスト
アート&エンターテインメント36.23ドル
動物とペット$ 14.88
アパレル/ファッション&ジュエリー46.06ドル
弁護士および法務サービス73.70ドル
自動車-販売中42.95ドル
自動車-修理、サービス、部品$ 17.81
美容&パーソナルケア51.42ドル
ビジネスサービス62.18ドル
キャリアと雇用53.52ドル
歯科医と歯科サービス42.95ドル
教育と指導50.91ドル
金融と保険62.80ドル
家具64.72ドル
ヘルス&フィットネス41.68ドル
ホーム&ホームセンター47.94ドル
インダストリアル&コマーシャル43.82ドル
パーソナルサービス27.94ドル
医師と外科医26.05ドル
不動産38.86ドル
レストラン&フード20.49ドル
ショッピング、収集品、ギフト20.91ドル
スポーツ&レクリエーション27.11ドル
旅行37.34ドル

リードあたりのコストは、アクションあたりのコスト、コンバージョンあたりのコスト、または取得あたりのコストとも呼ばれ、フォームへの入力、電話、または購入。

  • すべての業界のリードあたりの平均コストは41.40ドルで、14.88ドルから73.70ドルの範囲であることがわかりました。
  • リードあたりのコストが最も高い業界には、弁護士と法律サービス(73.70ドル)、家具(64.72ドル)、金融と保険(62.80ドル)が含まれます。
  • リードあたりのコストが最も低い業界は、動物とペット($ 14.88)、自動車の修理、サービス、部品($ 17.81)、レストラン($ 20.49)です。

この全体的な平均は、過去に見たものよりも低く、広告主にとって朗報です。 自動車業界は、過去の調査結果で一貫して最低水準にあります。

検索連動型広告の平均コンバージョン率

業界別の平均コンバージョン率、有料検索広告2021
事業内容平均コンバージョン率
アート&エンターテインメント5.90%
動物とペット19.19%
アパレル/ファッション&ジュエリー3.60%
弁護士および法務サービス11.54%
自動車-販売中6.57%
自動車-修理、サービス、部品15.23%
美容&パーソナルケア7.72%
ビジネスサービス6.77%
キャリアと雇用5.31%
歯科医と歯科サービス13.81%
教育と指導6.16%
金融と保険5.51%
家具3.25%
ヘルス&フィットネス10.39%
ホーム&ホームセンター13.23%
インダストリアル&コマーシャル9.37%
パーソナルサービス10.52%
医師と外科医19.15%
不動産3.93%
レストラン&フード6.89%
ショッピング、収集品、ギフト6.70%
スポーツ&レクリエーション6.19%
旅行6.01%

リードあたりのコストは、広告をクリックした人が何らかの方法であなたに連絡するために費やした金額を測定しますが、コンバージョン率は、広告をクリックした人が実際にコンバージョンした数を示します。

  • すべての業界の平均コンバージョン率は8.82%で、3.25%から19.19%の範囲でした。
  • コンバージョン率が最も高い業界には、動物とペット(19.19%)、医師と外科医(19.15%)、自動車の修理、サービス、部品(15.23%)が含まれます。
  • コンバージョン率が最も低かった業界は、家具(3.25%)、アパレル/ファッションとジュエリー(3.6%)、不動産(3.93%)でした。

また、過去のデータでは、法律および自動車業界で最も高いコンバージョン率を示し、不動産およびアパレルで最も低いコンバージョン率を示しています。 一方、個人のコンバージョン率は、歴史的に私たちがここで見ているものよりも高くなっています。

より多くの広告ベンチマークが必要ですか?

LOCALiQで、これらの検索広告ベンチマークに関する完全なレポートに加えて、結果を改善するための専門家の洞察とヒントを入手できます。 完全な検索広告ベンチマークレポート。 また、これらの業種別の広告ベンチマークにも興味があるかもしれません。

情報源

このレポートは、2020年5月1日から2021年6月25日までの間にすべての検索エンジンで検索広告を実行していた概要ビジネスカテゴリの18,316の北米ベースのLOCALiQクライアントキャンペーンのサンプルに基づいています。各ビジネスカテゴリには最低69が含まれます。ユニークなアクティブクライアントキャンペーン。 「平均」は、外れ値を説明するための技術的な中央値です。 すべての通貨の値は米ドルで転記されます。



This post is exclusively published on seobytech.com

The Best Free Website Builders on the Net (Pros & Cons)

This post is exclusively published on seobytech.com

Many modern website builders have reduced the website building process into simple evolution through the use of drag-and-drop functions. That means virtually anyone can build a professional website with no CSS or HTML coding knowledge required. Not only does this expedite the process, but it makes having a website available to essentially anyone.

And the best part? Website builders are way more affordable than hiring developers! In fact, some site builders are completely free of charge, yet they provide exceptional performance.

That being said, not all free website builders are the same. Know that the quality and performance of your site will ultimately depend on the website builder you choose. And that’s why you have to get your decision spot on. 

To help you out with that, we’ve compiled a list of the top ten free website builders. You also want to stick around until the end where you’ll an informative buyer’s guide on website builders.

Table Of Contents

Why compare free website builders?

In a saturated sea of free website builders, picking the perfect option for your needs can be a daunting task. After all, every website builder claims to be the ultimate solution, but the truth is that the majority of them do not walk the talk.

For newbie website owners, many site builders have a steep learning curve. Furthermore, you might find yourself facing issues with site speed or hosting (more nightmares for those new to the scene). This can become quite a particular problem when you want to gain visibility in the search results and provide a good user experience for visitors.

Luckily, there are site builders that check all the boxes. In addition to helping you build a free website, they’ll provide the right tools, e.g., SEO and marketing features, to support the growth of your website. Additionally, they’ll offer extras like a free domain name, free SSL certificate, free web hosting, etc.

Fact of the matter, you want to use one of these website builders. And by comparing the best free website builders, you’ll find the best product for you.

A thorough comparison will also help you choose a website builder that offers the additional functionality a growing business needs.

What’s our top pick for the best free website builder?

So, if you haven’t heard yet, we at GetResponse have released our own free website builder. complete with essential marketing tools and features designed to get your business off the ground. 

And it’s ridiculously easy to use.

Our AI Wizard is perfect for anyone (beginners and pros alike) to generate your professional website within just a few minutes. All you’d have to do is answer simple questions and let the AI do the rest of the work for you.

But for those of you who want more control, we also provide an intuitive drag and drop editor to create your site. 

Not only that but, GetResponse has a vast collection of professional website templates for virtually all businesses. So whether you want one for a business website, real estate company, or even a portfolio/photography website, GetResponse offers templates to meet your needs.

Check out this comprehensive tutorial on how it all works!

But the GetResponse website builder is only a small part of our digital marketing toolkit. And with a GetResponse Free account, you’ll have access to much more!

Alongside the website creator, you’ll get access to free email marketing capabilities, unlimited newsletters, list building functionalities, and more. So not only can you help lower your business costs through a free website, but the addition of extra marketing tools will further eat up your costs incurred.

However, GetResponse isn’t the only free website builder. There are others that do a quality job as well.

Table Comparison of the Best Free Website Builders

GetResponse
  • Easy-to-use AI-powered website builder
  • Extensive marketing tools to scale your business
  • Tons of fully responsive templates to work with
Wix
  • Beginner-friendly free website builder
  • Decent customization options
  • Creates SEO-friendly websites
Weebly
  • Decent eCommerce features
  • Intuitive drag and drop editor
  • Lots of third-party app integrations
WordPress
  • Great for blogging websites
  • Super active online community
  • Plenty of templates to choose from
Site123
  • Quick and easy set up
  • Good customer support
  • Affordable
Strikingly
  • Great onboarding process
  • Packs stylish templates
  • Free eCommerce functionality
Webnode
  • A good option for multilingual websites
  • Beginner-friendly editor
  • Supports lead generation tools
Jimdo
  • Extensive customization options
  • GDPR compliant
  • Includes a free image library
Mozello
  • Auto-optimizes websites for mobile-devices
  • Supports multilingual websites
  • Includes SEO and social selling tools
SimpleSite
  • Extremely fast free website builder
  • Mobile-friendly editing
  • Creates mobile-optimized websites

Best Free Website Builders Reviews

As shown up above, we’re pretty partial to our own platform. But we know we’re not the only ones out there. There are other decent free website builders available–and a ton of not so great ones.

However, after endless hours of research and testing, here are comprehensive reviews of our top picks for the best free website builders on the market today.

1. GetResponse: The Best All-Around Free Website Builder

GetResponse is a newest website builder on this list and is already taking the market by storm. That’s because our platform provides you with the tools you need to not only launch your website but scale your business operations as well.

We’ve also implemented the use of AI to help you create your website faster. It works by asking you several questions then suggests a website design based on your answers.

Alongside our AI tool (which will get cleverer over time), we provide a standard solution where you pick a template and modify it using the drag and drop editor. We have hundreds of professional templates to choose from. All of which are responsive and optimized for mobile devices.

GetResponse is also currently working on a third design option that will allow you to import images, text, and other files from any other website you like. The AI-driven builder will then use these files to simulate and create the website you want. This option will bridge the creativity gap that many first-time website builders struggle with.

And the best part is… It’s completely free. Forever.

By signing up for a GetResponse Free account, you’ll gain access to our magnificent builder along with some other sweet marketing tools such as email marketing for 500 unique contacts, unlimited newsletters, list building capabilities, and more!

Pros and Cons of GetResponse

ProsCons
Intuitive drag-and-drop editorWebsite Import function not quite ready 😉
+100 high-quality website templates
Great marketing tools
Free domain and hosting
Creates SEO optimized websites

2. Wix

Wix Homepage

Wix is one of the most popular website builders. It has tons of user-friendly features, making it an incredible option for beginners and advanced website builders alike.

One of the many features that make Wix such a popular choice is the Wix ADI (Advanced Design Intelligence). By answering a few basic questions, the tool will know what type of website you need, and it’ll build the website for you.

Wix ADI gives you the freedom to personalize your website by selecting the custom images and text to be used on the website. You can also customize the layout and other features. Wix also provides more than 500 drag and drop templates. The drag-and-drop editor provides lots of customization options. 

Another great thing about Wix is the extensive SEO tool kit. It makes optimizing your site for better visibility in the SERPs easy. Some of these features are, in fact, automated. For example, it adds structured data automatically. It also auto-generates meta tags like open graph tags, descriptions, and titles.

Moreover, there are integrations with Google Search Console, Google My Business, and thousands of other applications through the Wix App Market.

Wix does have a few drawbacks, though. For one, all websites built with the free plan come with a sticky Wix banner at the top. Also, you won’t get a custom domain name. The domain will contain the Wix brand. Page speed is also an issue, which is a problem for SEO.

To avoid these issues, you have to upgrade to the paid plans, which start at $8.50 per month. These plans also come with additional features like a visitor analytics app, more storage, etc.

Pros and Cons of Wix

ProsCons
It’s a beginner-friendly free website builderFree websites have a sticky banner ad
Great customization optionsFree sites don’t get a custom domain name
Provides hundreds of free templates

3. Weebly

Weebly Homepage

Weebly is a popular website builder for eCommerce business owners. In fact, the eCommerce tools in Weebly have been used by more than 40 million people from around the world.

Weebly’s integration with Square is one of the reasons that make it a great eCommerce website builder. The integration provides various built-in payment options like PayPal, credit cards, Apple Pay, and Google Pay.

Aside from being convenient for your shoppers, Square Online also gives you dispute management services and free fraud protection. Monitoring the payments is super easy, plus you can transfer money from Square to your bank account within one business day.

As for building the website itself, you’ll get an intuitive drag-and-drop editor to help you customize your site as extensively as you want. They also have plenty of responsive themes to choose from. 

Weebly has some nice SEO features. You can create sitemaps, meta descriptions, optimized HTML formatting, alt tags, and so on. Moreover, it has marketing features. For example, it supports custom surveys, contact forms, and RSVP lists. Use these features for lead generation.

The free Weebly plan comes with free SSL security, 500mg storage, a free domain name with Weebly branding, lead capture forms, and some SEO tools. You get email and chat support. That’s pretty decent given it’s free, but it does lack some key features that a successful online store needs.

For example, a free Weebly site doesn’t get the payment features from Square. These features are only available on the Pro plan. 

Meanwhile, item review, shipping calculator, advanced eCommerce stats, and pop-up notifications are present on the Business plan. The plan starts at $25 per month, but you do get a free domain and a $100 Google ads credit. 

Pros and Cons of Weebly

ProsCons
Easy customizationSquare payment features are not available on the free version
Comes with modern templatesPop-ads can interfere with user experience
Great eCommerce features
Smooth onboarding process

4. WordPress

WordPress HomePage

WordPress is the most popular free website builder at the moment. The CMS powers about 39.5 percent of all websites. WordPress is a great option if you are looking for a blog website builder. It packs all the features you’ll need to build and scale your blog. 

You can access paid and free themes on WordPress. You can select and then edit a theme that fits your needs. You can also access free and premium plugins on the platform.

The free WordPress plan comes with Jetpack features like automated social media sharing, site speed optimization, and protection against spammers. You will also receive a pre-installed SSL certificate and 3GB of storage space.

You’ll have to enroll for the paid plans to access additional features like google analytics integration, unlimited email support, automated site backup, and advanced SEO tools. Alternatively, you can pay for your hosting and then use the WordPress Content Management System.

Pros and Cons of WordPress

ProsCons
A vast collection of professional templatesSetting up an eCommerce store can get complicated
Great for bloggingYou may need some coding knowledge to make some website improvements
It has an active online community
The branded free domain name is better compared to other free website builders

5. Site123

Site123 Homepage

Site123 is one of the simplest free website builders. You pick the type of website you want to build, select a ready-made template, enter your website name and your contact details, then click “build website.”

You can customize the website through the editor. You can upload your own images or use royalty-free images to customize your site. However, the storage space is limited to just 250MB. 

Finish by picking a domain name, and your website will be ready to launch.

The entire process is fast and easy, but there is a tradeoff. There isn’t a lot of room to be creative. For example, you can’t move around the elements on the website. Consider SITE123 if you want to build a simple website. The lack of advanced customization features and the limited storage space shouldn’t be a big deal if that’s your goal.

SITE123 premium plans offer extra features like additional storage and mailboxes. The plans start at around $4 per month. eCommerce functionalities are available on the Professional and Gold packages only. These plans are around $10 and 15 per month, respectively.

Pros and Cons of Site123

ProsCons
It helps build your online presence quicklyIt’s a pretty basic free website builder
Very easy to useThe quality of the free templates could be better
Affordable paid plansNo drag and drop functions
Responsive live chat support

6. Strikingly

Strikingly Homepage

Like SITE123, you can build a website fast with Strikingly, but that comes at the expense of creative control. That means Strikingly is not the best option for advanced business websites. It is, however, an incredible free website builder if you want a simple but stylish one-page website.

From portfolio, store, personal, company, and event themes, you will have plenty of templates to get you started. Once you select the template you like, Strikingly suggests taking a quick tour around the editor.

Under the style option, you’ll be able to customize the fonts, header, navigation, text size & color, and animations. You can also add or delete website sections from here. 

The free plan comes with signup forms for lead generation. Plus, you can send newsletters and emails from the dashboard. But you’ll need a paid plan to activate the live chat and send more emails.

Strikingly has several drawbacks worth mentioning. For one, the free plan is limited to only one product, and you’ll actually be charged a 5% transaction fee. You have to upgrade to a paid plan to sell multiple items.

The free website builder also lacks a drag and drop function.

The paid plans start at $8 per month. You can also choose to unlock certain features separately. For example, for $10 per month, you’ll get the audience plan which increases your contact list and activates the live chat feature.

Pros and Cons of Strikingly

ProsCons
Intuitive website editorFree plans support one-page websites only
Great selection of templatesFree sites don’t get an SSL certificate
Decent customization optionsEven the $16/mo Pro plan has a transaction fee
1 online store product for free websites

7. Webnode

Webnode Homepage

Webnode has lots of modern templates optimized for all devices. These templates deliver an exceptional user experience while staying SEO-friendly.

Customization is also very easy. You can move around all the items in the template. There’s also an extensive gallery of professional images and videos to give your website some personality. You’re free to upload custom images as well, but the storage is limited to 100MB. 

In addition to the website builder, Webnode offers fast and reliable web hosting. You can also get a free domain with Webnode branding or upgrade to a paid plan and get your own custom domain name.

Another thing we like about Webnode is the ability to create unlimited pages. Not many free website builders have this feature.

The website builder auto-generates SEO-friendly URLs based on your page name. But you can also modify the URL at any time.

Speaking of SEO, Webnode does have a few optimization tools to boost your visibility on the SERPs. For instance, it lets you create optimized page descriptions and titles.

Lead generation is pretty easy as well. The tool has tons of pre-made contact forms that you can add to your website in just a few clicks. If you want something more custom, Webnode allows you to create a form field from scratch. Therefore, you can build quizzes, dropdown lists, and other types of forms.

The platform also supports professional email accounts with a custom domain name. Sadly, this feature is only available on the Mini plan, which starts at $7.50 per month.

Pros and Cons of Webnode

ProsCons
User-friendly free website builderFree websites have a very limited storage of just 100MB
Built-in SEO featuresThe blogging feature is very basic
Decent option for building multilingual websites

8. Jimdo

Jimdo Homepage

Jimdo is worth your consideration if you are looking for an online store website builder. More specifically, an online store based in the EU.

The tool has various features that will help you build and launch your website within hours. It also autogenerates GDPR legal pages for your store.

Building the website itself is effortless. The inbuilt design features will help you modify pretty much everything from the text to color schemes. The editor is easy to use, too, since all the sections are pre-entered, so you’ll know the content required in each section.

If that’s not easy enough, you can choose to answer a series of questions, and the software will generate the appropriate website for you. You can then give the website a personal finishing touch before going live.

Jimdo free sites come with 500MB storage space and 2GB bandwidth. The free website for online stores supports up to 5 products only. That makes it a decent free website builder for small businesses.

The good news is Jimdo leaves lots of room for growth. There are four paid plans, with the cheapest starting at $10 per month. The plan supports up to 15 store items. It also comes with extra SEO features, advanced website stats, better customer support, and more storage.

Pros and Cons of Jimdo

ProsCons
A decent free website builder for online storesTemplate designs could be better
Features a straightforward editorSEO & social marketing tools are locked in the $15/mo plan
The ad is very subtlePoor customer support for free websites
Premium plans start at just $9 per month

9. Mozello

Mozello Homepage

Mozello is a good website builder with a few things going for it. For one, it allows you to create a free multilingual website. That makes it a great option if your target clients speak different languages.

Another thing we liked about Mozello is the subtle branding. Mozello has its ad located at the bottom of every free site. 

As for building the website, Mozello does all the basics you’d expect from a website builder. You can use it to build a personal site, a simple business website, or an online store. These websites are optimized for all devices.

Mozello editor is not that powerful when compared to something like GetResponse or Wix. It allows you to edit the content in each section, but you can’t move around the sections. You do get 500MB of storage space, though, which should be enough for most simple websites.

Online stores are limited to just 1 product and up to 5 product variants on the free plan. You can upgrade to the premium plan for $7 per month to get 15 products or the $14 premium plus plan package for unlimited products.

Pros and Cons of Mozello

ProsCons
Very easy to useSSL certificate is not included in free websites
Good for multilingual websitesThe editor has some key limitations
Subtle Mozellow branding for the free websitesNot a lot of templates to choose from

10. SimpleSite

SimpleSite Homepage

Last on our list is SimpleSite, another free website builder. The software has basic design functions. Of course, that shouldn’t be an issue if you are looking for a basic builder to launch your website as quickly as possible.

The free website builder will help you make a site fast. You do get hundreds of themes to work with. You can edit the background colors and upload some custom images and videos. You can also add images from platforms like YouTube and Vimeo.

SimpleSite also stands out with its mobile-ready editor. All editing functions are accessible from a mobile browser.

It’s rather clear that this is a basic site builder. However, you can upgrade to premium plans to boost certain capabilities. For example, the Pro and eCommerce plans give you unlimited pages, unlimited images & videos, five professional emails, and more product items.

Pros and Cons of SimpleSite

Pros Cons
Great onboarding processFree websites don’t get SSL security
Edit and manage your website from your smartphoneLimited customization
Decent number of templatesPoor customer support
Good eCommerce features

How to choose the best free website builder

Well, we promised you a buyer’s guide up above–and here we are. Now, the website builders we’ve listed have been vetted by us, but that doesn’t mean every single one of them is perfect for your individual needs.

That’s why it’s super important that you know which criteria should be taken into consideration when selecting your free website builder.

Ease of use

People want to create their own websites without writing endless lines of code. That’s the logic behind website builders.

Sadly, not all website builders are that easy to use. Some of them have steep learning curves, which could seriously limit your ability to create the website you want.

The top site builders discussed above are pretty easy to use thanks to intuitive design features like drag-and-drop editors. Builders like GetResponse and Wix also use AI to make this process even easier for you. All you need to do is answer some basic questions, and the AI will generate a website for you.

Design capabilities

It’s important to get a free website builder that allows you to customize your site as much as you want. That’s the only way to build a unique website that represents your brand perfectly. Customization can also make all the difference as to how well your website converts.

For example, being able to customize the design of your “Add To Cart” button and its placement can affect your website’s conversion rate. So if you are building an eCommerce store, make sure the builder you choose supports these customization functions.

Type of website

Most free website creators claim to create all types of websites. But in our experience, rarely does a website builder perform perfectly with all websites. Most builders are better suited at building certain types of websites only. 

WordPress, for example, is among the best options for building blogs. But it becomes a little complicated when you want to build an online store. That’s where the likes of Wix come in.

Therefore, make sure the free website builder you pick has the tools you need to build the specific type of website you want.

Integration with third-party applications

Online stores require integrations with third-party platforms for payment getaways, shopping cart functionalities, tax calculations, marketing tools, and so on. Therefore, the best free website builder has to be compatible with the third-party solutions your business needs. 

Alternatively, pick a website builder that has all the tools you need. 

For example, as part of the Square brand, Weebly comes with various payment getaways included in the platform. Meanwhile, GetResponse is equipped with the marketing solutions you need to scale your business so you won’t require extra integrations. 

Cost of upgrades

The best website builders don’t just leave enough room for growth; they also make it really easy to upgrade to the paid plans. Because let’s face it, the goal of any business is to grow. And when that happens, you will have to upgrade your website to keep up with the increasing demands.

So when you are picking a free website builder, think about the features you may need in the future and how much they cost.

If, for example, you’re building a fresh online store with just one product, it makes sense to start with a free website builder like Strikingly. However, as your business grows, you may want to sell more products. Therefore, having the $8 per month paid plan which supports more eCommerce items is a great incentive to use this builder.

Additional features

It’s always good to get a piece of software that comes with as many extras as possible. Even if they’re not available on the free plan, knowing they exist and are accessible at any time means the possibilities are endless for your business.

Here’s another place GetResponse performs pretty well. Our software is basically a marketing suite. It doesn’t just help you build a website, but you will also get plenty of features to scale your business. Plus, there are tons of premium features for those looking to upgrade from a free account to paid GetResponse plan.

Take the email automation feature, for example. It’s exceptionally useful for lead nurturing. It helps you manage your email list, segment your audience, and automate your email sequences. Combine it with the lead capture forms, and your marketing funnels will see a significant improvement.

The bottom line is this, don’t just base your decision on your immediate needs. Think about the future of your business as well. Then get the best website builder that gives you as much arsenal as you need to achieve your goals.

Take your business to the next level and get online

All the free website builders we’ve covered have their own strengths. But none of them can hold up to the marketing power of GetResponse.

Simply put, other website builders are just that. Website builders. But with GetResponse, you’re getting access to not only a free website, but the marketing tools you need to put that website to good use.

So, the real question is…

Are you ready to get growing and get your business online?

This post is exclusively published on seobytech.com

LinkedInグループへの究極のガイド

This post is exclusively published on seobytech.com

あなたはLinkedInを知っています—ソーシャルメディア分野の専門的で洗練された責任ある兄弟です。 ソーシャルネットワークを考えると 7億2200万人以上の会員、ほぼ確実にすでにプロファイルを持っています。

Continue reading LinkedInグループへの究極のガイド